新しいバージョンの「Sketch 3」で作成したファイルが開けない

新しいバージョンの「Sketch」で作ったファイルが開けなくてハマった

  • ブックマーク
  • Feedly

webデザインの仕事で使っているツールに「Sketch」というMac用のグラフィックソフトを使っています。

この「Sketch」、Mac用のAppStoreで販売されていたので、購入して使っていたのですが、ごく最近、AppStoreからの販売を撤退してニュースになっていました。

で、いまMacにインストールされている分には、影響はないかなあ、と思っていたのですが、影響大アリでした。ハマりました。

仕事仲間が「Sketch」で作成したデザインファイルを開こうとすると、ぼくの「Sketch」では開けないのです。

スポンサーリンク

原因は「Sketch」のバージョンの差。

ファイルを作成した彼の「Sketch」は最新バージョンで、3.4.3。ぼくのマシンに入っていたのは3.4.2でした。ほんのちょっとだけ古かった。

新しいバージョンの「Sketch 3」で作成したファイルが開けない

Unable to Open File

This document was created with a newer version ob Sketch.Please upgrade to the latest version and try again.

ファイルを開こうとしたらこんなエラー。新しいバージョンの「Sketch」で作成したファイルは、少しでも古いバージョンの「Sketch」だと開けないというのです。

だったらバージョンアップすればいいじゃない

そうなんです。そう思ったのですが、どうもうまくいかない。「Sketch」の公式サイトから直接購入したものだとメニューに「Check for update」というのがあって、そこからアップデートできるみたいなのですが、どうもぼくのにはそのメニューが見当たらない。

AppStoreで購入した「Sketch」はどうやら、AppStore経由でないとアップデートできないみたいなのです。

AppStoreで購入した「Sketch 3」がアップデート出来ない

本来ならこの画面の「アップデート利用可能」のところに出てきてほしいところ。でも出てきません。もう、AppStoreでは取り扱いがないので。

なんだこれ、詰んだ??

と思ったのですが、結果的にはうまくいきました。対処法を紹介しておきます。

「Sketch 3」

「Sketch」のサイトへアクセスし、フリートライアル版をダウンロードして、アプリケーションフォルダーへコピー。そして、起動。

すると

「Skecth 3はAppleから撤退したよ、AppStoreで買ったひとは、登録したメールアドレスを送ってね」

みたいなダイアログが出てきます。そこに「Sketch」を購入したAppStoreのメールアドレスを入力します。

これで、インストールした最新の「Sketch」のアプリは、制限なく利用できるようになるみたいです。

また、ここで入力したメールアドレス宛に、「Sketch」のライセンスコードが送られてくるので、きちんと保存しておきましょう。今後、開発環境が変わった際に再インストールする際等に必要になると思います。

ちょっとハマったので、記録として残してみました。どこかの誰かのお役に立てれば幸いです。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

ねんざB

ねんざB

「ねんざブログ」で家電のレビューやグルメ、旅行、ライフスタイルについて、自分が体験した情報を発信しています。きになる記事があれば、フォローやコメントなど、お気軽にどうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

関連コンテンツ