F-04Eのカメラは、ここがいいよ!【F-04E レビュー】

またまたケータイ会議10にてモニターさせていただいているF-04Eのカメラについての記事です。

富士通さんより、F-04Eはカメラはかなりパワーアップして自信があるということでした。

実際に使ってみて、F-04Eのカメラ、ここがいいよ!というところを自分なりにまとめてみました。

ケータイ会議10 最新スマートフォン徹底レビュー ARROWS V F-04E
※この記事は、ARROWS V F-04Eを徹底レビューするケータイ会議10のモニター記事です。

スポンサードリンク

F-04Eのカメラは、起動が早い!

カメラアイコンをタップしてからの起動がかなり早いです。
iPhone5よりは若干遅いみたいですが、ぼくのもっている、iPhone4Sよりは起動が早いです。

F-04Eのカメラはロック画面からでもすばやく起動できる
カメラはロック画面からでもすばやく起動できる

また、端末がロック画面の状態からもすばやく起動できるので便利です。
ケータイのカメラは、撮りたい!とおもったときにすぐ撮れる、というのは大事だと思うのでこの点はとても良いです。

F-04Eのカメラは、青くないし明るい!

これまでの富士通ケータイのカメラは、撮った写真に若干青みがかることも多かったのですが、F-04Eのカメラはよく調整されていて青っぽい感じはなくなったように思います。

F-04Eのカメラは、青くないし明るい!
また、明るすぎるぐらい明るく撮影できるようになったので、食べ物もいままでよりも美味しそうに撮れます。
本当に明るすぎると感じる場合は、露出の設定をマイナスに調整して撮影すると良いです。

タッチオートフォーカスが便利!

ピントを合わせたい箇所に、画面上でタッチして、ピントを合わせるタッチオートフォーカスが便利です。
フォーカスのみ、の設定、シャッターまで切る、設定と設定できるようになっています。
これが便利なのです。

F-04Eはタッチオートフォーカスでシャッターも切れるので、手ブレしにくい
タッチでピントをあわせたのち、手でシャッターボタンを押した場合は、手ぶれすることがありますが、タッチでシャッターまできれると、手ぶれの危険が大きく減ってとても良いです。

ピンチイン・ピンチアウトでズームできる!

F-04Eのカメラは、iPhoneのそれのように、ピンチイン・ピンチアウトでズームを調整できるようになっています。

ズームは、このバーをスライドすればできるのですが若干分かりづらい
ズームは、このバーをスライドしてもできるのですが若干分かりづらいし、操作も直感的ではないのですよね。

F-04Eのカメラは、ピンチイン・ピンチアウトでズームが可能に!
写真のようにF-04Eのカメラは、ピンチイン・ピンチアウトでズームができます。
より直感的で、分かりやすい操作ができるようになりました。

やっぱりダークのエフェクトがかっこいい

F-04Eで撮影した横断歩道にダークのエフェクト
F-04Eでダーク効果で撮影した横断歩道
ケータイ会議のメンバーのひとがわりとはまっているのが、ダークのエフェクトです。
なんでもないようなものがかっこいい雰囲気で撮れたりします。

特に、masaruさんとかTOMAKIさんのカメラ作例はすごいです。

F-04Eのカメラが惜しいところ

補助線を表示できるようにしたい

iPhoneでは補助線のグリッドを表示できるので、構図をきめやすい
iPhoneでは補助線のグリッドを表示できるのですが、F-04Eのカメラではそれができません。
アプリをつかえば実現できるかも知れませんが、デフォルトのカメラにそれがあると、うれしいなあ。
グリッドを表示させた方が、写真の構図をきめやすいのですよね。

暗い場所では、明るく撮れすぎてしまう

暗いところでも、明るく撮影できるのは悪いことでなくむしろ良いことなのですが、若干やりすぎ感があります。
デフォルトで露出補正しなくても、ちょうど良い感じになってくれるとうれしいなあ。

F-04Eのカメラでいいと思っている点と、惜しいと思っている点を挙げてみました。
前のエントリーでも書きましたが、ARROWS V F-04Eのカメラは、手軽にきれいに撮れるように仕上がっていると思います。
カメラの性能は満足度、高いです。

ARROWS V F-04E レビュー