ARROWS V F-04Eのカメラ、良く撮れます。作例をiPhone4Sと比較してみました。

モニター中の、ARROWS V F-04Eのカメラについてです。

ぼくは、普段、iPhone4Sも携帯していて、このカメラがかなり優秀で気に入っています。

F-04EとiPhone4Sで撮り比べをしてみたので、両方の作例を比較してみました。

写真多めです。

※この記事は、ARROWS V F-04Eを徹底レビューするケータイ会議10のモニター記事です。

スポンサードリンク

では、写真を比較しやすいように横に並べていきます。

左側の写真がARROWS V F-04Eで撮影したもの、右側の写真がiPhone 4Sで撮影したものです。

どちらもリサイズのみの加工を施しています。

写真をクリックすると若干大きめの写真が見られます。

紅葉した葉っぱ

どちらも手前の葉っぱにうまくピントが合いました。背景もそこそこボケています。
F-04Eのほうが若干白っぽいというか、明るいです。

東京都庁

ARROWS V F-04Eで撮影 東京都庁 iPhone 4Sで撮影 東京都庁

iPhone4Sの方がシャープに撮れているように思います。
空の青みはF-04Vのほうが好みです。

葉っぱ

ARROWS V F-04Eで撮影 葉っぱ iPhone 4Sで撮影 葉っぱ

これもやはりF-04Eのほうは明るく撮れますね。実際の色味に近いのはiPhone4Sでしょうか。

落ち葉

ARROWS V F-04Eで撮影 落ち葉 iPhone 4Sで撮影 落ち葉

落ち葉です。iPhone4Sはちょっと赤味が強いかな。

案内板

ARROWS V F-04Eで撮影 トイレの案内板 iPhone 4Sで撮影 トイレの案内板

トイレの案内板です。明るいF-04Eのほうが木目?がわかりますね。

自動販売機

ARROWS V F-04Eで撮影 自販機 iPhone 4Sで撮影 自販

木かげになっていて若干暗い場所での撮影です。
iPhone4Sの方は、なんだかちょっぴり青味がかかっていますね。
また、この写真だと分かりやすいですが、F-04EのほうがiPhone4Sより広角で撮影できます。

マンホール

ARROWS V F-04Eで撮影 マンホール iPhone 4Sで撮影 マンホール

これはあまり違いが分かりませんでした。
どちらもよく撮れている印象。

さて、ここからは、わらやき屋でいただいた食事の写真です。居酒屋なのでけっこう暗い場所での撮影ということになります。
ざざっと一気にいきましょう。

アジと長ねぎの南蛮漬け

ARROWS V F-04Eで撮影 アジと長ねぎの南蛮漬け iPhone 4Sで撮影 アジと長ねぎの南蛮漬け

揚げ物

ARROWS V F-04Eで撮影 揚げ物 iPhone 4Sで撮影 揚げ物

カツオの藁焼き

ARROWS V F-04Eで撮影 カツオの藁焼き iPhone 4Sで撮影 カツオの藁焼き

すき焼き

ARROWS V F-04Eで撮影 すき焼き iPhone 4Sで撮影 すき焼き

けっこう暗い店内でもF-04E、iPhone4Sともにしっかり撮れている印象です。
実は、F-04Eについては、撮影した直後にF-04Eの画面で見ると、明るく撮れすぎて白飛びしてしている!と思いました。
しかし、パソコンの画面で見ると思ったほどではなく意外にちゃんと撮影できていました。
F-04EとiPhone4S、どっちの写真が美味しそうか、というと若干iPhone4Sのほうが美味しそうな色味で撮れています。

富士通の方から、「F-04Eのカメラは、暗い場所でも食べ物が美味しそうに撮れるように調整している」とのお話を伺っています。
以前のモデルでは、青白っぽく撮れることが多かったので、この点はかなり改善されているように思いました。
暗い場所では、明るく撮れる補正が若干強すぎる気がしますので、露出設定を下げて撮影するといい感じになりそうです。
ケータイ会議メンバーのカイさんは、露出-1がいいといっていますが、ぼくは居酒屋とかでは-2でも良いんじゃないかと思いました。

F-04Eのカメラは、起動も速く、ちゃんと撮れるので2週間ほど使ってみた感じではかなり好評価です。

ARROWS V F-04E レビュー