録画したテレビ番組を別の部屋でARROWS NXでみる!【ARROWS NX F-06E レビュー】

ケータイ会議NX!ARROWS NX F-06E レビュー

先月、自宅のテレビが壊れてしまって買い替えました。東芝のREGZA 40J7という機種です。

このテレビに、USBのハードディスクを接続して番組録画を利用しているのですが、「DTCP-IP」に対応していることをふと思いだしました。
001

ケータイ会議NX!にてモニター中の、ARROWS NXもDTCP-IP対応ということなのでで、REGZAで録画した番組の視聴を試してみました。

スポンサードリンク

REGZAとARROWS NXを同一ネットワークに接続する

さて、まずはREGZAとARROWS NXを同じネットワークに接続する必要があります。
ぼくの環境では、REGZAもARROWS NXも自宅の無線ルータに繋がっているので問題ありませんでした。

利用するアプリは、プリインの「DiXiM Player」。

ARROWS NX側での操作は、プリインストールされているアプリ、DiXiM Playerを使います。

[browser-shot url=”http://www.digion.com/pro/android/” width=”200″]

※DiXiMはGooglePlayで配信されていません。特定の機種にプリインストールされているのみです。

自宅の無線LANに接続した状態で、このアプリを起動すると、次のような画面に同一ネットワーク上の対応機器が表示されます。

ARROWS NX F-06EでDTCP-IPテレビ「REGZA-40J7」が表示されたのでこれをタップします。

ARROWS NX F-06EでDTCP-IPREGZAに録画済みの番組のカテゴリが表示されるので見たいものを選択。

ARROWS NX F-06EでDTCP-IP該当の番組の一覧が表示されます。

おお、けっこうカンタン。

で、さっそく再生を行ってみたところ、再生できた!

ARROWS NX F-06EでDTCP-IPとおもいきや、途中で再生が止まることがたびたび。

そうだ、有線LANをつかおう。

転送するデータ量が多くて配信速度が間に合っていない気がしたので、REGZA側を無線ではなくLANケーブルを挿して有線接続に変えました。

すると、安定して録画番組が視聴できるようになりました。これは便利ですねー。

画面が大きいARROWS NX、録画番組を消化するのに見やすくていいです。
防水なので、お風呂でも使えますしね。

ぼくの場合は、テレビのない寝室(といってもロフトですが)で大活躍してくれています。

建物の中ではワンセグ、フルセグが入りづらいこともおおいのでこういう使い方は大アリだと思います。

ARROWS NXは「DTCP+」という、外出先でも自宅の録画番組を見られる機能にも対応しているのですが、ぼくは対応するレコーダーを持っていないのでこちらは試せません。そのうち、今回のケータイ会議参加メンバーのだれかが対応機種を購入して、レビューしてくれると思います。

あなたの自宅のレコーダーも、DTCP-IPに対応しているかもしれませんよ。
ぜひチェックしてみてください。


↑他のモニターの方の記事はこちらにまとめられています。あわせてどうぞ!

【ケータイ会議NX!とは?】
ケータイ会議NX!とは、富士通の最新スマートフォンARROWS NX F-06Eをブロガーが使い倒してブログで自由にレビューする企画です。通信料は各自の負担、モニター後は端末をそのまま使い続けることができるようになってます。