3月14日の「ホワイトデー」は「キャンデー」を贈る日です

パパブブレのキャンディ
パパブブレのキャンディ / kanonn

本日、3月14日は、ホワイトデーでしたね。
ホワイトデーといえば、バレンタインデーのお返しとして、男性がキャンディ・マシュマロ・ホワイトチョコレートなどのお菓子を女性に贈る日として知られています。

今日は、ふと、なんでホワイトデーっていうんだろう?というのとなんでお菓子を贈るんだろう、というのが気になったのでちょっと調べてみました。

スポンサードリンク

Google先生にきいたところ、わりとすぐに答えが見つかりました。
ホワイトデー公式サイト、なるものがあるじゃあないですか。

ホワイトデーという名前を作ったのはキャンデーメーカー。

このサイトによると、ホワイトデーは、「全国餃菓子工業協同組合」が、「キャンデーの需要拡大をはかるには、どうしたらいいのか」ということを模索している中からでてきたアイデアだそうです。

ホワイトデーの「ホワイト」は、「純潔」のシンボル。

Flower / 花(はな)
Flower / 花(はな) / TANAKA Juuyoh (田中十洋)

バレンタインデーのアンサーデーを、全飴協がホワイトデーとして定める以前は、欧米の習慣にならい「ポピーデー」「フラワーデー」「クッキーデー」など、いろいろなネーミングがありました。これを全飴協では「ホワイトは純潔のシンボル。ティーンのさわやかな愛にぴったり」との考え方のもとに、「ホワイトデー」と名づけたのでした。

ホワイトデー キャンディーを贈る日より。

知り合いの方が「ホワイトデーは白砂糖を大量に摂取する日」と言ってたのをなるほどなあ、と思ったのですが、実は「ホワイト」は純潔のシンボルとしてのホワイトなんですね。白砂糖でも、ホワイトチョコレートでもマシュマロの色でもないのですね。

「全国餃菓子工業協同組合」がキャンデーの需要拡大を目論んではじめたものということで、そもそもは、キャンデーを贈る日、ということなのでしょうが、現在のホワイトデーでは、キャンデー以外のものを贈る人の方が多い気がしますね。
ぼくも今年はクッキーを手作りして、女子に配りました。

と、いうことで、

・「ホワイトデー」のホワイトは「純潔」を意味する。
・「ホワイトデー」という名前は、飴のメーカーがつくった。

今日は、この二つを学んでちょっぴり賢くなりました。なるほどねー。