スマホでかんたん家計簿、資産管理ができる「Moneytree」の使い方

スマホでかんたん家計簿、資産管理ができる「Moneytree」の使い方

みなさんは自分の家計管理、資産管理などはどのようにされていますか。

ぼくは数年来「Moneytree」というスマホアプリを使ってるんですが、象のアイコンがかわいらしいのとカンタンで便利なところが気に入っています。

今回はこのスマホアプリ「Moneytree」を紹介します。

Moneytree 資産管理をもっと自由に | マネーツリー

目次

Moneytree でできること

現状の資産を一括で確認できる

登録した口座などの総資産をまとめて確認可能。

Moneytree では、あらかじめ銀行や証券口座、クレジットカード、ポイントカード、電子マネーなどを登録しておけば、現在の状況を一括して確認することができます。

楽天スーパーポイント、Tポイントなど、多くのポイントサービスも登録して確認できる。

銀行口座やポイントカードなど、複数あると、都度、そのサービスのアプリやウェブサイトなどにログインして確認する必要がありますが、それぞれ個別にログインして確認するのは手間と時間がかかりますよね。

何個か銀行口座を持っているけど、現金で総額いくら持っていたかな?ポイントはどれくらいたまっているかな?

こういうのを1つのアプリでさっと確認できる点が非常に便利です。

登録方法もかんたんで、例えば銀行口座を追加したい場合は、「+銀行口座を追加する」を押して、そのサービスのログイン情報を入力すればOKです。ポイントサイトや証券口座などについても同様ですね。

初回は手間かもしれませんが、一度登録してしまえば、次回から「Moneytree」のアプリで残高などを確認することができるようになります。

なお、Moneytree のアプリを開く際には、パスコードを都度入力する必要がありますが、スマホの指紋認証も利用できます。

今回撮影に利用した arrows We も指紋認証を搭載しているため、Moneytree との相性も良いです。

支出を「家計簿」として確認できる

「Moneytree」には「支出」を一覧して確認できる機能があります。

登録された銀行やカードの明細をAIが自動で学習して、カテゴリなどを振り分けてくれるのが便利です。

現金でのやりとりについては、手動で取引を登録すればそれも計上してくれます。

細かい部分まで正確な家計簿をつけたい、という方は内訳をチェックして修正したりする必要があるかもしれませんが、ざっくりとした支出を把握したいというニーズには必要十分な機能です。

ぼくも月末にざっくり確認して「今月はちょっと外食しすぎたなあ」みたいな反省に使ったりしています。

Moneytree の惜しいところ

Moneytree は上で挙げたような感じで便利に使って入るのですが、PayPay、LINE Payなど有名なキャッシュレス決済に未対応な点に関しては正直不満はあるので、今後の対応を期待しています。(au Pay、Kyash、nanaco などいくつかは対応しています。記事執筆時点)

また「楽天銀行」の口座との接続は、有料プランに加入しないとできません。この有料の個人向けプラン「Moneytree Grow」は現時点ではiOSのみにしか提供されていないため、Androidユーザーの方で楽天銀行をお使いの方は注意が必要です。

ということで

今回は、家計簿・資産管理アプリの「Moneytree」をご紹介しました。

現在の自分の資産や支出をアプリ1つでサクッと確認できるのは、ひじょうに便利です。

Android版でも、基本的に個人プランは無料で利用できるので、気になった方はぜひ試してみてください。

それでは、また!

記事がよかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

「ねんざブログ」で家電のレビューやグルメ、旅行、ライフスタイルについて、自分が体験した情報を発信しています。きになる記事があれば、フォローやコメントなど、お気軽にどうぞ!

「ねんざB」というハンドルネームの由来はこちら

目次