無印良品の「不揃いバウム」、揃ったバウムはどこへいった?

無印良品 バナナバウム

もうかれこれずっと20年くらい好きな無印良品の商品に「バナナバウム」があります。

数年前までファミマで無印良品の扱いがありましたが、当時もバナナバウムをファミマでしょっちゅう買って食べてました。

今日もいろんな無印バウムを買ってきました。

しかし、これ、何年か前から「不揃い〇〇バウム」という商品しか見かけなくなった気がするんですよ。

よく、お煎餅とか割れたものをまとめて安く売ったり、野菜や果物とかでもカタチがよくないものなんかがまとめて安く販売されたりすることがありますよね。

無印のバウムも、カタチの悪い、カタチが揃ってない「不揃い」なものを安く販売してるってこと?

じゃあ、揃ってるものはどこで売ってるんでしょう。揃ったバウム、どこへいった!?

目次

無印良品の「不揃いバウム」が生まれた背景

無印良品のサイトの、不揃いバウムのページをみると答えがありました。もはや揃ったバウムは売っていません。

おいしさはそのままに「もったいない」を減らしました。

焼きあげる際に形が崩れてしまう両端の部分や、焼きムラや凸凹といった理由から規格外になっていた部分まで商品として活かしました。見た目は少し不揃いでも、どれもおいしさは変わりません。製造工程上のロスを減らすことで、価格も抑えられました。

バウム・バウムクーヘン 通販 | 無印良品

見た目は不揃い。
おいしさは粒揃い。


ケーキやスコーン、ドーナツなどもバウムの検品基準にならうことで、ロス率を抑えました。焼きあがりの色にムラがあったり、表面が少し凸凹していたりと、見た目は不揃いですが、どれもおいしくお召し上がりいただけます。

バウム・バウムクーヘン 通販 | 無印良品

そもそも「不揃いバウム」、不揃いなものを集めて売っているわけではなくて、わざわざ揃える作業にコストをかけずに、その分、価格も安くするね、ってことみたいですね。ほんと、これでいいですよね。

見た目だって、食べる気を損なうようなひどいもの(逆に難しそうですが)でなければ、おいしければいいですからね。

食材のロスも減るし、食べる側としてもお安くいただけるのは、ほんと素晴らしいですね。

バナナバウム以外の「不揃いバウム」も気になる!

無印良品の「不揃いバウム」、バナナバウムはもちろん、季節の商品や新商品などもたくさんあるようなので、これからもパクパク食べていきたいと思います。いつもおいしくて、ありがとうございます!

記事がよかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

「ねんざブログ」で家電のレビューやグルメ、旅行、ライフスタイルについて、自分が体験した情報を発信しています。きになる記事があれば、フォローやコメントなど、お気軽にどうぞ!

「ねんざB」というハンドルネームの由来はこちら

関連記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次