Wi-FiレンタルのWiFi東京

郵便ポスト返却がラクチン!レンタルWi-Fiの「WiFi東京」をお試ししてみました。

  • ブックマーク
  • Feedly

モバイルWi-Fiルーターのレンタルサービス「WiFi東京」のサービスを使ってみました。

(当ブログのお問い合わせフォーム経由で「WiFi東京」さんからご連絡いただき、数日間のサービスをご提供いただきました。)

「WiFi東京」は、その名の通り、モバイルWi-Fi環境をレンタルできるサービスです。

国外ではなく、「国内」専用のレンタルWi-Fiです。

数日使ってみたのでレポートします。申し込み、貸し出し、返却がとてもかんたんなのがいいなあ、と感じましたよ。

スポンサーリンク

本人確認不要が楽チン。

申し込みはウェブから行います。

Wi-Fiレンタルサービスの「WiFi東京」
オンラインショッピングみたいに商品を選択、カートに入れて、申し込む。

料金プランは、500円〜となっていますが、1泊2日が最低なので、最低でも1,000円から。
郵送で利用する場合は、送料が往復1,200円かかるので最低利用料金は、2,200円からということになります。

こういったレンタルサービスって、免許証や保険証などの本人確認書類の提示が必要かと思っていたんですが、「WiFi東京」のサービスでクレジットカード支払いの場合は不要。特にウェブ経由で申し込むものって免許証の写真を送ったりすることが多いので、これはラクチンでいいと思いました。

シンプルな、レンタル一式。

Wi-FiレンタルのWiFi東京

レンタル一式は、クロネコヤマトの宅急便で届きました。

Wi-FiレンタルのWiFi東京

中身は、モバイルWi-Fi本体、充電ケーブル、返却用のレターパックライトの梱包。

Wi-FiレンタルのWiFi東京
Wi−Fiルーター本体。
Wi-FiレンタルのWiFi東京
裏に接続の際の情報が書いたシールが貼ってある。

返却がラクチン。

「レターパックライト」、というのは、日本郵便のサービスですが、郵便局やローソンで送る「ゆうパック」とは異なり、ハガキなどのように郵便ポストに投函すれば良い配送サービスです。

Wi-FiレンタルのWiFi東京

そして、あらかじめ、返却先、差出人が書いてあるのが地味にありがたいです。本当に袋に入れてポストに送るだけなので楽。

また、利用終了日の翌朝8時までにポストに投函すれば良いので、当日の夜遅い時間でも使えるのがありがたいなと思いました。

Wi-FiレンタルのWiFi東京
郵便ポスト返却は、夜遅い時間でも平気なのがラクチン。

「WiFi東京」の回線品質は??

レンタルしたのは、SoftBankのモバイルWi-Fiルーター「Poket Wi-Fi 502HW」という機種。回線は、ソフトバンク回線です。

速度は上り下りともに数Mbpsといったところで、普通に快適に使えました。

Wi-FiレンタルのWiFi東京

普段、格安SIMの回線を使っているのでだいぶ速く感じました。

Wi-FiレンタルのWiFi東京

なお、この機種は、専用アプリをインストールすれば使えるテレビ機能もついているそうです。Androidだとフルセグやワンセグ付きの機種も多いですが、付いてない機種とか、iPhoneの人とか良いかもしれませんね。

「WiFi東京」のレンタル料金は??

レンタル料金については、一泊二日のレンタル料に送料を加えると最低2,200円(税抜)から。長期間のレンタルだと1日あたりのレンタル料が安くなるのでオトクなようです。

「WiFi東京」を使った感想

本人確認書類の提出なく、ウェブで申し込んで郵送で受け取り。また、レターパックライトに詰めて郵便ポストに投函すればいいだけ、という返却の仕組みもラクチンな点がとても便利だと感じました。旅先でも自宅でも、どこからでも返却できるのがいいですね。

詳しくは、以下よりサイトにアクセスしてチェックしてみてください。

当日発送で高速WiFiをサクッとレンタル!

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

ねんざB

ねんざB

「ねんざブログ」で家電のレビューやグルメ、旅行、ライフスタイルについて、自分が体験した情報を発信しています。きになる記事があれば、フォローやコメントなど、お気軽にどうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

関連コンテンツ

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin