学芸大学 徒歩1分、焼き鳥屋「炭焼 鳥せん」。おしゃれな雰囲気で、いろいろおいしい。

鳥せん

スポンサーリンク

住んでるのが練馬区なので、東横線沿ってあまりこないんですが、お久しぶりの友達とご飯食べてきました。

東急東横線「学芸大学」駅から徒歩1分の「炭焼 鳥せん」です。駅からめちゃ近い。レポートというか食べた写真貼っときます。

ちなみに、夜だからか、芸大生っぽいひとはやっぱり見かけませんでした。

学芸大学駅は、改札が1個なので、改札出たら右手の東口です。

学芸大学 鳥せん

で、いきなりステーキの看板のあるところを右手に。

学芸大学 鳥せん

この建物の3F。階段がけっこう急なので注意して登りましょう。

学芸大学 鳥せん

コンクリート打ちっぱなしの壁。

学芸大学 鳥せん

店内は、スタイリッシュな雰囲気でカウンター8席に、奥の4人がけテーブルが1つ。

なんかおしゃれなバーとかにやってきたみたいでした。「焼き鳥」と聞いていたんだけど、想像と違いました。

学芸大学 鳥せん

鳥せん、ですから基本焼き鳥のメニューです。

鳥せん

鳥刺しなんかもありました。3人できたんですが、各自、適当に注文していきました。

鳥せん

お通しの、浅漬から、ポリポリ。

パクチーサラダ

ボリュームたっぷりの、パクチーと水菜のサラダ。パクチーそんなに得意じゃないんですが、フライドオニオン?とドレッシングおいしくてモリモリ食べられました。

串は、最初に「串おまかせ5本(900円)」を注文して、5本がどーんと1皿で出てくるかと思ったんですが、かわいらしいおさらに1本ずつ乗って順番に出てきました。じっくり1本づつ焼いているのかな。丁寧!

レバー 鳥せん 鳥せん 鳥せん

ぷりっぷりだったりコリコリだったり、鳥、ぜんぶ、うまい!

そして一個一個が大きくてうれしい。

鳥せん

「鳥せんのポテトサラダ(380円)」にはタマゴがどーんとのっかっててきます。

鳥せん ハラミ

ジューシーな「鶏ハラミ(260円)」を、タレにつけて。じゅわー。

「生つくね刺(400円)」は、ツーンとしたワサビで、うまっ。

メニューで見かけて気になった「燻製醤油目玉焼き(130円)」は、こんなでした。トロッとした黄身がたまりません。これ、串に刺すの相当大変だそうです。130円でいいのだろうか。

「オクラとろろ鳥わさ(560円)」。鳥刺に、大葉にとろろ、オクラにちょっぴりワサビ、とかぜったいうまい。

味付のりで手巻きみたいにして頂きました。美味すぎてピントがありません。

チーズふっててお洒落な「ピーマン肉詰め(230円)」。

おにぎりにタレをつけ豚肉をまいて炙り、ごまふった「肉巻きおにぎり(380円)」。ご飯とタレ、脂の旨味のバランスがバツグンでした。シメのつもりが、あやうくもう一個たのみそうになった。

黒蜜豆乳アイス(380円)でさっぱり終了。食べ終わったお皿を背景にシメ感を演出です。

3人で2時間たらふく食べて飲んでお会計は10,570円。ひとり3,500円くらいでした。あれ、もっと食べた気がするんだけどなあ。

友だち同士でもデートでも、仕事の付き合いの方でも、誘いやすいお洒落な雰囲気、そしてメニューがどれもおいしい焼き鳥屋さんでした。

全料理、美味しいって思うことあんまりないので、ちょっと感動しました。

値段に対して丁寧な料理でビックリ。

オープンして一周年だそうですが、そんなに知られていないのか食べログのコメントもまだ1件。(ブログ執筆時)

すごく良いお店だったので、お近くの方、ぜひ足を運んでみてください。翌朝5時までやってるそうです。

学芸大学の「炭焼 鳥せん」さん、おいしかったです、ごちそうさまでした!

関連ランキング:焼き鳥 | 学芸大学駅

スポンサーリンク

twitterもやっています

更新情報などをつぶやいています。フォローしていただくと、フォロー返しに行きます。

鳥せん