江古田「キッチンOBASAN」のオムカレーでオム初め #オムライス部

キッチンOBASAN オムライス部

キッチンOBASAN オムライス部

もう5~6年ほど「オムライス部」という活動をやっています。ただ、おいしいオムライスを食べに行くだけなんですけどね。

2016年1発目のオムライス部活動として、江古田の「キッチンOBASAN」というお店に「オム初め」に行ってきました。20時ちょっと前にいったので暗いですね。分かりやすく江古田としましたけど、最寄り駅は西武有楽町線の新桜台かな。西武池袋線の桜台駅からも歩けます。

スポンサードリンク

キッチンOBASAN オムライス部

お店の前にOBASANがいます。夜はちょっと怖いです。

キッチンOBASAN オムライス部

普段は、学生で賑わっているイメージなのですが1/5の夜なのでまだ学生が休みなのかも。4人でテーブル席へ。

もちろん食べるのはオムライス。キッチンOBASANでは、通常の「オムライス」はもちろん、デミソースの「オムハヤシ」、カレーがかかった「オムカレー」なるメニューがあります。どれも990円。空気を読んでか部員たちはみんな別々のメニューを頼むという。

オムライスを含む、ごはんもののメニューには

サラダ

サラダと

味噌汁

お味噌汁がセットになってきます。オムライスもボリュームあるので、確実にお腹いっぱいに。いくときは空腹でいきましょう。

キッチンOBASAN オムライス部

オムライスを食べにきたのに、季節限定だからとカキフライとクリームコロッケを頼む部員たち。おいおい、胃袋だいじょうぶかな。でも、こちらはなんでもおいしいからペロッと食べられました。

キッチンOBASAN オムライス部

主役のオムライス登場!半熟トロトロタマゴにオーソドックスなケチャップソース。

これらは他の部員が頼んだもので、ぼくが頼んだのは「オムカレー」。

キッチンOBASAN オムライス部

こっちは、同じくトロトロタマゴにハヤシソースのかかった「オムハヤシ」。こちらも間違いなくおいしいゾ!

キッチンOBASAN オムライス部

でーん。トロットロのオムライスの上に、ずっしりとしたカレーがたっぷりかかっているのです。

キッチンOBASAN オムライス部

いただきまーす。

キッチンOBASAN オムライス部

カレーは、おそらく通常メニューの「おばさんカレー」が上からたっぷりかかっていると思われます。お肉やジャガイモがゴロッゴロと入ったカレーでウレシイ。

キッチンOBASAN オムライス部

オムカレーの中のご飯は、ドライカレー?カレーピラフ的なカレー味のご飯。けっこうスパイシーです。上からかかっているカレー自体もどろっと濃厚でスパイシーなんですが、ふわっとした半熟卵がうま〜く調和して絶妙な美味しさなのですよね。ほんっとここのオムカレー大好きで、月一くらいで食べにきてしまいます。

もちろんオムライス、オムハヤシもすごくおいしいので、一緒に行ったメンバーも大満足。
お店自体は学生街のボリュームある洋食屋さん、といった感じなのですがわざわざ渋谷からかけつけたメンバーも「食べる価値あり」、と太鼓判でした。

いやー。ほんっと、いつもながらおいしかったなー。ごちそうさまでした!ことしもお世話になりますね。

関連ランキング:洋食 | 新桜台駅江古田駅桜台駅