博多の「天下一品」で感じた「博多っぽさ」

天下一品 博多駅前店

スポンサーリンク

お盆に実家の福岡に帰省したんだけど、最終日、実家じゃなくて博多駅近くのホテルに一泊した。乗ろうとしていた飛行機が急に欠航になってしまったのだ。

チェックインしたのは23時過ぎ、明日も4時起きだ、でもお腹が減ったなあ。
と思っていたら、ホテルのすぐ隣に「天下一品」があったので入ってみた。

Untitled

せっかく博多に来てるのに、という思いもあれど、チェーン店の店舗ごとのオリジナルメニューとか、けっこう楽しみだったりする。

お店に入って、メニューを眺めると、期待しているような変わり種のラーメンとかはなかった。

「あとめし」とかいう、石焼みたいなアツアツの容器に入ったキーマカレーに、ラーメンのスープをぶっかけて食べるメニューは面白そうだけど、気づいたのが後だったので頼まなかった。

あとめし@天下一品 博多駅前店

で、びっくりしたというのは、なんていうことはないのだけれど

「ラーメン、こってり、スープ多めで」

って頼んだ後に、店員さんが注文を繰り返して、

「ラーメン、こってり、スープ多めですね!」

ここまでは普通。次のひとこと。

「ラーメンの替え玉はできませんので、ご注意ください!」

こんなこと、東京の天一じゃあ言われたことなかったよね。新鮮。

「とんこつ・替え玉」文化圏だから、きちんとオーダー時に説明しないと、後から「替え玉できないの!?」って怒るお客さんとかもいるのかもなあ。

そんなところに感じた、「博多っぽさ」でした。

ラーメン@天下一品 博多駅前店

ごちそうさまでした。

関連ランキング:ラーメン | 博多駅祇園駅中洲川端駅

スポンサーリンク

twitterもやっています

更新情報などをつぶやいています。フォローしていただくと、フォロー返しに行きます。

天下一品 博多駅前店