楽しくて、ツアーも捗る!? Google+ハングアウトで「とびだせ どうぶつの森」を遊んでみたぞ!

深夜に帰宅してパソコンの前に居たら、友人からFacebookのメッセージ。

「森いこうぜ!」

さそわれるがまま、「とびだせ どうぶつの森」をインターネット経由であそぶことにしました。

で、「招待したから、Google+ハングアウトをつなげ」、といわれたのでいわれるがまま接続。

スイッチ、オン!

スポンサードリンク

Google+ハングアウトとは

Google+ハングアウトというのは、複数人でビデオチャットしたりメッセージ送りっこしたりできるサービスです。

ハングアウトを楽しもう – Google+

「もう化粧落としちゃったから!」とかいう女子でも、カメラ切って音声やテキストチャットだけでも参加はできます。

とびだせ どうぶつの森×Google+ハングアウト

なんでみんなパーカーかぶってるんだよ笑

左端の人がかけている大きなメガネやヒゲは、このGoogle+ハングアウトの機能でくっつけられるらしいです。

猫耳とかもあるみたい。こんどやってみようっと。

で、このGoogle+ハングアウトをつかって「とびだせ どうぶつの森」をあそんでみたら、思いのほか便利。

ゲーム中、「南の島」へあそびにいって、ツアーと呼ばれるミニゲームをいくつかあそんでみたのですが、これがはかどる、はかどる。

たとえば「借り物競争」をするときも、「おれ、東のほう探す!」「じゃあ私は南いく!」みたいに音声で声をかけあって、効率良くすすめることができます。

「アジアなテーブル、さがしてるひとー、みつけたから中央においとくね!」とかお互いに協力してすすめることもラクチン。

と、いうのもの「とびだせ どうぶつの森」のゲーム自体には、音声チャット機能はなく、テキストチャットのみ。
タッチペンでペチペチと文字を入力するのって、意外に時間がかかるのですよね。

このツアー(ミニゲーム)は、制限時間内にクリアしなければならないので、音声チャットのほうが、圧倒的に効率が良いです。
さらに、目の前の画面に一緒にプレイしているともだちの姿が映っていて、一喜一憂する姿が丸見えなので、一緒にあそんでいる臨場感もすごくてたのしかったです。

と、しばらくあそんでいたところ・・・

ラビリンスを脱出するために、フルーツをあつめて「バナナ!ここに5コおいてあるよ、もらいにきて!」と協力プレイをしていたところ、さっきまではしゃいでいたはずのともだちから応答がありません。

Hangoutbutsumori3

この、ヒゲとメガネをはやしてたひとは、画面の中で下を向いて動かなくなってしまいました。

「あれ、さっきから、画面動いていないよね、フリーズしたかな?」と残りのメンバーで話をしていたところ、スヤスヤと寝息が聴こえてきた。

いわゆる「寝落ち」です。

オンラインゲームで、キャラクターが動かなくなったり、チャットの応答が無くなったりして「あー、寝落ちだな!」という場面はときどき聴きますが、画面に映ってるひとが寝落ちする様をみることができる、というおもしろい体験もできました。

こういうビデオチャットだと、よくある光景なのかな?

ぼくともうひとりは、「疲れてるんだよ、このまま寝かせてあげようよー」と言ってたのですが、もうひとりの仲間はちがった。

Google+ハングアウトの機能を使って、チャイムみたいな音を連打して鳴らたり、ケータイに電話をかけて無理やり起こそうとしたりと、安定のわんぱくっぷりを発揮していて笑ってしまいました。

「とびだせ どうぶつの森」の仕様上、南の島では、セーブもできないし、全員がそろって椅子にすわって船に乗る、というアクションをしなければ、村にも帰れないし、これまで獲得したアイテムがパーになる、という詰んだ状況だったからなんですけどね。

結局、一時間ちょっと3人で遊んでいたら起きてきてくれたんですが、それと関係なく、途中で通信エラーになってデータぶっ飛びました(笑)

ハングアウト、スマートフォンでの参加を誘われたことがあったけど、自宅でがっつり使ってみるのははじめてでした。
Google+ハングアウトでなくても、ビデオチャットだと似たような感じなのかも知れませんけど、とりあえず「Google+ハングアウトでどうぶつの森」、すごく楽しかったなあ。

またやろうかなあー。

あそんでくれて、ありがとう!

あ、あと

「ブロネク」:Blogger Next Door ブロガーのブロガーによるブロガーのためのGoogle+ハングアウト

こんな企画も立ち上がっているようです。Google+ハングアウト熱いなー。