五つ星、その名の通り、五つ星。 #長崎しまレポーター

スポンサーリンク

しまを体感!レポート企画 新上五島町コース
さてさて、川柳チックなタイトルから旅の記録をつづけていきますよ。
長崎県は新上五島町を旅して回る企画です。
ちゃんぽんで腹ごしらえをしたところまでが前回までのあらすじ。

ここからは船に乗って、しまへと渡ります!

えれがんと1号
ぼくらが乗り込むのは、この「えれがんと1号」という船です。
ところで船の名前って、なんか平仮名ばっかりでした。そういう決まりでもあるのかしら。

ぺがさす2
こっちは、「ペガサス」ではなく「ぺがさす2」だし、

ぐらばあ
こっちの船は、「グラバー」ではなく「ぐらばあ」。
※同行者が「くぱあ」とかいってましたが、「ぐらばあ」が正解です。

乗船整理券ときっぷ
ふねの切符と乗船整理券。基本的に自由席らしく番号順に船内に案内されます。

船内は、座席が並んでいるのですが、広間もあり、ぼくらはここに陣取りました。
寝そべっての船旅
毛布や枕も用意されているので、のんびり寝ながらの船旅です。
船の上でもある程度、携帯電話の電波がはいったのでスマホでなんやかんやしながら過ごします。

長崎から、上五島への船旅 #長崎しまレポーター from nenzab on Vimeo.

波がそこそこ高く揺れたのですが、乗物酔いしやすいぼくも到着まで平気でした。
あとからしまの方へ聞いたところ、寝ているほうが酔わないよ、とのこと。寝てて正解だったですね。

上五島へ到着!

Shimarepo016
およそ1時間40分の船旅の末、今回のたびの目的地である上五島(鯛ノ浦港)へ到着しました。

上五島に到着してからは、新上五島町観光協会の方に車を出していただき、いろいろなポイントを回ります。

五島灘酒造
最初に訪れたのは、島で収穫する黄金千貫(こがねせんがん)というサツマイモを使った芋焼酎を製造されている、五島灘酒造さんです。
工場見学をさせていただきました。

五島灘酒造
焼酎の製造に使用する麹を作る装置やサツマイモを粉砕する機械をみせていただいたり、

五島灘酒造
製造工程を説明していただいたり、

五島灘酒造
寝かせている大量の焼酎をみせていただいたりしました。
このおっきな容器に4tもの焼酎。

五島灘酒造
澄み渡る芋焼酎から、芳醇な香り。上から覗いているだけで酔っぱらいそうでした。

試飲
見学だけでなく、嬉しいことに、五島灘酒造さんでつくられている焼酎を片っ端から試飲させていただくという至福の時間。

五島灘
五島灘のラベルには鯨の絵が描いてあります。昔から捕鯨文化があったらしい。

芋焼酎「五島灘」の白、黒に「教会の島(いのりのしま)」「夕なぎ」、「五つ星」と次々と飲んでいきます。
五島灘酒造 五つ星
特に島内限定、シリアルナンバーの入った「五つ星」がおいしかったです。
とってもフルーティーでスッキリした味わいを全員が絶賛し、その場で全員が即購入してしまいました。
この五つ星はマジでオススメですが、五島でしか買えないらしいので、訪れた際はぜひご賞味頂きたいところです。

五島灘酒造
五島灘酒造の田本社長と杜さん

五島灘酒造さん、ありがとうございました!

「五島灘」の方はネットからでも注文できるそうなので、興味あるかたはサイトをのぞいてみてください。

九州・五島特産品・いも焼酎蔵元通販「五島灘酒造」/「五島灘」「五つ星」「教会の島」

あこう樹に、いこうず。

おいしい芋焼酎で良い気分になってから向かったのは、奈良尾神社。
天然記念物に指定されている、樹齢650年以上の「あこう樹」があるというパワースポットです。

Shimarepo026
標識にしたがって、あるこうぜ。

Shimarepo027
奈良尾神社の鳥居が見えてきます。
後ろにそびえるのが、あこう樹。

Shimarepo029
裏から見るとよくわかりますが、こんな感じで天然の鳥居のようになっています。

Shimarepo028
近くで見ると、さすが天然記念物に指定されるだけありすごい迫力。
ラスボス感、ハンパねー。

しかしこれはあこう樹の真の姿ではなく、先日の台風で葉っぱがほとんど落ちてしまっている状態だとか。
今度はフルパワーのあこう樹も、見てみたいなー。

足湯でHP回復

パワースポットのあこう樹をみたあとは、少し移動して足湯に浸からせてもらいました。
Shimarepo030
サッカーの練習がえりの子供たちと一緒になりました。
しまの子供たちみんなが、道すがらあうひとに「こんにちはー!」と大きな声で挨拶をするのが好印象。
約44℃と熱めの足湯で、ご湯っくり過ごさせていただきHPがちょっと回復しました。

Shimarepo031
足湯のそばには、温泉水が販売されており、しまの方が利用されているそうです。
10リットルで10円という激安価格にビックリ。200リットル汲んでいっても200円。
これ、近所に住んでたら使いたいなあ。運ぶのはたいへんそうだから、週1くらいで。

西海国立公園

Shimarepo032
足湯でHPを回復した後は、西海国立公園へ。
見事なリアス式海岸の織りなす景観が見られるそうです。

Shimarepo033
公園からみるとこんな感じの景色が。島と海の景色っていいですよね。

Shimarepo034
もっと高い展望台があるそうなので、ずんずん上っていきました。

Shimarepo035
おー、高い高い。気持ちいい。

Shimarepo036
先ほどよりもちょっと高い位置からの眺め。
日も落ちてきていて少し暗かったですけど気持ちよかったです。
ここは晴れた昼間にリベンジしたいな。

というような感じで1日目の旅は終了。
このへんで宿に帰っておやすむのです。ぐう。

つづく。

スポンサーリンク

twitterもやっています

更新情報などをつぶやいています。フォローしていただくと、フォロー返しに行きます。