長崎県 新上五島町へ旅立ちます #長崎しまレポーター

スポンサーリンク

しまを体感!レポート企画 新上五島町コース
前回の記事でご紹介したのですが、長崎のしまに訪れる企画に参加させていただけることとなり、この三連休で、新上五島町に行ってきました。

長崎の西海上100kmのところに、五島列島があります。
この北部に、新上五島町という町があります。こちらに行ってきました。

いろいろ体験させていただいたので、書きたいことはいろいろとあります。
気の向くままに、しま以外のことも含めて旅の記録をつけとこうかと思います。

ドキッ!男だらけのチーム新上五島

まず、ぼくらのチームを最初に紹介しておきましょう。

企画に当選した公式レポーターは、カイ士伝のカイさんです。
旅に同行するのは、携帯総合研究所のxenoと、ぼくの二人。ぼくらはおまけですが、勝手気ままにブログ記事かくとおもいます。

男三人のしま旅のはじまりです。

出発。羽田→長崎空港

まずは、朝4時起きで始発を使って羽田空港へ集合。
もう一組、五島市をまわるチームとも途中までは同じ、ということで一緒に飛行機に乗りました。

2時間強の空の旅のすえ、長崎空港へ到着!
長崎ようきたね
空港の荷物受け取る場所に着くと、「よかとこ長崎ようきたね」とイラストで長崎ついた実感が湧きます。

長崎みかん 一度食べたら恋しちゃう!
同じ場所に、こんなゆるカワいらしいキャラクターも。長崎みかんも特産品なのね。
しかし、これが荷物と一緒にベルトコンベアの上をながれてくる光景はシュールです。

バスに乗り込み長崎港ターミナルへ

長崎空港からは、バスに乗り込み、長崎港ターミナルへ向かいます。

路面電車
↑バスから長崎の町並みを眺めながら移動。路面電車も見られました。

バスは片道800円で、長崎空港から長崎港ターミナル近くの大波止というバス停まで1時間弱。
大波止からは5分ほど歩くと、つきました。長崎港ターミナルです。

Shimarepo006
ここから島へ向けて船に乗るのですよ。

しまっていくぞー!
ここで、五島市チームとは別れることになりますので、くりかえしますがしまだけに「しまっていくぞー!」と気合いを入れました。
くりかえしまくります。

長崎ちゃんぽんを、たべにいく。

ぼくら新上五島町チームは、船に乗る時間までけっこうあったので、腹ごしらえしておこうということに。
長崎といえば「ちゃんぽんじゃね?」という安易な流れですが、長崎ターミナル駅近くの桃華園というお店へ。
桃華園

直前に、ここのお店がおいしいらしいぞ、と情報を仕入れてたのですよね、ふふふ。

大波止 桃華園 – 出島/中華麺(その他) [食べログ]

桃華園
早い、安い、旨い、と三拍子そろったお店らしい。
これは期待できるか。

お店にはいると、カウンターもありますが、奥の座敷に案内されました。
そしてさっそくお店のおかみさんから「ちゃんぽんか、皿うどんね」とまさかの二択を迫られました笑
もともと、ちゃんぽん食べるつもりできているので、ちゃんぽんを3つ注文。

桃華園のメニュー。特製ちゃんぽんも気になる
メニューを見ながら、「1,500円の特製ちゃんぽんもきになるけど、蛍光ペンで下線がひいていないから、つくってくれないんだろうか」などと会話をしていたら、ものの2−3分でちゃんぽんが到着。噂通りはやい。なんだこれ!

Shimarepo010
ちゃんぽん、どーん。
低めのどんぶりに、どーんと盛られたちゃんぽんが登場。
けっこうなボリュームでございます。

あっさりめのスープに、コシのある細めん、具は、キャベツ、もやしなどの野菜に加えて、ぷりっぷりの歯ごたえのタコがはいっており、すごくおいしかったです。630円というお値段もお手ごろ。
僕らのあとからも地元のお客さんが次々と訪れ、人気店なんだなー、と実感しました。
こんどは皿うどんもたべてみたい!

っとここまで書いて、なんだかえらい長いエントリーになる予感がしてきたので記事を、いくつかに分けて書くことにします。いまきめました。しま旅なのに、まだ島へ到着してないしふれてもないぜ。。。

まずは、長崎ちゃんぽんおいしかった。ごちそうさまでした!

長崎おいしい歳時記 [単行本(ソフトカバー)]
4863850913

スポンサーリンク

twitterもやっています

更新情報などをつぶやいています。フォローしていただくと、フォロー返しに行きます。