巨大なお肉ともんじゃの大木屋を堪能してきた

知り合いのブログ等でその存在を知り、ぜひとも一度いってみたいと思っていた、予約制のもんじゃ屋さん、大木屋。

今回、機会に恵まれてお店に行くことができました。

さあ食べるぞー。

スポンサードリンク

駅からお店まで、まるで遠足かのような状態で歩いて向かいました。
なんてったって、総勢、26名が集まりお店を貸し切り状態なのです。

見ろ!服がゴミのようだ!

店内に入ると、威勢の良い店主(以下オヤジさん)が、ビニール袋を持って待ちかまえています。
服に臭いがつかないようにというお店のありがたい配慮です。

ぼくら服をビニール袋に詰めるのは素人ですからもたもたしているとオヤジさんが服やカバンをビニール袋にガンガン詰めていきます。

「世話のやける客だなあ」

と聞こえるようにボヤキながらも、さすが店主。ばっちり片づきました。
演技、というかお客さんを楽しませるためにわざと言ってるように聞こえました。

というわけでコースがスタート!

コースをお願いすると、まずはカツオのたたきから。

しゃきしゃきで甘いタマネギをタップリと一緒に食べるカツオ、これはおいしいです。
のっけからその美味さにやられます。

噂のエアーズロック登場

そしてさっそく2品目より、「肉のエアーズロック」と噂の巨大なリブロースの塊がでてきました。
大迫力です。


そうそう、これですよブログで見て釘付けになったのは。
横でニンニクをじっくり炒めお肉の上に乗せます。


↑おれの唄を聴けっ!

両面お肉を焼いたあとに、お店の方がちょうど良い大きさに切ってくれます。


ブラックペッパーと炒めたニンニクと一緒に頂くお肉は柔らかくジューシー。
これもやばいです。くー。

牡蠣をバターで!

お次は、プリプリで大ぶりの牡蠣がたっぷりとやってきました。
鉄板でバターで炒めて頂きます。

ホタテはよくバターで頂きますが、ぼくははじめての牡蠣バターでした。
牡蠣、バター、ネギを炒め最後にオヤジさんがタレを投入し、鉄板を囲むメンバーが一気に炒めます。

見ろ!牡蠣が餃子のようだ!


香ばしいバターの香りと、じっくり炒めた甘ーいネギと一緒に頂く牡蠣はおいしすぎ。
やばいなあ。食べ過ぎちゃうよ。

まだまだ出て来るよ、メンチカツ!

↑メンチカツはすでに食べられる状態で登場。
キャベツと一緒にかるく炒めます。

見ろ!肉汁が噴水のようだ!

とは、かねともさんから頂いた今日の名言。

↑メンチカツをカットすると、あふれんばかりの肉汁。
メンチももちろん美味いのですが、こぼれだす肉汁と一緒にたべるキャベツもまた絶品です。

最後はもんじゃでシメっ!

最後は、もんじゃが出てきました。
10人前?すごいボリュームです。

これを自分たちで混ぜ混ぜしていきます。

混ぜきったら鉄板へ投入!


↑もんじゃ完成!

実は、ぼくは生まれて初めてもんじゃを食べました。
ヘラでみんなでつつきながら食べるもんじゃ、美味しいし楽しいね!

大木屋はアトラクションだ、ときいていたのですがまさに噂通り。
2時間制限の中、次から次へと料理が出てきてテーブルのみんなで力を合わせてそれを美味しく平らげていく共同作業です。
また是非たべにいきたいなー。

おいしかったです、ごちそうさま!

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。