スプラトゥーン3で遊ぶならスマホアプリも活用しよう

当ページのリンクには広告が含まれています。
スプラトゥーン3で遊ぶならスマホアプリも活用しよう

2022年9月にNintendo Switch 用のゲーム「スプラトゥーン3」が発売になりました。Wii U 用のゲームとして発売された初代「スプラトゥーン」からシリーズを遊んできたので、待ってましたとばかりに発売後からがっつり楽しんでいます。人気シリーズの新作で話題になっているので、遊んでいる方も多いのではないでしょうか。

さて、この「スプラトゥーン3」ですが、Nintendo Switch でプレイするだけでなく、スマホアプリの「Nintendo Switch Online」を活用するとさらに楽しめることをご存知でしょうか。

ゲームに合わせてこのアプリを利用するとどういう良いことがあるか、ぼくが気に入っている点をいくつかご紹介したいと思います。

目次

「Nintendo Switch Online」アプリでできること

「Nintendo Switch Online」のアプリをダウンロードして「スプラトゥーン3」を連携すると、「イカリング3」というメニューが使えるようになります。

「ゲーム連携サービス」に追加される「スプラトゥーン3」から「イカリング3」が起動できる。

この「イカリング3」に「スプラトゥーン3」に関するさまざまな機能が詰め込まれています。

「ゲソタウン」で特別なギアが注文できる

「イカリング3」」には「ゲソタウン」というお店が用意されていて、ふだんゲーム内のショップで買うのとは違うギアパワーがついた特別なギア(装備品)を手に入れることができます。

「ゲソタウン」でふだんとは違うギアパワーがついたトクベツなギアを手に入れよう。

「ゲソタウン」で注文して、ゲーム内の「スパイキー」というキャラクターに話しかけることで注文した商品を買うことができます。

「ゲソタウン」で注文したら、スパイキーに話しかけて「ゲソタウンからの配達」を受け取ろう。

商品のラインナップは時間とともに入れ替わるので、外出先のスマホアプリからゲソタウンをチェックして気に入ったものがあったら、その時に注文しておくと良いでしょう。注文さえしておけば時間が経ってもゲーム内で購入することができます。

「サーモンラン」などスケジュールが確認できる

「イカリング3」では、スプラトゥーン3のゲーム内のスケジュールを確認することができます。

レギュラーマッチ、バンカラマッチのステージの確認もできますし、ぼくが便利だと思っているのは「サーモンラン」のスケジュールです。

シャケを倒してイクラを集めるバイト「サーモンラン」。

「サーモンラン」は1回の期間中に1,200ポイント貯まるまでプレイするのがゲーム内のお金を稼ぐのに効率が良いとされているそうですが、いつからいつまで開催されているのかゲーム機を起動しなくてもスマホアプリでチェックできるのが非常にありがたいです。

「ボイスチャット」が利用できる

「スプラトゥーン3」で対戦をする際に「ボイスチャットON」にして部屋を作ると、「イカリング3」を使ってボイスチャットをすることができます。

同じチームになったフレンドと音声で作戦や戦況を話しながらゲームを遊べるので、連携しやすく、より緻密なプレイが可能になります。特に「サーモンラン」で自分の状況や「オオモノ」シャケを発見したことなどを仲間に知らせたりするのに便利です。

ボイスチャットが可能になるとスマホアプリに通知が来て「はじめる」を選ぶと、スマホを通してボイスチャットが可能となる。

LINEやDiscordなどでつながっている場合は、そちらのボイスチャットを使うのも良いと思いますが、「イカリング3」では「Nintendo Switch Online」上のみでフレンドになっている人とのボイスチャットに便利かなと思います。また、「Nintendo Switch Online」のアプリ1つで済むのが良いなあと思って使っています。

ということで

今回は、スマホアプリ「Nintendo Switch Online」の「イカリング3」についてご紹介しました。

紹介した以外にも、ゲーム内の成績やマイコーデがチェックできたり、フォトアルバムが作れたりといろいろな機能が用意されています。

イカリング3で確認できる「最近の50戦」のバトル成績と「マイコーデ」。

「スプラトゥーン3」は遊んでいるけれども、スマホアプリは利用されてない、という方は、ぜひ合わせて利用することをオススメします。

それでは、また!

Nintendo Switch Online – Google Play のアプリ

徳間書店
¥1,320 (2024/02/21 14:53時点 | Amazon調べ)
編集:電撃ゲーム書籍編集部
¥1,683 (2024/02/21 14:53時点 | Amazon調べ)

本記事は、FCNT株式会社 運営の「あろうず研究所」( https://www.arrowslabo.net/ ) に寄稿していた記事を再掲載したものです。
※2019年〜2023年3月まで運営されていましたが、ウェブサイトは閉鎖済みです。

記事がよかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

「ねんざブログ」で家電のレビューやグルメ、旅行、ライフスタイルについて、自分が体験した情報を発信しています。きになる記事があれば、フォローやコメントなど、お気軽にどうぞ!

「ねんざB」というハンドルネームの由来はこちら

目次