「お」をつけるか、つけないか。

「お」をつけるか、つけないか。
スポンサーリンク

大学1~2年の時に、家庭教師のアルバイトをしていました。

中学1年生の男子の自宅に訪問して勉強をみてたんですね。

ということになっていますが、実際は

「せんせー、これやるからさ、対戦しようよ」

と弱いカードの束を渡されて「遊戯王」のカードゲームの相手してただけなんですけどね。

お父さんの足音が聞こえたら、二人で急いでカードを机の中に隠すのがうまくなりました。

遊戯王 混沌帝龍 ( カオス・エンペラー・ドラゴン ) −終焉の使者− 【アルティメット】 BPT-J02

話が逸れました。

で、その子と話してて、おもしろいなあ、とおもったことをふと思い出しました。なんか、やたらと格好つけるんです。

ファッションとかじゃなくて、態度というか言葉、なんか変なんですよ。

一番面白かったのは、

「としだま」

という言葉を聞いたとき。

いわゆる「お年玉」のことです。お正月にオトナからもらうアレです。

この「お年玉」っていう言葉を使う時、まず間違いなく「お」がついてるじゃないですか、一般的に。たぶん。

その子は意図的に「お」をつけないんですよ。

「お」をつけるのが、子供っぽい?

かっこわるい?

なのか

「このレアカードは、『としだま』で買った!」

とか言うんですよ。

年頃に「おかあさん」「おとうさん」というのがなんだか子供っぽく感じて、「父さん」「母さん」という気持ちはなんとなくわかります。

大人になっても本人の前では「おかあさん」と呼んでいても他人の前では「うちの『おかん』が〜」と言ってる人も多いですよね。

あれ?

ちがう?

「お金(おかね)」は「金(かね)」と言っても成り立つけど、は「お」を省いた「としだま」は、なんというか、出会ったことない表現で、おもしろいなあ、と思っていました。

本人には指摘しなかったけどね。お正月の「おせち」も「せち」とか言ってたんですよ。ん、こっちはまあアリなのかな。

という18年越しの思いをブログに綴ってみました。おわり。

はー、スッとしたー。

調べてみたところ、「年の賜り物」ということで「年賜(としだま)」という昔の言葉が「お年玉」の語源である、という説もあるそうなのですが、彼の場合そういうことではないんだとおもいます。おそらく。

スポンサーリンク

twitterもやっています

更新情報などをつぶやいています。フォローしていただくと、フォロー返しに行きます。