iPhone 6/6 PlusのSIMはAndroidスマホでも使える。HUAWEI P8 liteに設定してみた #ファーウェイ

iPhone 6/6 PlusのSIMはAndroidスマホでも使える。HUAWEI P8 liteに設定してみた #ファーウェイ
スポンサーリンク
iPhone 6/6 PlusのSIMはAndroidスマホでも使える。HUAWEI P8 liteに設定してみた #ファーウェイ

以前、SoftBankでiPhone 6 Plusを契約したのですが、画面を割ってしまいました。その時、端末の修理にもお金がかかるから、手元のAndroidでそのままSIMカード使えないかな、と考えました。

が、しかし

こちらの記事を読むと「SoftBank のiPhone6/6 PlusのSIMは、SoftBankのiPhone以外に利用できない」と結論づけてあったのでやっぱりだめかー、と思ってたんです。

だったら普通にソフトバンクのショップへ行ってSIMの契約を切り替えて使えばいいじゃないか、という話ですが、SIMの契約変更するとiPhone 6 Plus購入時に適用された「月々割」という毎月の割引が、まったくなくなってしまうんだとか。数万円分割引残ってるよ!これはもったいない。

調べていくと、SoftBankのiPhone用SIMでも、非公式にはSIMフリーの端末でも使える、ということがわかりました。

今回、ちょうどファーウェイのモニター企画で「P8 lite」というSIMフリーのAndroid端末をご提供いただいたので、それに設定してみることにしました。

iPhone 6/6 PlusのSIMはAndroidスマホでも使える。HUAWEI P8 liteに設定してみた #ファーウェイ

この端末「HUAWEI P8 lite」にSoftBankのiPhone 6/ 6 Plus用のSIMを挿します。

iPhone 6/6 PlusのSIMはAndroidスマホでも使える。HUAWEI P8 liteに設定してみた #ファーウェイ

実は、SIMカードが二枚使えるタイプです。

iPhone 6/6 PlusのSIMはAndroidスマホでも使える。HUAWEI P8 liteに設定してみた #ファーウェイ

micro SIM用とnano SIM用のスロットがあります。nano SIMのスロットには、SIMじゃなくてmicro SDも挿せるみたいです。

iPhone 6/6 PlusのSIMはAndroidスマホでも使える。HUAWEI P8 liteに設定してみた #ファーウェイ

で、iPhone 6 Plusで使用していた nano SIM。

iPhone 6/6 PlusのSIMはAndroidスマホでも使える。HUAWEI P8 liteに設定してみた #ファーウェイ

挿入すると、画面の左上に、さっそく「SoftBank」という文字が。回線はすぐに認識します。

が、通信を行うために「APN(アクセスポイント名)」というものを設定しなければいけません。

iPhone 6/6 PlusのSIMはAndroidスマホでも使える。HUAWEI P8 liteに設定してみた #ファーウェイ

「設定」>「その他」>「モバイルネットワーク」>「アクセスポイント名」と進みましょう。

「P8 lite」はデフォルトだと、「Y!mobile APN」だけが表示されています。(※写真のSoftBankはぼくが設定したもの。)

下の方の「メニュー」から「新しいAPN」を選ぶと、APNが追加できます。

設定項目が出てくるのでここに設定していきます。

ただ、その設定内容をどうするか、それが問題です。

ソフトバンクの公式な案内では、「アクセスインターネットプラス」というプランで利用できるAPNが次のページに公開されています。

これを設定すれば良さそうですが、やはりiPhone用のSIMでは使えない、と公式に明記されています。

008

なので、非公式な情報となりますが、Googleなどで検索すると、SoftBankのiPhone用のAPN設定が見つかりますので、それを設定します。SoftBankの公式な案内ではありませんので、設定される方は自己責任で行ってください。

iPhone 6/6 PlusのSIMはAndroidスマホでも使える。HUAWEI P8 liteに設定してみた #ファーウェイ

アクセスポイントの編集画面で以下の通り、設定します。

名前 SoftBank(※名前は任意のもので良いですがわかりやすいように)
APN jpspir
ユーザー名 sirobit
パスワード amstkoi
認証タイプ PAP

SoftBankのメールを利用する方は、同じ画面で以下の項目も設定します。以下の項目については、SoftBankのサイトで案内されている公式なものです。

MMSC http://mms-s
MMSプロキシ andmms.plusacs.ne.jp
MMSポート 8080

上記のように設定ができれば、iPhone用のSIMを使って、SIMフリーのAndroid端末でも通信できるようになると思います。

非公式な情報で設定して通信を行った結果、多額の通信料が請求されるんじゃないか、という点が気になりましたが、今回の端末以外でも何ヶ月感か上記APNの設定をAndroidで試していて、iPhoneの定額料金におさまっているので今のところは問題なさそうです。(今後はどうなるかわかりませんけどね)

SIMフリーの端末だけでなく、SIMロックを解除した例えばdocomoの端末なんかでも利用できるみたいですので、知っておいて損はないと思います。

スポンサーリンク

twitterもやっています

更新情報などをつぶやいています。フォローしていただくと、フォロー返しに行きます。

iPhone 6/6 PlusのSIMはAndroidスマホでも使える。HUAWEI P8 liteに設定してみた #ファーウェイ