MOVERIOでnasne(ナスネ)の動画が意外とかんたんに観れた

EPSON MOVERIO
スポンサーリンク
EPSON MOVERIO

エプソンのスマートグラス、MOVERIO BT-200AVをモニターとしてお借りしています。

EPSON MOVERIO シースルーモバイルビューアー BT-200AV
エプソン (2014-06-30)
売り上げランキング: 28,635

このMOVERIOを使って、自宅にあるnasne(ナスネ)の動画の試聴をためしてみました。

torne mobileは使えない

最近、torne mobile(トルネ モバイル)というAndroidアプリが登場したので、それを使ってみようと思いました。

しかし、MOVERIOのAndroidのバージョンは4.04。torne mobileの動作するOSがAndroid 4.10以上のため、利用できません。MOVERIOのAndroidのバージョン
もアップデートされないようです。

Twanky Beam for MOVERIO

しかし、よくよく思い出してみると、ホーム画面にMOVERIOにプリインストールされている「Twonky Beam for MOVERIO」というアプリがありました。

そうだ、これをつかおう、と起動してみました。

MOVERIO Twankey beam

立ち上げるとこのような画面。「ホームネットワーク上のコンテンツを再生」というのを選びました。

MOVERIO

すると、MOVERIOがつながっているネットワーク上の機器が表示されました。ここにnasneが表示されているので選びます。

MOVERIO Twankey beam

動画が観たいから、「ビデオ」ですね。

MOVERIO

なんか「ライブチューナー」というのがあったので、それを選び、さらに「地上デジタル」を選びました。

MOVERIO

現在、放送されている番組のリストが出てきました。重複して並んではいますが、放送中の番組に間違いありません。

で、それを選ぶと数秒の遅れはありますが、テレビが見れるじゃないですか。ほぼリアルタイムで。かんたんすぎる!

MOVERIO

もちろん、nasneに入っている録画データも観られます。

MOVERIO

Twanky Beamですが、録画した映像やTVチューナーからの映像を再生中は、スクリーンショットが撮影できないようになっています。MOVERIOのグラス上で再生しているのをデジカメで撮ってみました。こんな感じで普通に再生されます。画質も満足。

MOVERIO

コンテンツの持ち出しにも対応しています。nasneから録画した動画データをMOVERIOに転送しておくことで、ネットワークを経由しなくても動画再生が可能になります。外出先でも録画コンテンツが消化できるし、通信料もかからないのでよいですね。また、SDカードなどの外部メモリやUSBケーブルなどを使わずに無線で転送できるのも楽で良いです。

思ってた以上にかんたん

nasneでテレビ放送を録画できる準備が済んでいれば、特別な設定を行うこともなくTwanky Beam for MOVERIOを起動するだけで録画した放送の試聴が楽しめるので、すごくラクチンでした。

MOVERIOの場合、テレビ画面の方をわざわざ向かなくて良い、というメリットがあるので、ベッドの上やソファーの上で楽な姿勢で録画をガンガン消化していこうかな、と思います。

nasne 1TBモデル (CECH-ZNR2J01)
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2015-03-05)
売り上げランキング: 38
EPSON MOVERIO シースルーモバイルビューアー BT-200AV
エプソン (2014-06-30)
売り上げランキング: 28,635

スポンサーリンク

twitterもやっています

更新情報などをつぶやいています。フォローしていただくと、フォロー返しに行きます。