シースルー型のヘッドマウントディスプレイ「MOVERIO」BT-200AVをためす

MOVERIO BT-200AV
スポンサーリンク

MOVERIO BT-200AV先日、イベントに参加して、エプソンさんから「MOVERIO」をモニターでお借りしました。

シースルー型のヘッドマウントディスプレイです。お借りした機種は2014年5月に発売になった「BT-200AV」という機種。

MOVERIO BT-200AV箱の中身は、このような感じ。
ヘッドセットとキャリングケース、ケーブル類、コントローラ、シェードが二種類にイヤフォンマイク。

MOVERIO BT-200AVこちらがヘッドセット。シェード(サングラスのレンズみたいなの)はつけてない状態。

MOVERIO BT-200AVコントローラです。画面のないスマホみたいなもの。これをヘッドセットにケーブルで接続します。タッチパネルみたいになっていて、なぞったりタップしたりで操作をするわけです。

MOVERIO BT-200AVヘッドセットには両方とも小さな画面みたいなのがついています。

MOVERIO BT-200AV電源を入れるとこんな感じで点灯。

具体的にはどう見えるかというと、

MOVERIO BT-200AVこれはヘッドセットなしの肉眼で見た場合。

MOVERIO BT-200AVヘッドセット付けてみるとこんな感じで空中に画面がぼんやりと浮かんでくれるわけです。サイズとしては、2.5m先に視点をやったとして40インチ相当だそうです。

MOVERIO BT-200AV表示される画面は、Androidの画面。ポインターカーソルをコントローラで動かしていろいろな操作を行います。

無線LANに対応しているので、ウェブサイトをブラウザで見たり、youtubeの動画を見てみたりしました。

MOVERIO BT-200AVシースルーなので画面以外の周りの様子もわかるわけです。動画を見ながらティッシュに手を伸ばして鼻を噛んだり、ウェブサイトを見ながら家の中を歩きまわったりもできます。完全密閉型のヘッドマウントディスプレイだとそうはいかないとおもいます。

MOVERIO BT-200AVBT-200AVには、HDMIの入出力に対応したアダプターも同梱されています。例えば、このアダプターにハードディスクレコーダーを接続すると、無線LAN経由でハードディスクの番組がMOVERIOのヘッドセットで楽しめたりするようです。

映像は多少は遅延するのでゲームには向かない、とエプソンの方から聞いてはいましたがどれだけ遅延するのかためしたくなって、Wii Uを接続してみました。

MOVERIO BT-200AVしかし、設定の仕方がうまくいかないのか、ヘッドセットに映像が映ることはありませんでした。せっかくマリオカート8で遊ぼうと思ったんですけどね。

感想

座った状態でも寝っ転がった状態でも、楽な姿勢で動画などを楽しめるのはいいなあ、と思います。シースルー型で周りの様子が分かるのは便利な半面、映画に没頭したりしたい場合は、映像以外が目にはいらないほうが良いなあと思いました。このMOVERIO BT-200AVでも、電機を消した部屋で使えば、暗闇に画面しか見えないので映像に集中することができるのですが、だったら最初から密閉型のヘッドマウントディスプレイでいいじゃないの、という話ですしね。十分に調整して装着しても、10分くらいつけていると耳の上のほうが痛くなってしまったので、装着感は今後改善してもらえたらいいなあ、と感じました。

シースルー型ゆえに、装着したままトイレに行ったり、飲み物を飲んだりできるのは便利なので、しばらく使ってみて可能性を探ってみたいと思います。

スポンサーリンク

twitterもやっています

更新情報などをつぶやいています。フォローしていただくと、フォロー返しに行きます。

MOVERIO BT-200AV