iPhone 14 Pro が届いた!ケースはApple純正のシリコーンケース「サキュレント」をチョイス。

iPhone 14 Pro が届いた!ケースはApple純正のシリコーンケース「サキュレント」をチョイス。

2022年9月16日に発売となった iPhone 14 Pro がぼくの手元にもようやく届きました。予約開始日の9月9日の21時から予約に挑戦したのですが、スマホからだと購入画面になかなか繋がらず、出遅れました。パソコンのブラウザとかからやったほうがスムーズみたいですね。

ということで、予約開始日に予約はしたものの、10月5日〜13日の到着予定となっていました。結局、9月30日に出荷され、10月1日に到着、と予定より少し早まってよかったです。

iPhone 14 Pro 到着。カラーはシルバーにしました。
最近のiPhone、充電器自体は付属していないので、箱がだいぶ薄いですね。(ケーブルだけついてる)
目次

iPhone 13 Pro から iPhone 14 Pro へ機種変更

今回、iPhone 13 Pro から iPhone 14 Pro へ機種変更しました。iPhone 13 Pro から1年くらいしか経ってないけど、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Max で利用できる新機能「Dynamic Island(ダイナミックアイランド)」が気になったので、購入を決めました。

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Max – Apple(日本) より。

iPhone 13 Pro から iPhone 14 Pro のカメラの出っ張り比較

iPhone のカメラユニットのレンズ部のでっぱりがデカイデカイと言われるので、手元のiPhone 13 Pro と iPhone 14 Pro とで並べて比べてみました。

カメラユニット自体の縦横の大きさも若干大きくなってるんですね。

厚みの部分もやっぱり iPhone 14 Pro のほうが数ミリ厚く、でっぱりが大きくなっています。ただ、これまで iPhone 13 Pro を使っていた身からすると、大した問題ではないなと感じました。カメラ部分が小さめの機種からの変更だったら気にはなりそうなサイズです。

そのままiPhone 2台を並べて、iPhone 14 Pro へデータを移行しました。線を繋がなくても、近くに並べると移行の案内が出て、カンタンに移行できるのはやっぱり便利ですね。

保護ガラスはNIMASOを買ったけれども・・・?

画面に傷が入らないうちに、さっそく保護ガラスを装着しました。

購入したのは、NIMASO というところの保護ガラスです。

NIMASOは、安くて評判も良く、36ヶ月の品質保証もついています。また、この商品は2枚の保護ガラスが入っているので、万が一落下して割ってしまったときも、すぐに貼り直すことができるのが良いです。

保護ガラスを貼る時にズレないようにするガイド枠もついていて、キレイに貼ることができました。

ぼくは iPhone 13 Pro のときに、simplism® というブランドの保護ガラスを貼ったんですが、「貼るピタMAX」というキレイに貼り付けられて、しかもホコリなどゴミの混入もなく貼れるしくみのある製品を使ったんですよね。

今回、NIMASO の保護ガラスを貼る時に、ホコリが入らないように浴室で気を使いながら貼ったので、今回も「貼るピタMAX」の商品にしておけば楽だったなあ、と思いました。

ぼくが信頼しているブロガーの方々もオススメしているので、これからiPhone の 保護ガラスを検討される方はぜひチェックしてみてほしいです。

ushigyunet
iPhoneガラスフィルム「貼るピタZ」の貼り方とレビュー。気泡もホコリも入りにくくピッタリ貼れる! iPhoneのガラスフィルムを自分で貼ろうとすると、ついズレたりゴミやホコリが入ってしまうもの。そんな悩みを解消する「貼るピタ」シリーズのフィルムを使えば、手順に従っ...
ネタフル
iPhoneの保護ガラスは「貼るピタMAX」機能があれば上手に貼れるというVlogをYouTubeで公開しました【023】 ... YouTubeチャンネル「ネタフルch グルメとテック」のメインコンテンツの一つは四角いフライパンとコンパクトなIHクッキングヒーターを使った料理動画なのですが、料理以外の...

ケースは Apple MagSafe対応iPhone 14 Proシリコーンケース を選んだ

こんにちは

iPhone 14 Pro のケースに関しては、純正のシリコーンケースを選びました。以前にも使っていたんですが、スベスベなのにツルッと落っことさないような手触りが良いし、ボタン類も押しやすいんですよね。

以前は、CASEFINITE というところの「FROST AIR」という めちゃくちゃ薄い iPhone のデザインを活かしたケースを使っていました。

「THE FROST AIR」、デザインはとても良くて気に入っていただけれど、ぼくの使い方とか環境のせいか、半年くらいでケース自体が伸びてしまってブカブカになってしまったので、今回はまた純正ケースに戻ってみようかと決めました。

めちゃくちゃ薄くて軽く、iPhone本来のデザインを損なわない点では「THE FROST AIR」はかなり良いです。薄いのでケースつけずに裸なのかな?というサイズ感も気に入っていました。

純正ケースは、手触りがやっぱり良いですね。前述の「THE FROST AIR」よりも大きくなってしまいますが、こちらのほうが手厚く保護できそうだし、この「サキュレント」ってカラー、めっちゃかわいくて好きです。

カメラのでっぱり部分もケースでしっかり保護されています。デカイと思う人もいると思いますが、ぼくは気になりませんでした。(慣れちゃったのかも)

ちなみに、このシリコーンケース、Amazonで買おうと思ったら他のメーカーのケースとかたくさん出てきて見つけづらかったので、リンクをブログにまとめました。

あわせて読みたい
【iPhone 14 Pro】Apple 純正シリコーンケース のAmazonでの販売リンクまとめ iPhone 14 シリーズが9月16日から発売されますが、今回ぼくは新機能「Dynamic Island」(ダイナミックアイランド)を使ってみたくて、iPhone 14 Pro を予約しました。 合...

ということで

iPhone 14 Pro が届いたよ、という日記でした。まだ使い込んでいませんが、ファーストインプレッションとしては、Dynamic Island 以外は、iPhone 13 Pro とさほど使い心地が変わっていないですね。

記事がよかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

「ねんざブログ」で家電のレビューやグルメ、旅行、ライフスタイルについて、自分が体験した情報を発信しています。きになる記事があれば、フォローやコメントなど、お気軽にどうぞ!

「ねんざB」というハンドルネームの由来はこちら

関連記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次