【三井住友カード】VポイントをAmazonギフト券にチャージする方法

こちらの記事で紹介していたキャンペーンで、2000ポイント分のVポイントがメールで送られてきました。

あわせて読みたい
【三井住友カード】Visaのタッチ決済、ドトールで2,000円使えば2,000円分もどってくる 三井住友カードのクレジットカードをドトールグループの対象店舗で「Visaのタッチ決済」で使うと、最大2,000円分のポイント還元が受けられるキャンペーンが開催されてい...

メールにある案内で、ギフトコードを「Vポイント」アプリに登録しました。この「Vポイント」は、Apple Pay(iD)としてタッチ決済などもできます。

しかし、自分の場合、すぐ使ってしまわないと「Vポイント」残高がアプリ内に残っていることを忘れちゃいそうだなと思い、 Amazonギフト券 としてチャージしてしまうことにしました。

「Vポイント」の使いみちとして、Amazonギフト券 としてチャージしてしまうのオススメです。

目次

VポイントをAmazonギフト券にチャージする方法

AmazonでVポイントを使うために、このVポイントアプリのカード番号、有効期限などの情報を確認する必要があります。

「Vポイント」のアプリの右上の「≡」みたいなアイコンをタップしてメニューを開きます。

「カード情報」の項目が出てくるので、それをタップして開きます。「ネットショッピングで使う」という文字もありますね。

次の画面に、このVポイントのカード情報(カード番号、有効期限、セキュリティコード、カード名義人)などが表示されているので、それを確認します。

このカードの情報を使って(クレジッドカード支払いを選ぶ)、あとはAmazonでチャージタイプのギフト券を購入すればOKです。

5,000円、20,000円、40,000円 などありますが、「その他」の項目で任意の金額の Amazonギフト券 をチャージできます。

ぼくのように、ポイント残高を残したくない人は、1円単位で全額 Amazonギフト券 にチャージすると良いと思います。

もちろん、ぼくも今回この方法でVポイントで注文、数分後、無事にAmazonの残高にチャージされたことを確認しました。

こういうカードでの購入の際、「登録されたカードの有効性」の確認として、注文商品とは別に1円などが一時的に引き落とされることがあります。その場合、ポイント全額をチャージに回すと残高不足で決済エラーになってしまうことがあるのですが、今回の「Vポイント」→Amazonギフト券チャージ に関しては、問題なく全額利用できました。

Suicaなど他の電子マネーに変えても良いかも。

ポイントなどは一箇所にまとめたほうが管理しやすと思っているので、Vポイントの残高は、普段からよく利用しているAmazonへのチャージにしました。

同様に、クレジットカードやデビットカード、VISAのプリペイドカードでチャージできる電子マネーにVポイント残高を使ってチャージしておくのも良いかもしれませんね。

例えば「Suica」などもそうなので、自分の使いやすい電子マネーにチャージしておくことをオススメします。

記事がよかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

「ねんざブログ」で家電のレビューやグルメ、旅行、ライフスタイルについて、自分が体験した情報を発信しています。きになる記事があれば、フォローやコメントなど、お気軽にどうぞ!

「ねんざB」というハンドルネームの由来はこちら

関連記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる