【メルカリ】PSEマーク付「モバイルバッテリー」を出品したけど何度も削除されてしまう理由 #メルカリ

購入したものの、ほとんど使わなくなってしまったモバイルバッテリーがあったので、メルカリに出品してみました。

出品後、1〜2分も経たずにメルカリに通知が来ました。

ねんざB

もう売れたのか!
さすがメルカリ、はやい。

なんて思ってチェックしてみると「商品削除のお知らせ」。

さきほど出品した商品はメルカリの運営に削除されてしまったのです。え、なんで?

目次

「PSEマーク」のないモバイルバッテリーは販売できない

モバイルバッテリーに関しては、「PSEマーク」のついていないものは販売できません。

分かるようで分からないPSEマーク 〜モバイルバッテリー、表示義務化について〜 | トリニティ

モバイルバッテリーの取引についてのご案内です。

経済産業省の発表にもありますとおり、2019年2月1日(金)以降は、PSEマークのないモバイルバッテリーは販売禁止(流通在庫を含む)となります。

【禁止出品物の変更】2月1日(金)より、PSEマークのないモバイルバッテリーは出品禁止となります | メルカリびより【公式サイト】

メルカリでもこういう案内が出ていますし、「PSEマーク」がついていないものはフリマアプリなどでも販売できないことは把握していました。

このことを知らずに「PSEマーク」のない商品を出品して削除されたこともあり、ちゃんと覚えていました。

で、 出品時にも「PSEマーク」がついていることが分かるように商品写真にもPSEマークをきちんとのせてね、と案内があることも把握していたので、今回モバイルバッテリーを出品するときには「PSEマーク」をひと目で分かるように写真に写し込んでいたのです。

「PSEマーク」付きの写真を載せてるのに出品削除された

でも、削除されました。

ねんざB

写真、見落とされたのかな?

と、「PSEマーク付き」の写真を別角度からも撮って、これでもか、というくらい「PSEマーク」を写し込んで再出品してみました。

すると、また1分も経たないうちにメルカリから通知が来ました。

ねんざB

もう売れたのか!
さすがメルカリ、はやい。

と思ったら、また「商品削除のお知らせ」でした。ガーン!

「PSEマーク」が付いていても出品禁止だった

メルカリから届いた「商品削除のお知らせ」をあらためてきちんと読んでみました。

ぼくは以前に「PSEマーク」のない商品を出品削除されたことから、今回もそれだろうと思っていたのですが、違いました。

・新品ではないモバイルバッテリー(スマートフォン・タブレット・PC用)

これに該当するとして、出品を削除されたのです。「PSEマーク」の有無ではなく、いつのまにか「中古のモバイルバッテリー」は、メルカリでの出品は禁止となっていました。知らなかった!

なので、メルカリではなく今回は「ラクマ」に出品したら、さくっと売れました。

ラクマにモバイルバッテリーを出品する際には注意喚起のポップアップが表示された

もちろん「ラクマ」でもPSEマークがついていないモバイルバッテリーは売れませんが、こちらは出品禁止にはなかっていなかったです。(記事執筆時点)

新規でラクマ利用する方は、以下の招待コードをよかったらどうぞ。
お互いに500ポイントもらえるそうです。
招待コード: KBN3I

古くなったモバイルバッテリーはどうしたら良い?

とりあえず今回は「ラクマ」に中古モバイルバッテリーを出品することはできましたが、今後はどうなるかわかりません。

古くなったモバイルバッテリー、通常のゴミとして捨てることはできないので、廃棄したい場合は、家電量販店などのリサイクルBOXなどに回収してもらうのが良いみたいですね。

不要になったモバイルバッテリーはどう処分する? – エレコム株式会社

まだ劣化してないな、と思うものはラクマとかに出品しても良いかもしれませんが、古すぎるものや明らかに膨張してるものなどがあれば、リサイクルBOXに持っていこうと思います。

記事がよかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

「ねんざブログ」で家電のレビューやグルメ、旅行、ライフスタイルについて、自分が体験した情報を発信しています。きになる記事があれば、フォローやコメントなど、お気軽にどうぞ!

「ねんざB」というハンドルネームの由来はこちら

関連記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる