【セブン-イレブン】「台湾風豚角煮丼(ルーロー飯)」おいしかった!

1年ちょいくらい前に引っ越してから、自宅の最寄りのコンビニがローソンなのでセブン-イレブンに行く頻度が下がっていたのですが、「セブンの魯肉飯(ルーローハン)がおいしい!」と話題になっていたので、買いに行ってきました。

目次

セブン-イレブン「台湾風豚角煮丼(ルーロー飯)」。

台湾風豚角煮丼(ルーロー飯)、税込496円でした。丼タイプの器で提供。

電子レンジで2分ほどあっためて頂きました。

ごはんの上に、味付けされた豚バラ肉、もやし高菜、半熟卵がのっています。

これ、容器が工夫されていて、ごはんと具材がセパレートで入っているんですが、上の具材をすべらせてカンタンにキレイに盛り付けることができました。

セブン-イレブンの商品の工夫、たびたび感心させられます。

お弁当のたまご、最近コンビニ弁当などではよく見かけるつくりものの代用卵かな、とも思いましたが、普通にとろっと半熟卵でした。

商品名に台湾風、とあるように、とろっとろで甘辛い豚肉、八角の香りが台湾を想起させます。

これが、500円以下でセブン−イレブンで手軽に手に入る、ってのが素晴らしいと思います。

うっかり食べてしまうと魯肉飯欲が増してきてしまって、大久保「SPICY CURRY 魯珈」さんの魯肉飯とか、時々ゲリラ的に東新宿サンラサーさんで提供される魯肉飯とかたべたくなってきましたよ。

ということで

セブン-イレブン「台湾風豚角煮丼(ルーロー飯)」を食べました、というお話でした。

気になる方は、店頭から消えないうちに、お早めに探して召し上がってみてください。

おいしかったです、ごちそうさまでした!

記事がよかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

「ねんざブログ」で家電のレビューやグルメ、旅行、ライフスタイルについて、自分が体験した情報を発信しています。きになる記事があれば、フォローやコメントなど、お気軽にどうぞ!

関連記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる