【LINE】「Visa LINE Payクレジットカード」を申し込んでみた。メール来ないけど、審査落ちた!?

初年度はなんと支払いの3%がLINEポイントで還元されるという、高還元率の「Visa LINE Payクレジットカード」の先行申込の案内が届いたので、申し込んでみました。

こちらの記事でも書いてましたが、発表されたときから気になっていたのですよね。

発表時と違って、発行元がオリコではなく三井住友カードに変更となりました。名称も「LINE Pay Visaクレジットカード(仮称)」から「Visa LINE Pay クレジットカード」とちょっと順序が入れ替わりました。

発行元が銀行系の三井住友カードになったことで

「発行の審査難易度が上がるのでは?」

「ぼくみたいなフリーランスだと審査通りづらいのでは?」

なんてちょっと心配もしつつも、先行申込なら多少は審査通りやすいのでは、と思って申込みをしてみました。

目次

先行申込の案内はLINEで届いた

「Visa LINE Payクレジットカード」の申し込みですが、この記事を書いている時点ではまだ一般の受付は開始していません。

Visa LINE Pay クレジットカード

こんな感じの案内がLINEで届きました。2020/4/15 14:00です。

2019年の段階で先行案内があって、それに申し込みをした人に順次LINEのメッセージで案内が届いているようです。

申し込みページに行くと、三井住友カードのサイト内での受付ページになっていました。

カードの券面はグリーンがあればいいな、と思っていましたが予告通りオリンピックバージョンの「ブルー」or「レッド」のどちらかから選ぶ形になっていました。

申込みに関しては、住所や年収、勤務先、引き落とし銀行口座の入力など、一般的なクレジットカードの申込みと同様です。

「LINE Score」 は関係ない?

LINEのサービスには「LINE Score(ライン スコア)」という個人の信用度をスコアリングするサービスがあるので、それも審査に使われるのではないか?、と思っていたのですが、LINE IDなどの情報を登録することはなかったので、関係なさそうでした。

免許証などの本人確認書類については、オンラインで提出ではなく、後日、入会書が送られてきてそちらに添える形になるそうです。

入会に本人確認書類は必要ないみたいです。(※申込画面には、本人確認書類、銀行口座番号を準備して入力しましょう、と案内はあったのですが)

そもそもLINE Payを利用前提なので、で本人確認済みなので、不要、ということなんでしょうかね。

ひととおり申込みを終えて、さて、審査はどうなるか・・・。

フリーランスが「Visa LINE Pay クレジットカード」に申し込んだ結果

「Visa LINE Pay クレジットカード」に申し込むと、まず申込み完了のメールが届きました。

このあと、審査結果がメールで届くそうです。

同じ日に申し込んだ友人らは数時間後に審査を通過しました、というメールが届いたそうです。

ネタフルのコグレさんも

と即日審査が完了したと記事にされています。

twitterなどで調べてみても、すぐに可決の案内が来た、という人もたくさんいました。

クレジットカードのウェブからの入会審査などは、まず機械的に自動審査がある、と聞いたことがあるので、審査に問題ない人はすぐに可決の結果がメールで届くのでしょう。

うちには結果のメールが来ない

で、ぼくのところには当日の夜、翌日になってもメールが届きません。こりゃ、否決濃厚かな・・・。Visa LINE Pay クレジットカード

発行された申し込み番号でウェブ上から審査状況が確認できるので、チェックしてみると、「手続き中」の状態だったので、否決と決まったわけではなさそうです。

自動審査では、すんなり可決ではなかったため、機械ではなく審査担当者による審査にうつって時間がかかっているのかな、と思いました。

で、これも、日を改めてチェックしてみると、画面が変わっていました。(2020/04/17)

ウェブ上で確認したら、可決されてる?

Visa LINE Pay クレジットカード

ウェブの申込みからの翌々日、ウェブ上の審査状況照会のステータスが変更になっていました。

「書類をご自宅宛に送付させていただきます」

!!??

自動審査でダメだったので、こりゃ否決かな、と思っていましたが、否決の場合はこの時点で「見送らせていただきます」となると思うので、これは入会審査通っているのかもしれません。

現時点では、メールでの結果案内はまだ届いていないのですが、なんだか大丈夫な気がします。

ただ、審査が通った人に届いたメールでは「2週間程度でお届けします」とあるのに、どうして書類が送付されるのか、という点は疑問に思ったのですが、仕組みはわかりました。

ぼくは引き落とし口座として「楽天銀行」の口座を指定したのですが、三井住友VISAカードの入会では、楽天銀行はオンラインでの口座登録に対応していないようです。
なので、このあと、ぼくが入力した口座情報が印刷された入会用紙が送られてきて、それに銀行印を押して返送、そこからカード発行、となるのではないかと予想しています。

最終的に、カードが無事発行されたかどうかの結果については分かり次第、追記したいと思います。

追記 2020.04.22
三井住友カードから郵送で「ご利用代金お支払口座」の申込用紙が届いたので、署名、捺印(楽天銀行なので「印なし」と記入)。本人確認用書類(2枚)を添付して、返送しました。

追記 2020.05.05
【Visa LINE Pay カード】ご入会審査結果のお知らせ
というタイトルで審査結果のメールが届きました。やはり審査自体は通過していたようです。

また、ウェブから確認できる審査状況の進捗も更新されていました。

追記 2020.05.25
5月14日に無事に VISA LINE Payカードを受け取ることができました。申込みからちょうど1ヶ月かかりました。時期的に大型連休やコロナ禍の影響で審査や発送が遅れたりしているようです。

ということで

申し込み後、審査結果がすぐ届かなかった人も、気長に待ってみると良いかもしれませんね。

なお、「Visa LINE Pay クレジットカード」自体は、4月20日以降、一般の申し込みも受付が始まる予定だそうです。

高還元のクレジットカードに興味がある方は、チェックしてみてください。

記事がよかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

「ねんざブログ」で家電のレビューやグルメ、旅行、ライフスタイルについて、自分が体験した情報を発信しています。きになる記事があれば、フォローやコメントなど、お気軽にどうぞ!

関連記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる