ネットショップの在庫を監視、自動注文できる「ShopDingDong(ショップディンドン)」。

ShopDingDong

スポンサーリンク

ニンテンドースイッチ、以前よりは買いやすくなってきたとは言え、まだまだ在庫薄が続いていますね。

いまだにオークションやフリマアプリで定価より高値で取引されたりして、定価で欲しい人がなかなか買えない状況が続いているようです。

たまにある再入荷の情報がSNSで「いまAmazonにスイッチ来てる!急げ!」みたいに流れてきて、急いでアクセスしたものの、すでに在庫切れ、なーんて経験をしたことがある方も多いかもしれませんね。

こういった人気商品を手に入れるのに便利なのが「ShopDindDong」というWindowsのフリーウェア。

ネットショップでの在庫を監視し、入荷があると通知してくれるだけでなく、設定すれば自動で注文まで完了してくれるんです。設定してほったらかしておくだけで。

ShopDingDong – ネットショップ自動注文・監視ツール

「ShopDindDong」を使うとこんな感じ。

ShopDingDongの使い方

インストールして起動するとこんな画面です。画面の下半分はブラウザ。対応しているネットショップは「オムニ7」、「楽天ブックス」「楽天市場」「amazon」。

ここでは画面上の検索窓から「楽天ブックス」を選んで「スプラトゥーン2セット」を検索してみました。

ShopDingDongの使い方

検索結果が表示されます。結果の一番上の「Nintendo Switch スプラトゥーン2セット」が欲しいのでクリックします。

ShopDingDongの使い方

商品の詳細画面に切り替わりました。在庫があれば、このページから商品をカートに入れて注文できるのですが見ての通り在庫なし。ここで画面左上に出ている「タスク登録:Nintendo Switch スプラトゥーン2セット」のボタンをクリックします。

ShopDingDongの使い方

すると、タスク登録の画面が出てきます。「成立条件」というところは価格不問、でも良いのですが「指定価格以下」にして定価を入力しておくと良いでしょう。というのはAmazonなどで定価以上で販売されているものを自動注文してしまうのを防ぐためです。

「インターバル」の項目は、在庫が入ったか見に行く間隔。デフォルトの1分で良いと思いますが、これはお好みで。当然5秒ごとにしたほうが購入できる確率は高くなると思いますが、パソコンの負荷も高そうな気もします。

「アクション」の項目は、指定価格以下の在庫が入った場合にどうするか、です。在庫が入ったメッセージを画面に表示したり、メールで通知したりもできますが、1分1秒を争う人気商品を狙っているなら、「全自動注文」1択でしょう。(全自動注文のための事前設定等は公式サイトをご確認ください。)

これでタスクを登録します。

ShopDingDongの使い方

登録されたタスクが、画面の上半分タスク一覧に追加されました。

ShopDingDongの使い方

タスクの巡回を開始させると、設定したインターバル(ここでは1分毎)に商品が入荷されたかどうか、確認しに行ってくれます。その時点で入荷があれば、自動で注文を行ってくれる、というわけです。

流れとしては、こんな感じ。

使い方や設定の詳細は、公式サイトに詳しく説明されているので、そちらを参考にするのが良いでしょう。

動画も提供されています。

本当に人気商品が買えるの?

さあ、この「ShopDingDong」でどんなことができるかは分かっても、本当に人気商品が買えるのかは疑問に感じる方が多いかもしれません。

ぼくは実際にこれまで、どうしても早く欲しいものがある時、こちらのソフトにお世話になっています。

最近だと「PSVR」「ニンテンドースイッチ」などの超人気商品も「ShopDingDong」経由で購入することができました。

狙った商品を確実に手に入れることができるかどうかというと、商品の人気や競争率、在庫の数などによると思うので、100%ではないでしょう。

しかし、パソコンで「ShopDingDong」を設定して放置しておくだけなので、使ったほうが欲しいものが手に入る確率は上がりますよね。

どうしてもすぐに欲しい!ってものだったら「ShopDingDong」を使いつつ、家電量販店の抽選販売に並んでも良いわけですし。

怪しいソフトじゃないの?

地道に店頭に行列したり、発売予定時刻にパソコンの前で待機してる方からしたら、こういうのを「ズルい」と感じたり、「そんなうまい話はない、信用できない」と思われる方もいると思います。自動注文するわけなので、ネットショップのID・パスワードを「ShopDingDong」のソフトに預けるわけですし。

公式サイトによれば、IDなどのデータは暗号化されてソフト内での注文に使用されるだけで、制作者に送信されたりするわけはないそうです。

利用者のデータを取得して悪用、といったリスクのあることなどしなくても、このソフトを使った人が注文を行うと、制作者にアフィリエイトの紹介料が入るメリットがあるわけですね。それでこういうソフトが無料で提供されているわけです。

こちらも詳しくは公式サイトをご参照頂くのが一番ですね。その上で利用するかどうか判断すると良いでしょう。

ということで

ネットショップで人気商品の在庫を監視して自動注文する「ShopDingDong」というフリーウェアの紹介でした。

残念ながらWindows版しかないようなので「スマホしか持っていない」、「Windows持っていない」、という方は、このページをブックマークして、Windowsを持っているお友達、ご両親などに相談してみてください。

「ShopDingDong」が気になった方は、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

ShopDingDong – ネットショップ自動注文・監視ツール

スポンサーリンク

twitterもやっています

更新情報などをつぶやいています。フォローしていただくと、フォロー返しに行きます。