「アベノミックス?なにそれおいしいの?」「甘さ控えめでそこそこおいしかったよ?」

横浜銘菓 アベノミックス 浦島太郎本舗帰宅途中、西武池袋線の池袋駅改札付近で気になるのぼりを発見。

「横浜銘菓 アベノミックス、、だと・・・?」

黒蜜と黄な粉をミックスしたお菓子らしいです。
ダジャレ好きとしては買わずにはいられません。

スポンサードリンク

勢いあまって買いすぎた

横浜銘菓 アベノミックス 浦島太郎本舗「これは、買うしかない!」とおもって「ひとつください!」といったら「1,200円です」といわれたのでさくっと購入して帰ったのですが、ちょっと高いよな。
なんと3箱セットになってました。どおりで1,200円もするわけだ。それに気がつかないほどダジャレ好きのおじさんのテンションが上がっていたということをお察しください。

さて、アベノミックス。

横浜銘菓 アベノミックス 浦島太郎本舗
横浜の、「浦島太郎本舗」さんが販売されているお菓子らしいです。
「安倍川草餅の黒蜜と黄な粉のミックス」と書いてあります。
あれ、ちょっとまて安倍川餅って静岡の安倍川の名物じゃなかったっけ。
アベノミックス、だし細けぇことは置いておきますか。

横浜銘菓 アベノミックス 浦島太郎本舗日経平均株価とかかいてある。

本家「アベノミクス」も学べる!

横浜銘菓 アベノミックス 浦島太郎本舗「アベノミクスとは・・・」「アベノミクスの3本の矢・・・」という解説がパッケージ側面にありました。勉強になりますね。

というか、今のぼくにの目の前には、「アベノミクスの3本の矢」ではなくて、「横浜銘菓アベノミックスが3箱」あるんですけどね、、どうしてくれようか・・・

アベノミックスをたべよう

横浜銘菓 アベノミックス 浦島太郎本舗とりあえずたべてみるかー、とパッケージを空けると、黄な粉がまぶされた草餅が10個はいっていました。
さあ、食べよう、とおもったら楊枝とかついていないことに気がついた。爪楊枝ついてたらありがたいなあ。
ということで、コンビニでもらった割箸から爪楊枝を抜きだすというライフハックを発動して、さっそく食べてみますよ!

横浜銘菓 アベノミックス 浦島太郎本舗こんな感じのひとくちでぱくっといけるサイズの、黄な粉をまぶした草餅です。

横浜銘菓 アベノミックス 浦島太郎本舗中には黒蜜がはいっています。

お、けっこうおいしいじゃないですか。ちょうどよい甘さ。
お茶請けにいいねいいね。

しかし、のこり2箱あるし、たべきれないなー。
欲しい方、先着2名まで差し上げますのでいってください。
賞味期限8月までです。

[browser-shot url=”http://www.urashimataro.net/top.php” width=”200″]