2015年、印象に残った記事をF.Ko-Ji先輩から書けといわれたので #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け

母ミナコ
スポンサーリンク
母ミナコ

ぼくは今でこそ、見た目に少しぽっちゃりしてしまっていて、まったくそんな風に思われないんですけど、小・中学校だと校内でトップくらいの俊足でした。

運動会では、いつも、リレーのアンカーを任されてました。

でも、手を激しく振りすぎたり、他のランナーを追い抜こうとして接触したりして、よくバトンは落としてました。

なので、バトンは得意じゃあないんです。


ですが、F.Ko-Jiの「一秒後は未来」のF.Ko-Ji先輩から、バトンが回ってきました。

リアルに同じ高校の1つ上のセンパイなので、逆らえません。(後半はウソです)

まわってきたバトンの「ハイパーリンクチャレンジ2015」というのは、こんな感じ。

・その年(前年12月〜本年11月)までに公開されたウェブコンテンツから印象に残った記事を2本だけピックアップする。1本は自らが執筆・制作に関わった記事、もう1本は他媒体で公開された記事とする。

・参加者はそれぞれの記事を選んだ理由を、ブログやSNS等にまとめて発表する。選考した理由もあることが望ましい。

・また、次にチャレンジを受けてもらいたい人物、印象に残った記事を聞いてみたい人物も2人〜3人程度指名する。なお、指名がなくとも、開催趣旨への理解があれば自発的な参加も歓迎する。

・記事制作後、次のハッシュタグを付けてTwitterにて報告ポストを投稿する → #HyperlinkChallenge2015 #孫まで届け

・ハッシュタグ「孫まで届け」には、いずれ日本のソーシャルヒーロー孫正義さんまで参加してくれたら嬉しい、孫の代まで読まれていきたい、参加していただいた方に“ソン”はさせない、という気持ちが込められている。

・投票は、12月20日を持って集計〆切とする。

今年、面白かったウェブコンテンツを自分が関わったものと、そうでないものを1本ずつ、合計2記事紹介してね、というもの。

サクっと紹介しましょう。

印象に残った記事 (他媒体)

他媒体部門については、この記事を選びました。

ぼくは仕事でwebデザインとかやるので、その延長で普段のツールを使って「LINEスタンプつくろっかなー」なんて考えたりもすることがあります。しかしながら、なんだかんだ言い訳してけっきょく作ることができていません。

こちらの記事の作者は、デザイナーの仕事をしているわけでもありません。しかし、iPhoneの無料アプリでLINEスタンプを作り、きちんと販売までもっていっているのがすごい。実際に行った作業手順もわかりやすく解説されています。参考にしてiPhoneでLINEスタンプ作った人もいるんじゃないでしょうかね。

実は、ぼくみたいに「LINEスタンプ作る作る詐欺」になっているひと、結構いるんじゃないかな、とおもいます。口だけじゃなくて実行することが大事、みたいなものを改めて痛感した記事でした。

高価なグラフィックソフトなんかよりも大事なのは、「やる気」と「行動力」!

ちなみにiPhoneの無料アプリで制作されたスタンプはこちら。

印象に残った記事 (自分が関わったもの)

自分が制作に携わったもの、ということで「ねんざブログ」の記事から選んだのがこちら。

「チラシお断り」をしてみた結果

元ネタの【買ってよかった】 686円のプレートで人生変わったお話 | IDEA*IDEAを読んで「チラシお断りプレート」が気になって、「本当にウチでも効果あるかな?」と思って、自分で確かめてみた検証記事。

実験に、延べ2ヶ月かかったということと、本当に2015年の「買ってよかった」アイテムになってくれたこともあって印象が強く、この記事を選びました。SNS(特にtwitter)での反応もけっこうありましたね。

ということで

次にバトンを回す人なのですが、誰にしようかなー。

「ドンッ」

「あっ」

「コロコロコロコロ・・・・」

「ポチャ」

あーーーーーーーーーーーーー

バトンが転がって川を流れてく・・・・

どうやら、20余年たった今でも、バトン落としグセは直ってないようです。

もし、お近くの川辺で流れ着いたバトンをみつけたら、どうぞご自由に拾って持って行ってください。

※12/11 追記

お、どうやら@odaijiさんのところに流れ着いてたようです。

明日やります

よろしくお願いしますね。

スポンサーリンク

twitterもやっています

更新情報などをつぶやいています。フォローしていただくと、フォロー返しに行きます。

母ミナコ