【AD】新しくできた「渋谷モディ」。5〜7Fに行ってみたら偶然の「出会い」があるかも!?

渋谷モディ
スポンサーリンク
この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。
渋谷MODI

2015年11月に旧「マルイシティ渋谷」が全館リニューアル。「渋谷モディ」という施設に生まれ変わってオープンしました。

今回、お誘いを頂いて、「渋谷モディ」のとある店舗にお邪魔してきましたよ!

店内の様子

さぁ、さっそくお店の中をお散歩。どんなものがあるんでしょうか。

渋谷モディ

味の決め手」として、料理のヒントになりそうな本や、スパイス類、食器なんかが並べてあります。

渋谷モディ

こちらはコーヒーのコーナー?ボトルやらカフェの本やら。

渋谷モディ

え・・・??メガネ売ってる・・・

渋谷モディ

ポップコーンメーカーワイン。しかも試飲ができるだと・・・?

なんだか色々な商品を販売しているこちらのお店。上記の写真はすべて1店舗の商品なんです。

いったい何のお店なのかというと・・・

「HMV&BOOKS TOKYO」

HMV&BOOKS TOKYO

11月19日にオープンした「HMV&BOOKS TOKYO」という、HMVの新形態のお店なのでした。

ぼくの中で「HMV」といえば、レコードからはじまり音楽CDやDVDなんかを中心に取り扱うお店のイメージです。

が、こちら「HMV&BOOKS TOKYO」は売り場面積的には本がメインでしょうか。音楽と本のコラボレーション、そしてそれらまつわる様々なグッズが販売される複合ショップになっています。

「マンガ」と「小説」が同じ棚にある

「HMV&BOOKS TOKYO」は、この「渋谷モディ」の5〜7階に売り場を構えています。5階は「世界の食と旅」、6階は「生きるヒント」、7階は「TOKYOカルチャー」というふうに、階ごとにテーマが決まっていて、そのテーマに沿った商品がディスプレイされています。

5階「世界の食と旅」

階ごとに大きなテーマが設定されていますが、そこから更にコーナーが分かれています。

こちらは「世界の旅と文学」。

世界の旅と文学

この写真は、ブリティッシュ・カルチャーの棚。ガイドブックだけでなく、歴史や音楽なんかもまとまって陳列してあります。ガイドブックを探しに来たはずが、めにとまったイギリスの音楽にも興味を惹かれたりと、偶然の発見がありそうです。

日本の旅

こちらは「日本の旅」の棚。奥には「インターナショナルミュージック」がありました。

026

」に間するコーナー。ただおいしく食べるだけでなく、「美しく見せる」本などとともに実際に食器やお鍋なども展示。モノがそばにおいてあると、実際に自分が使っているイメージが膨らんでついあれこれ買ってしまいそうです。冒頭の写真のワインの試飲もこの食のコーナーに有りました。

6階「生きるヒント」

6階のテーマは「生きるヒント」。

仕事

仕事」に関するコーナー。

「からだ」

からだ」コーナーには、美容、アウトドア、スポーツなど、からだに関する様々なジャンルの展示。

GoPro

「からだ」ということで、ウェラブルカメラの「GoPro」なんかでも売っていますよ。

男と女 | HMV&BOOKS TOKYO

男と女」には男女にまつわるあれこれな本やグッズが置かれています。

男と女 | HMV&BOOKS TOKYO

一般の書店ではマンガと小説がそもそも分けられて、「恋愛小説」と「恋愛マンガ」は別の棚に置いてあったりしますが、「HMV&BOOKS TOKYO」では「恋愛」というくくりで同じ棚に並んでいるそうです。さらには「恋愛映画」なんかも。

恋愛小説を買いに来た人が、近くに並べられてた恋愛映画に出会って衝撃を受ける、なんてこともこういうディスプレイだと起こりやすそうですね。そういったこれまでになかった「偶然の出会い」、「再発見」、みたいなのを提案してくれている気がします。

7階「TOKYOカルチャー」

7階のテーマは「TOKYOカルチャー」。コミックやポップミュージック、サブカルとか色々なTOKYOカルチャーが楽しめます。

POP CULTURE| HMV&BOOKS TOKYO

ポップカルチャー」に並ぶ、ジャパニーズポップ。訪問時、「しばじゅん」こと柴田淳さんのアートワーク展もありました。

EXILE TRIBE

「EXILE TRIBE」は中国語だと「EXILE一族」と書くのだなあ、というのが新鮮な発見でした。

ものづくり

「ものづくり」というコーナーに各種ツールキットが用意されていたり。

ものづくり

デザインやプログラミングも、「ものづくり」のひとつとしてカテゴライズされています。

ものづくり

来年発売予定のテレビゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』が「ものづくり」のコーナーに。ブロックを組んで世界を自由に組み立てていくゲームなので、たしかに「ものづくり」!他にLEGOなんかもありました。

大人の趣味 | HMV&BOOKS TOKYO

「大人の趣味」では「ダンディ」というジャンルがあったり

 タバコまで売っている| HMV&BOOKS TOKYO

タバコなんかまで販売していたりします。幅広いですねー。

店内のタブレットで検索もできる

さて、各階をブラブラとまわるだけで相当に楽しいですし、新しい発見もありそうですが、欲しいものが決まっている場合も、ピンポイントで商品を購入することもできます。

タブレットで検索できる | HMV&BOOKS TOKYO

商品名などの情報がわかっていれば、店内に設置されたタブレットで検索して探すことができます。検索して見つけることができたら、店内のどの棚のどの段に置いてあるかまで表示された紙をプリントアウトすることができます。フロアマップもプリントされているのが便利です。

日替わりの最新情報も

A Day in the life | HMV&BOOKS TOKYO

また、5Fの店舗入り口にあたる箇所には「A Day in the Life」というコーナーがあります。ここでは、新刊や話題作を揃えて毎日陳列を変えているそうなので、新しい、おもしろいものないかなー?って気軽に覗いてみたいときに寄ってみると良さそうです。

セルフレジにはあのアーティストが

普通のレジ | HMV&BOOKS TOKYO

さて、商品のお会計なんですが、このレジに並んでもいいのですが

セルフレジがある | HMV&BOOKS TOKYO

セルフレジ」、なるサービスが用意されていて、自分でお会計をすることができます。画面の案内に従って本をスキャンして、クレジットカードでお支払い。

セルフレジはパフュームが案内してくれる | HMV&BOOKS TOKYO

これ、豪華なのが画面操作時に「PUFFY」の二人が音声つきで案内してくれるんですよね。これはうれしいなー。

店内でイベントも

さて、「HMV&BOOKS TOKYO」ですが、買い物だけでなくイベントも楽しめるんだとか。

各フロアにはイベントスペースが準備され、トークショー、サイン会、ライブなど様々なイベントが開催されているそうです。

イベントスペースでイベントも| HMV&BOOKS TOKYO

今回の訪問時には、6階のスペースにて「”リアルショッピング”のこれから」というテーマでトークショーが行われていました。

イベントスペース(5F)

5階には小さめのイベントスペース。トークショーやワークショップやったりするみたいです。

ライブスペース| HMV&BOOKS TOKYO

7階にはライブとかも行えるような大きなイベントスペース。頑張れば200~300人くらいは収容できるみたいです。「何やるの?」ってイベント情報は以下のリンクよりチェックです!

HMV&BOOKS TOKYO オープニングイベント情報|販売トピックス

どんどん変わるので、また来たくなる

短い時間ではありましたが「HMV&BOOKS TOKYO」を訪問させていただきました。大型店舗なのでたくさんの本やグッズが揃ってるのはもちろん、独自の商品展示であたらしい発見が次々とあって、一日中ずっといても飽きなさそうで楽しいお店だなあ、と感じました。頻繁に陳列を変えていくそうなので、お店に行くたびに展示が変わっている、なんてのもワクワクしますよね。

あ、あれなにー。みてみて」みたいな感じでお店に訪れたカップルの会話も多く聞こえてきたので、デートスポットとかにも良さそうですよ。渋谷に訪れることがある方は、ぜひ遊びに行ってみてくださいね。思いがけない出会いが待っているかもしれませんよ。

HMV&BOOKS

スポンサーリンク

twitterもやっています

更新情報などをつぶやいています。フォローしていただくと、フォロー返しに行きます。

渋谷モディ