F-06Bのメニューの幅が広いと感じる人は…【F-06B レビュー】

スポンサーリンク


ケータイ会議6にてモニター中のF-06Bの設定についてのエントリーです。

F-06Bはタッチパネルが使いやすくなったようなのですが、デフォルトだとタッチに最適化されすぎていて、ちょっとどうにかしたいな、という部分がありました。

それは、電話帳や、3階層目移行のメニュー部分の幅(というか高さ)が広すぎる(というか高すぎる)ということです。
おそらく、幅をひろげてタッチがしやすいようにとの配慮だと思います。
実際にまちがって隣のメニューをタッチする、ということは少なくなっていると思います。

しかし、ぼくはF-06Bをタッチ以外で操作する場面もまだ多いんですよね。
特に、iモードサイトを見ているときののブックマーク一覧とかね。

「タッチで操作、便利だよー!」というのは分かっているのですがあと、タッチパネル以外の機能満載な部分に惹かれてF-06Bを購入した方も多いと思うのですよね。
そんな方のためにメニューの幅の変更方法をご紹介しておきます。


あらためて写真入りで紹介しておくと、メニュー幅はこんな感じです。


タッチで操作はやりやすいんですが、キー操作メインの方には幅広くて表示数が少なかったりするのがちょっと物足りなかったり。

ということで変更する設定は以下です。画面表示の項目ではないのでちとわかりにくいかもですね。

MENU→8→9→#→2 です。
こうすると、タッチパネルの入力方式が、デフォルトの1タッチ操作モードから2タッチ操作モードに変更できます。

すると、、、


▲ほら、こんなふうに見慣れた感じのメニュー幅となるのですよ。


▲もちろんブックマークや電話帳も変わりますよ。

これは表示方法変わっていますがそもそもタッチ操作入力方式の設定変更なのでタッチ操作についても変更となるのは注意が必要です。

タッチ操作のモードについてかるく説明しておくと、デフォルトの1タッチ操作モードとは、1タッチ目で項目決定する方式で、iPhoneとかと同じですね。
今回F-06Bで初採用された操作方法。
これまでのFケータイのタッチパネルは、そもそも2タッチ操作モードのみでした。
2タッチ操作とは、まずタップで項目を選択し、もう一回タップすることで項目を決定する方式です。
タッチ操作については、1タッチ操作モードの方が使いやすいです。

なので、メニュー幅を変更すると1タッチ操作モードの恩恵を受けられなくなりますが、タッチあまりつかわないなあ、という人は2タッチ操作モードに変更しておいたほうが幸せになれるかもしれませんね。

▼まとめサイト、他の参加者のレビューもあわせてどーぞ!
F-06B/F-07B/F-08B 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイト
F-06B/F-07B/F-08B 最新Fケータイブロガー徹底レビューまとめサイトへ

スポンサーリンク

twitterもやっています

更新情報などをつぶやいています。フォローしていただくと、フォロー返しに行きます。

3 件のコメント

  • 幅が狭くすっごくイライラし、機種変したことを後悔していたのですが、この記事のおかげで助かりました!ありがとうございます!

  • >あきさん

    コメントありがとうございます。
    幅が広いのは、タッチパネルでは使いやすいんですけどね。
    記事を書いた甲斐がありました。
    お役に立てて良かったです