iPad mini (第6世代) と同時に購入したアクセサリー。

2021年9月15日に、Appleのイベントで新しい「iPad mini」(第6世代)が発表されましたね。

本体サイズは従来のiPad mini とあまり変わりませんが、ディスプレイがフルスクリーンになり、これまでより少し縦長な画面になったみたいです。以前は、4:3 のアスペクト比でしたが、今回は、4:2.6 くらいの比率でしょうか。

同イベントで発表されたiPhone 13 と同様のA15 Bionicチップが搭載されていたり、電源ボタンにTouch IDがついていたり、USB-C対応になったり、Apple Pencil(第2世代)が使えるようになって、かつ価格もリーズナブルということで気になっている方や、もう予約したよ、って方も多そうですね。

ぼくも元より今回 新型の iPad mini が 発表になったら買いたいと思っていたので、さっそく予約しました。

普段から持ち出して使いたいのでSIMを入れて使えるセルラーモデル、データはそんなに保存しないので64GBの物を選びました。カラーは上品なゴールドっぽい「スターライト」。

目次

iPad mini にあわせて注文したもの

カバー・ケース

Apple純正の「iPad mini用Smart Folio」を購入しました。サイドはがら空きですが、全面と背面を保護してくれるカバーです。スタンドにもなります。

昔は「風呂のフタ」なんて言われてた気がするけど、最近はあまり聞かなくなったような気も。

以前のモデルでも使ったことがあるので、ものは良いのはわかっているんですが、純正品、高いですね。7,480円(税込)です。

過去に使ってみて安価なわりに良かったのはESRというメーカーのケース。これだと、1/5 くらいの金額で買えちゃいますが、今回は勢いで純正のをポチりました。

保護フイルム・ガラス

画面保護用のフイルムは、ミヤビックスさんのを注文しました。以前に、Apple Pencil での書き心地を向上する「ペーパーライクフイルム」のサンプルを提供して頂いたことがあるのですが、それが良かったので、今回もミヤビックスさんのを選んでみました。

あわせて読みたい
紙のような描き心地。「ペーパーライクフイルム」をiPadに貼ると絵を描きたくなる 去年、11インチのiPad Pro(2018)とApple Pencilを購入、毎日のように使っています。 自宅で使うことがメインなので特に保護フイルム的なものは貼っていなかったのですが...

今回のiPad mini(第6世代)でも Apple Pencil を使う機会はあるとはおもいますが、iPad Pro ほどは使わないだろうということで、傷や指紋が付きづらく、かつ画面が見やすそうなこちらの商品にしてみました。

あれ、なんかもっと色々買った気がしたけど、ケースとフイルムだけでしたね。

Apple Pencil・・・は持ってた

ぼくは、Apple Pencil はすでに持っているのですが、今回、iPad mini の購入と合わせて、Apple Pencil を購入される方もいそうですね。

Apple(アップル)
¥15,286 (2021/09/23 12:14時点 | Amazon調べ)

書き心地は良いとはおもいますが、買ってみたものの実際はそれほど活用しなかったみたいな話も聞くので、廉価なスタイラス・タッチペンから入門して、物足りなく感じたらステップアップしていくのも良いかもしれません。

iPad mini (第6世代)、使い倒します。

発表後、すぐに注文したので予定通り発売日の9月24日には、iPad mini が自宅へ届く見込みです。

iPad mini のサイズ感は、コンテンツを楽しむのにぴったりなのは、以前のモデルを使った経験からわかっていますが、最新のモデルでどれだけ進化しているか、実際に使ってみるのが楽しみです。

電子書籍、特にマンガを読むのに活用しようかな、と思います。

記事がよかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

「ねんざブログ」で家電のレビューやグルメ、旅行、ライフスタイルについて、自分が体験した情報を発信しています。きになる記事があれば、フォローやコメントなど、お気軽にどうぞ!

「ねんざB」というハンドルネームの由来はこちら

関連記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる