「AirPods Pro」、チリチリ、パチパチ音がするから無償で交換してもらった

AirPods Pro

1年ほど使ってきたAppleのノイズキャンセリング機能付きワイヤレスイヤフォン「AirPods Pro」。

今年の夏頃からでしょうか、なんか異音がするようになってしまい、ちょっと困っていました。

Apple(アップル)
¥30,580 (2021/05/12 07:10:29時点 Amazon調べ-詳細)

電車に乗っているときなんか顕著で、「チリチリ」、といった音がするんです。歩いているときや、装着して首を振ったレベルでもなんか変な音がする。風切り音ではない、「チリチリ」、「パチパチ」、「シャリシャリ」といった感じの音。我慢できなくはないけど、気になりだすととまらない。

どうも同様の現象はすでに不具合として確認されているようで、Appleは正式に「AirPods Pro の音の問題に対する修理サービスプログラム」を行っています。


Apple Store や提携しているサービスプロバイダに持ち込むこともできるのですが、店舗に行くのが面倒だったのでAppleのチャットサポートへ連絡してみました。この記事は、そのレポートみたいなものです。

目次

家にいながらサクッとチャットサポート。

チャットのサポートは1分も経たずに接続。チャットは前述の修理サービスプログラムのページ下部にリンクがあるのでそこから行くといいです。

オペレーターの方からいろいろと問診を受け、無償交換?として対応してもらいました。

たぶん無償交換になるなあ、とは思っていましたが「AirPods Pro」のリセットなど、ひととおり自宅で試せることを案内してもらって、実際に試してダメだったため交換となりました。

チャット自体はさくさく対応していただいたのも良かったですし、終了後には会話のログをダウンロードできるのも便利だなあ、と思いました。

無償交換だけど、クレカで支払いが必要。

一応、「無償交換」にはなっていますが、一時的にクレジットカードでの支払い(?)が発生しています。

メールで送られてきたURLで支払いに使うカード番号などを登録する必要があります。

AirPods Pro、片側だけの金額は10,780円で、両耳で21,560円のショッピング利用枠は必要になります。

支払いが発生するのは、商品の交換に際し、先行してAppleから新しい交換品の「AirPods Pro」を発送するためです。

商品受取時に不具合のある「AirPods Pro」を配送業者の方に引き渡し、返送。不具合品がAppleに到着して確認できたら、カードの請求がキャンセルされる、というフローみたいです。

交換品を先渡しするしくみなので、まあ仕方ないですよね。

クレジットカードでなくてデビットカードだと一時的にお金が引き落とされるので、クレジットカードのほうが実際のお金の動きがなくて良さそうですね。(そもそもデビットカードが交換対応で使えるかどうか分かりませんが。)

なお、今回の件は、リコールみたいなもので「AppleCare +」に加入していなくても該当のものは無償になると思います。ぼくもこの「AirPods Pro」に関しては、AppleCare + はつけていませんでした。また購入は2019年11月で、サポートへの連絡は購入後1年以上経過している製品です。

交換品、めちゃくちゃはやく届いた!

チャットでサポートに相談したのが、12月16日のお昼12時頃。

翌日、午前10時過ぎにはクロネコヤマトさん(の提携業者かな?)が、交換品を届けてくれました。連絡から24時間経たずに新しい「AirPods Pro」を手に入れることができました。

交換品は、こんな感じの箱に入っていました。片耳ずつの配送で2梱包。

で、この同じ箱に不具合のある「AirPods Pro」を入れて、その場で配達員の方に預けました。

伝票とかは持ってきてくれたので、記入の必要もなく、箱に「AirPods Pro」を入れて送り返しました。

引き渡すのは、イヤホンだけで充電ケースは交換対象ではありません。また、イヤーピースも送ってしまうと戻ってこないので外してから渡す必要があります。

ぼくは寝起きであわてて対応したので、不具合品を上の写真みたいにそのまま入れて送り返してしまったのですが。

交換品はこういう箱に入って梱包されていたので、これに不具合の品を入れて返送すればよかったですね。なお、交換品にもMサイズのイヤーピースが装着してあったので、イヤーピースのストックが1組増えました(笑)。

ぼくの場合はヤマトさんに2〜3分だけ待ってもらって、その場で返送手続きをしました。

が、Appleからのメールには12月31日までに返送してください、ということなので、後日ゆっくりと発送するのでも良かったっぽいです。その場合は、返送伝票を受け取って集荷を依頼するのことになるのかな。

受け取りから10日以内にAppleに届くよう返却すればOKみたいです。

交換した「AirPods Pro」、動作は良好。

交換したもので、症状が改善してなかったらどうしようと多少の不安はあったのですが、問題ありませんでした。

新しく届いた「AirPods Pro」、チリチリ、パチパチ音がばっちりなくなっていました。

ちょうど、シンガーソングライター「イナダミホ」さんの新しいCDが届いたところなので、新しい「AirPods Pro」を使って聴きながら、いまこのブログを書いています。イナダさんの音楽、楽しく、元気になれますよ。

「AirPods Pro」、不具合かな?とおもったら

さっさとAppleに相談してみましょう。近くのアップルストアに持ち込める人はそれが早いかもしれないし、チャットで連絡しての交換対応もかなりスムーズでした。

使っている「AirPods Pro」、なんかおかしいな、と思ったら、以下のサポートプログラムを確認して、必要があれば相談して交換してもらうといいと思います。

記事がよかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

「ねんざブログ」で家電のレビューやグルメ、旅行、ライフスタイルについて、自分が体験した情報を発信しています。きになる記事があれば、フォローやコメントなど、お気軽にどうぞ!

「ねんざB」というハンドルネームの由来はこちら

関連記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる