iOSアプリで「アップデート」が出てこない場合の対処方法

iPhoneやiPadのアプリを利用しようとすると、アプリの「アップデート」をしないとゲームやサービスが利用できない場合があります。

しかし、AppStoreを立ち上げてアプリの「アップデート」をしようにも、「アップデート」ボタンが出てこず「開く」ボタンしかなくて困った、という現象にときどき遭遇します。

「アップデート」があるはずなのに「開く」のボタンしか出てこない。

「アップデート」があるはずなのに「開く」のボタンしか出てこない。

そんな場合の対処法です。

目次

「AppStore」の「アップデート」タブを表示

「AppStore」の下の方にあるタブから「アップデート」を開きましょう。困ってこのブログにたどりついた方は、もう開いているかもしれませんが。

AppStore

こんな感じでアプリの一覧が表示される。アップデートがあるアプリは右側に「アップデート」ボタンが表示される。

これで、アップデートしたいアプリの右側に「アップデート」とボタンがあれば、それをタップしてアップデートしちゃいましょう。

でも

ここに「開く」ボタンしか出てこないから困っているんだよ!

という方も多いかもしれません。その場合は、こう!

一覧画面を下に引っ張る

一覧は上から下に引っ張ると、更新できる。

上から下に引っ張ると、このアプリの一覧が更新できるんです。

無事に「アップデート」ボタンが表示されるようになりました。

無事に「アップデート」ボタンが表示されるようになりました。

これで解決!

「アップデート」ボタンが表示されない場合は

AppStoreの「アップデート」タブから、画面を下に引っ張り、一覧を更新してみましょう。たぶん、解決するはずです。

記事がよかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

「ねんざブログ」で家電のレビューやグルメ、旅行、ライフスタイルについて、自分が体験した情報を発信しています。きになる記事があれば、フォローやコメントなど、お気軽にどうぞ!

「ねんざB」というハンドルネームの由来はこちら

関連記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる