【iPhone】「AppleCare」に加入せず、アメックスの「ショッピング・プロテクション・ワイド」(年額5,000円)を頼るのはアリ?

iPhone、iPad、MacなどのApple製品を購入する場合、保証とテクニカルサポートが2年間に延長させる「AppleCare+」のサービスにも同時に加入する方も多いと思います。

Apple のハードウェア、破損や故障で修理する際、けっこうな料金がかかりますからね。「AppleCare+」に加入している期間(2年間)であれば、自然故障は無料、画面の破損などでも割安で修理を受けることができます。

例えば、「iPhone 12 Pro」について「AppleCare」+の盗難・紛失プランは27,280円(税込)。
加入していない場合の画面破損の修理は33,440円(税込)ですが、加入時は3,700円(税込)に修理費を抑えられます。

しかし、「AppleCare+」に加入する料金自体、安くはないですよね。万が一のときに備えて、保険はかけておきたいけれども費用は抑えたい・・・。

そこで、ぼくが目をつけたのはクレジットカードの「アメリカン・エキスプレス」の「ショッピング・プロテクション®・ワイド」です。アメックスのカード持ってる方は、これを利用するのもアリかもしれませんよ。

目次

アメリカン・エキスプレスの「ショッピング・プロテクション®・ワイド」とは

「ショッピング・プロテクション®・ワイド」は、アメックスの有料の保険サービスです。アメックスのカードで購入した商品の破損や盗難が起こった際の修理代なども、最終的な自己負担額が0円になります。

保険料は、年間保証限度額が200万円 or 500万円の2プランがあり、それぞれ年間保険料が5,000円、12,000円です。(実際にぼくも5,000円のプラン1に加入しています。)

動産総合保険 ショッピング・プロテクションワイド – クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス) より

上記のようにぶつかられてタブレットが壊れた、とかバッグが置き引きにあったとかとかでも保証してくれて、年間保険料が5,000円〜なので、これはいいぞ、と加入しているわけです。

で、もちろんiPhoneをアメックスのカードで購入した場合も「ショッピング・プロテクション®・ワイド」の補償の対象になるため、「AppleCare+」に加入せずにこちらを使うのも良いのではないか?と考えたわけです。

無料の「ショッピング・プロテクション®」は購入後90日間&免責1万円。

実はアメックスのカードは、最初から「ショッピング・プロテクション®」という保険がついており、購入日から90日以内であれば、破損や盗難等の被害の損害を補償してくれるんです。

「ショッピング・プロテクション®・ワイド」は、この「ショッピング・プロテクション®」の期間が切れた購入後91日目〜365日目までを補償してくれる延長プログラムですね。

無料の「ショッピング・プロテクション®」については、免責金額1万円となっており、1回の事故につき1万円は自己負担が必要です。例えば、修理代金3万円かかった場合は、1万円は自己負担で2万円分が保険で補償されます。

有料の「ショッピング・プロテクション®・ワイド」に切り替えると、この1万円の免責はなく、最終的な自己負担額は0円となります。

「AppleCare+」と「ショッピング・プロテクション®・ワイド」を比較

AppleCare+ for iPhone 12 Pro
(盗難・紛失プラン)
アメリカン・エキスプレス「ショッピング・プロテクション®・ワイド」
  • 補償期間 デバイス購入日から2年間
  • 2年間で33,440円(税込)。
  • 購入したiPhoneのみが対象
  • 加入中、Appleのテクニカルサポートが受けられる
  • 過失や事故による損傷だけでなく自然故障も対象。
  • 修理費用などが割安となる
  • 補償期間 購入日91日目〜365日目まで(90日目までは無料のショッピング・プロテクションで補償)
  • 年額5,000円
  • アメックスのカードで購入した商品すべてが対象(自動車、ボートなど適用対象外あり)
  • Appleのテクニカルサポートは購入後90日まで。
  • (おそらく)自然故障は適用対象外
  • Appleへの修理費用自体は割り引かれない。後日全額補償される。
  • 補償を受けるために電話や書類での手続きが必要

それぞれ、AppleCare製品 – iPhone – Apple(日本) および 動産総合保険 ショッピング・プロテクション®・ワイド – クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス) を参考にまとめています。(違うんじゃないか?と思った場合はリンク先などでチェックしてみてください。)

2つを比べてみると、保険としての料金はアメックスの「ショッピング・プロテクション®・ワイド」が5,000円で済むので良さそうだなと感じました。iPhoneを毎年買い換えるとしても2年で1万円です。

ただ、前述したように購入後90日目までは「ショッピング・プロテクション®」が適用されるため、iPhoneは保険の対象外となるので注意が必要ですね。落下時の被害は最小限に抑えるため、ケースと画面保護ガラスの使用は必須でしょう。

また、「ショッピング・プロテクション®・ワイド」の場合は、商品に事故が起こった場合の保険なので、ヘルプデスクへ事故の連絡が必要だったり、保険金を請求するために提出書類が必要になったりする、という手間があります。

「偶然な外来の事故によらない電気的または機械的事故による損害」も保険適用対象外とあるので、見た目にはわからないけど電源が入らないみたいな自然故障だと保険の対象にならない可能性があります。が、自然故障の場合は購入後1年以内はそもそもメーカー保証で無償対応してもらえますからね。

結論

今回、調べてみての結論ですが、やはり新しいiPhoneを購入時の初期費用を抑えたいので、ぼく自身は「AppleCare+」には加入せずに保護ケースと保護ガラスでしのぎ、万が一の際は「ショッピング・プロテクション®・ワイド」で保険金を請求しようかな、と思いました。

iPhoneを毎年買い換える人で、アメックスのカードを持っている人は、年額5,000円の「ショッピング・プロテクション®・ワイド」を利用するのはアリだと思います。iPhoneだけでなく、他のすべての買い物にも保険適用されるので、カードで家電などをよく購入される方には特にオススメです。

事故が起こった際の保険金の請求などが面倒に感じる方や、iPhoneを1年以上使う方は、あまり考えずに「AppleCare+」利用がラクな気がしますね。

記事がよかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

「ねんざブログ」で家電のレビューやグルメ、旅行、ライフスタイルについて、自分が体験した情報を発信しています。きになる記事があれば、フォローやコメントなど、お気軽にどうぞ!

関連記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる