雑記

破れた椅子のシート、自分で補修したら500円で済みました。

破れた椅子のシート、自分で補修したら安上がりでした。

最近、自宅の作業用デスクの周りに、謎のごみがやたら落ちてるんです。

破れた椅子のシート、自分で補修したら安上がりでした。

こんな感じの切れっ端。

なんだろうなあ、と二週間くらい、疑問に思っていたのですがやっと判明しました。

謎のごみの正体

破れた椅子のシート、自分で補修したら安上がりでした。

愛用している椅子のシート(合成皮革)部分が、ぼろぼろになって剥がれ落ちてたんです。

破れた椅子のシート、自分で補修したら安上がりでした。

こんな感じに破れてたり

破れた椅子のシート、自分で補修したら安上がりでした。

こういう傷みもチラホラと。

ちなみに愛用している椅子は「AKRACING」というブランドのゲーミングチェア。

エーケーレーシング(Akracing)
¥44,033
(2019/12/13 23:47:02時点 Amazon調べ-詳細)

AKRacing
まるでスポーツカーのシート!「AKRacing」NITRO ゲーミングチェアが届いた!自宅のデスクでは、前回の引越時にIKEAで8,000円くらいで購入した椅子を使っていました。5年くらい使ってるので、シートもペッタンコで...

かれこれ、5年ほど毎日使ってきたので、まあ傷みもありますよね。

ゴミが散らかるのを防ぎたい

破れていても座り心地には問題ないのだけれども、ごみがポロポロ出るのは嫌だなあ。ガムテープとか貼ったらいいのかなあ。

なんて思ってAmazonで検索したら、良さげなものを見つけました。合皮の補修シートです。

キャプテン(CAPTAIN)
¥980
(2019/12/13 23:47:03時点 Amazon調べ-詳細)

「CAPTAIN88 合皮の補修シート」

これだったら、ぼくでもカンタンに補修できそうだし、ガムテープ貼るよりは見栄えがいいかな、と思って注文。

破れた椅子のシート、自分で補修したら安上がりでした。

さっそく届きました。1枚518円なり。(購入時点の価格。)

破れた椅子のシート、自分で補修したら安上がりでした。

ソファーとか、バイクのシートとか、いろいろな補修に使えるようです。茶色とか何色かのカラーバリエーションがありましたが、椅子に合わせてブラックをチョイス。

破れた椅子のシート、自分で補修したら安上がりでした。こんな感じのシートが入っていました。

破れた椅子のシート、自分で補修したら安上がりでした。

適当な大きさにハサミでカットして、剥がして貼るだけ。超カンタン!

破れた椅子のシート、自分で補修したら安上がりでした。

元のシートとは質感は違いますが、まあ茶色のガムテープとか緑の養生テープとか貼るよりはマシかなあ。

破れた椅子のシート、自分で補修したら安上がりでした。

全部で三箇所貼りました。11cm×20cmのシートを買ったのですが、半分も使わなかったので、また破れが発生しても対応できそうです。

CAPTAIN88、意外と良かった

実際に、補修して一週間くらい使っていますが、貼ったシートの端が剥がれる、ということもなくしっかりと粘着されています。

見た目はちょっとツギハギっぽいですが、作業時に目にする部分ではないのでこれで十分。500円程度で補修できてよかったです!

キャプテン(CAPTAIN)
¥980
(2019/12/13 23:47:03時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
ねんざB
ねんざB
「ねんざブログ」で家電のレビューやグルメ、旅行、ライフスタイルについて、自分が体験した情報を発信しています。きになる記事があれば、フォローやコメントなど、お気軽にどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA