家電

【AD】せまい部屋でも迫力の映画が楽しめた! 短焦点プロジェクター BenQ HT3550

BenQ 4K・HDR対応 短焦点プロジェクター HT3550 試用レポート

BenQさんから、5月末に発売となった4K/HDR対応ホームシネマプロジェクターの新製品「HT3550」をお借りし、使わせていただきました!

2.5mの距離で約100インチの大画面映像を4K解像度で映し出すことができる、短焦点プロジェクターです。

ベンキュージャパン
¥194,800
(2019/09/17 02:01:53時点 Amazon調べ-詳細)

数日間ですが、自宅であれこれ楽しませていただいたのですが、どんな感じで使ったか、レポートします。

レビューズモニター参加中

BenQ「HT3550」はこんな製品

BenQ ホームシネマプロジェクター HT3550

こちらが今回お借りしたホームシネマプロジェクター「HT3550」です。シンプルな見た目がかっこいい。

BenQ ホームシネマプロジェクター HT3550

4K・HDR対応のDLP方式のプロジェクターです。

本体サイズは、380 mm (W) x 127 mm (H) x 263 mm (D) 、とスペックの割にはコンパクトな印象。4Kプロジェクターってもっと大きいもんかな、と思っていたので意外。

BenQ ホームシネマプロジェクター HT3550

背面にはこんな感じで入出力端子が並んでいます。HDMIが2系統。Type AのUSBも2系統。(USB2.0 ×1、USB 3.0 ×1)。

BenQ ホームシネマプロジェクター HT3550今回、ぼくは主にAmazonの「Fire TV Stick 4K」をつかって動画を楽しんだんですが、HDMIに「Fire TV Stick 4K」を接続しつつ、USB2.0の端子から給電もできるので使いやすかったです。「Fire TV Stick 4K」用のACアダプタが不要。

また、この本体背面がネット状の見た目でスピーカーっぽいなと思っていたら、やっぱりここにスピーカーがありました。5Wの出力のスピーカーが2基ついていて、けっこう音がいいです。

外部スピーカーも接続できますが、プロジェクター本体だけでもなかなかの迫力のある音で楽しめます。

実際に設置してみた

BenQ HT3550

ぼくが普段生活している、1LDKのリビングなんですが、40インチのテレビを置いていて、これでテレビ番組を見たり、PS4やSwitchのゲームで遊んだりしています。テレビの画面サイズにはそこそこ満足しています。

BenQ HT3550

で、テレビを一時撤去して、今回は「HT3550」を設置してみました。

こんな感じで設置すると、投影される壁との距離は約1.2メートルくらいでしょうか。投影サイズがちょうど50インチくらいとなりました。

BenQのHT3550図はメーカーページから拝借。約3メートル先に120インチを投影可能。

なるほど短焦点のプロジェクターなので、壁までこれくらいしか距離がなくてもこのサイズで投影できるんですね。

 

BenQ HT3550

もうちょっと距離をとったら、65インチくらいになり、さらに迫力が増してきました。すごい。

BenQ HT3550

別の位置に配置すると、2.5mくらいの距離で部屋の中に100インチの大画面が爆誕しました。この写真だと扉に投影されているのでガタガタになっていますが、上から吊り下げるタイプの専用スクリーンなんか設置すると、かなりいい感じで楽しめそう。

寝室に持っていってみた

せっかくなのでリビング以外でも楽しんでみよう、と、隣の部屋へ移動。

BenQ HT3550

先程、映像を投影していた扉を開けて、すぐとなり、寝室として使っている部屋へ。

BenQ HT3550

とりあえず、こんな感じでベッドの横に「HT3550」を設置してみました。

BenQ HT355040インチくらいのサイズで楽しめるようになりました。映画なんかを観ながらそのまま寝てしまえるの最高。

BenQ HT3550ベッドを寄せている側の壁の方が広いので、そちらに投影したところ。

BenQ HT3550※映っているのはFire TVのスクリーンセーバーです

うわ、やっぱり大きいとかなりホームシアター感が増しますね。寝室に約100インチの大迫力のホームシアターが誕生しました。こりゃあいい。

BenQ HT3550

Fire TV Stick 4K」で、AmazonのPrime Videoが捗ります。4K解像度で配信されている作品も増えてきましたね。Netflixとかその他動画配信サービスも利用できるので、観る作品には困らなそう。

Amazon Prime ビデオで Ultra HD解像度の映画を鑑賞

HT3550」は4Kの解像度に対応しているので、Prime Videoの「Ultra HD」のサイズで出力できます。細部の描写も実感でき、めっちゃキレイ。

BenQのHT3550

HDR機能をオンにすれば、暗い映像でも細部がはっきりわかり、超臨場感があります。

大画面のゲームも楽しい!

プロジェクターを家の中のあちこちで試すのに便利だ、とコンパクトな「Fire TV Stick 4K」メインで使ってましたが、こうなってくるとゲーム機も試したくなってきました。調子に乗ってきました。

Switchでゼルダの伝説※映像にはぼかしを入れています。実際は明瞭なゲーム画面です。

ニンテンドースイッチを接続し、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」。

元々広大でリアルなハイラルの世界が、より広く、リアルなものに感じます。この大きなサイズのリンクを操って駆け回るのは、没入感がやばい!

PS4 Proのドラゴンクエスト11※映像にはぼかしを入れています。実際は明瞭なゲーム画面です。

更に調子に乗って「PlayStation 4 Pro」を接続。

「PS4 Pro ENHANCED」に対応したゲームは映像が疑似4Kで描画され、100インチでめちゃくちゃきれいで迫力のあるゲームが楽しめました。臨場感たっぷりで、楽しい!いや、これは体験しちゃうと後戻りできない気もしてきたぞ・・・。

ということで

BenQのホームシネマプロジェクター「HT3550」をお借りし、映画やゲームを楽しませてもらいました。

そんなに部屋が広くなく、最長で2.5メートルくらいしか投影スペースが確保できなかったのですが、短焦点の「HT3550」では100インチの大画面で高画質な映像が楽しめてとても良かったです。

自宅にホームシアターが欲しいけど部屋がせまくて・・・なんて方にも、BenQの「HT3550」、オススメです。大活躍してくれそうですよ。

ベンキュージャパン
¥194,800
(2019/09/17 02:01:53時点 Amazon調べ-詳細)

今回の「HT3550」ほか、BenQ製品に興味のある方は、以下のアンバサダープログラムもチェックしてみてください。

「BenQアンバサダープログラム」 について

BenQアンバサダー・プログラム

「BenQ」の新製品に関する情報や、アンバサダー限定のイベントやモニター企画などの情報をいち早く受け取れる「BenQアンバサダープログラム」というのがあります。興味がある方は、こちらも以下よりチェックしてみてください。

ABOUT ME
ねんざB
ねんざB
「ねんざブログ」で家電のレビューやグルメ、旅行、ライフスタイルについて、自分が体験した情報を発信しています。きになる記事があれば、フォローやコメントなど、お気軽にどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA