Mac

macOS Mojaveにしたら「写真 app」で「スペースバー」のショートカットが効かなくなった!?

「写真 app」のショートカット

macOSをバージョンアップして「Mojave(モハベ)」にしました。

現時点でのOSのバージョンは、10.14。

ちょくちょく不具合を感じている点があるのですが、「写真 app」のショートカットのいくつかが使えなくなってしまっていて、困っています。

一番困っているのは、写真を表示する時に「スペースバー」を押すと、その写真が表示できたのですが、それができなくなりました。

「写真 app」のショートカット

いままではこのように写真を選んだ状態からスペースを押すと

「写真 app」のショートカット

こんな感じで選択した写真が表示できていました。

しかし、現在は、スペースバーを押しても「ピ〜ン」とエラー音が出て、何も起こりません。

Appleのサポートには「ショートカット」として紹介されている

Mac の「写真」のキーボードショートカット – Apple サポート

こちらのAppleのサポートページを見ても

「写真 app」のショートカット

表示するにはサムネールを「ダブルクリック」か「スペースバー」と、記載されているのですが、「スペースバー」では動作しません。

Appleに相談だ!

ということで、チャットでAppleのサポートに聞いてみたところ・・・・。

仕様変更でショートカットが変更になった

ということが判明しました。

「写真 app」で写真を表示するには、「スペース」ではなく「リターン」で、写真が表示できるように仕様が変わっているそうです。

Mac の「写真」のキーボードショートカット – Apple サポート

このサポートページについては、更新が追いついてないだけなんだだそうです。

いままで通り、Finderライクに使いたかった

MacのFinderには、ファイルを選択した状態で「スペース」を押すと、写真でも動画でもテキストでも、なんならOfficeのファイルでも中身がプレビューされ、さらに再生までできたりする「クイックルック」という超便利な機能があります。

「写真 app」の写真のファイルをスペースバーで表示するのは、Finderにおけるその操作と同じ感覚で使っていたので、「リターン」で表示するのは、違和感があるというか、慣れないというか、しっくりきていません。

「写真 app」のショートカット

要望としては、以前のように「スペース」で利用できるようにしてほしい、とAppleのサポートに伝えて終わりましたが、難しいかもしれませんね。

なお、この他にもこれまでように使えないショートカットがあるみたいですが、一番困った「スペースバー」について今回は確認してみました。

ということで

macOS Mojaveの「写真 app」で、写真をショートカットで表示する場合は「スペース」ではなく、「リターン」に変更になっているので、ご注意ください、というお話でした。

今後もまた仕様変更されるかもしれないということでしたが、2018年10月時点ではそういう仕様なようです。

困ってた方、ご参考までに。

ABOUT ME
ねんざB
ねんざB
「ねんざブログ」で家電のレビューやグルメ、旅行、ライフスタイルについて、自分が体験した情報を発信しています。きになる記事があれば、フォローやコメントなど、お気軽にどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA