Mac

【レビュー】USB Type-Cのみの「MacBook Pro」全ユーザーにオススメ。SATECHIの全部入りアダプターが便利。 #satechi #apple

Satechi アルミニウム Type-C マルチメディアアダプター レビュー

ぼくは普段、2017年モデルの「MacBook Pro」を使っているんですが、拡張ポートが「Thunderbolt 3 (USB-C)」しかないのはちょっと不便。以前のモデルではSDカードリーダーも、ディスプレイを接続するHDMIポートも、USB Type-Aポートも搭載されていました。

Satechi アルミニウム Type-C マルチメディアアダプター レビューMacBook Pro(2017)は、拡張ポートがThunderbolt 3(USB Type-C)のみ。

そんな「MacBook Pro」には必須、ともいえるのが、各種機器を接続できるマルチメディアアダプター。

Satechi アルミニウム Type-C マルチメディアアダプター レビュー

1つあれば、HDMIでディスプレイも接続できるし、これまで使っていたUSB Type-Aの機器も接続できるし、SDカードだって読み取れちゃいます。

今回、Apple向け製品などを手がけるSATECHI社(本社はカリフォルニア、サンディエゴ)から、「アルミニウム Type-C マルチメディアアダプター」を1台ご提供いただき、しばらく使ってみました。

ということで、レビューをお届けします。

スッキリとしてMacに合うデザイン

Satechi アルミニウム Type-C マルチメディアアダプター レビュー

こちらがSATECHI アルミニウム Type-C マルチメディアアダプターです。

Satechi アルミニウム Type-C マルチメディアアダプター レビュー

カラーバリエーションとしては、MacBook Proのカラーリングに合わせてでしょうか、「シルバー」と「スペースグレイ」の2種類があります。ぼくは自分のMacBook Proに合わせて「スペースグレー」を選びました。スッキリとしたデザインがMacによく似合います。

Satechi アルミニウム Type-C マルチメディアアダプター 4K HDMI & mini DisplayPort, USB-C PD, ギガビットイーサネット, USB 3.0, Micro/SDカードスロット (2016/2017 MacBook Proと2015/2016/2017 MacBook用) (スペースグレイ)

Amazon等に掲載されている製品写真では、ロゴは入っていないように見えるのですが

Satechi アルミニウム Type-C マルチメディアアダプター レビュー

実際には、こんな感じで「SATECHI」のロゴが入っています。主張しすぎず控えめで良い感じです。アルミニウムの質感もオシャレで◎。

本体の色について

MacBook Proのスペースグレイと色はかなり近いのですが、まったく同じではありません。

本製品の方が若干黒っぽい印象。光の具合で見え方も違うので、参考までにMacBook Pro(スペースグレイ)と並べた写真を複数貼っておきます。

Satechi アルミニウム Type-C マルチメディアアダプター レビュー Satechi アルミニウム Type-C マルチメディアアダプター レビュー Satechi アルミニウム Type-C マルチメディアアダプター レビュー

上記のような感じです。

色々なケーブルを接続できるのが便利

Satechi アルミニウム Type-C マルチメディアアダプター レビュー

本体からはUSB Type-Cのケーブルが1本伸びています。これをMacに接続します。

接続できるインターフェースは以下の通りです。

・USB Type-C × 1
・USB Type-A × 3
・HDMI × 1
・mini DisplayPort × 1
・microSDカード × 1
・SDカード × 1

HDMIは4K対応。

Satechi アルミニウム Type-C マルチメディアアダプター レビュー

側面はこのようにHDMI、mini Displayポート、USB Type-Aが2個並びます。

対応ディスプレイを持っていないので試せていませんが、HDMIは4Kの出力に対応しています。

ぼくは「BenQ PD2700Q」という2K解像度のディスプレイを接続して使っていますが、快適に使えています。

SDカードリーダーとしても使える

Satechi アルミニウム Type-C マルチメディアアダプター レビュー

反対の面にはUSB Type-C、microSD、SDカードの挿入口があります。

USB Type-CポートにMacBook Proの充電ケーブルを接続し、電源>本アダプター>MacBook Pro といった感じで使っていますが、MacBook Proのバッテリーが減ることもないので給電性能も問題なさそうです。

いざという時にありがたい有線LAN

Satechi アルミニウム Type-C マルチメディアアダプター レビュー

さらにもう一方の面には、ETHERNETポート(有線LAN)とType-AのUSBポートが1つあります。有線LANは10/100/1000Mbps対応。最近は無線LANが使える場所が多いですが、旅行先などで有線LANしかない環境に遭遇した時に、有線のLANポートを拡張できるのはありがたいですね。

mini Display不要ならこちら

SATECHI社の他の製品もチェックしていると、見た目もほぼ同じような製品がありました。

この製品も同じようにSDカードを読み取ったり、HDMIでディスプレイを接続したり、USB Type-Aでハードディスクなどを接続したりできます。

今回レビューしたアルミニウム Type-C マルチメディアアダプターとの違いは、mini Displayポートがついていない、くらいのようなので、mini Displayポート不要の方は、3,000円くらい安いこちらを選んだ方が賢いかもしれません。

まとめ

今回は、SATECHI アルミニウム Type-C マルチメディアアダプターをレビューしました。

「MacBook Pro」を使っている方は、外部ディスプレイの接続も、SDカードの読み取りも、ハードディスクなどの接続もこれ1つあれば解決できて、とても便利ですよ。

似たようなコンセプトで安価な製品もあるのですが、動作が安定しないなどのレビューを目にすることも多いです。

SATECHI社の本製品は、動作も安定して使えたし、見た目のデザインも良いので、自信を持ってオススメできそうです。購入後、18ヶ月の製品保証があるのもありがたいです。

MacBookを買ったものの、ポートがUSB Type-Cしかなくて困ってる方、ぜひ、チェックしてみてくださいね。

ABOUT ME
ねんざB
ねんざB
「ねんざブログ」で家電のレビューやグルメ、旅行、ライフスタイルについて、自分が体験した情報を発信しています。きになる記事があれば、フォローやコメントなど、お気軽にどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA