新宿西口直結、「ハシゴ肉」ができる「新宿名店横丁」まとめ。

新宿名店横丁

2017年10月に新宿西口のパレットビル地下3Fにオープンした「新宿名店横丁」。

牛肉、馬肉、ホルモン、羊肉、鶏肉といった各分野の専門店5店が軒を連ね、2軒、3軒とハシゴ酒ならぬ「ハシゴ肉」なんてのができるスポットです。

ブロガー向け試食会に参加させてもらって、全5店鋪を食べ尽くした様子をブログで紹介させていただきました。それらを1記事でざっくりまとめておきたいと思います。

スポンサードリンク

牛肉は、炭火焼きステーキの「RUMP CAP」(ランプキャップ)。

神田の肉バル RUMPCAP(ランプキャップ) #新宿名店横丁

「神田肉バル RUMP CAP(ランプキャップ)」は炭火焼きステーキやワインが楽しめるお店。

神田の肉バル RUMPCAP(ランプキャップ) #新宿名店横丁

神田の肉バル RUMPCAP(ランプキャップ) #新宿名店横丁

看板メニューの「ビーフランプキャップ」は牛一頭からわずか4kgしかとれない希少部位。柔らかい赤身の牛肉を美味しくいただけます。

【半額クーポンあり】新宿西口でハシゴ肉!ガッツリ肉の旨味を味わえる「RUMP CAP(ランプキャップ) 」からスタート。

馬肉「大衆馬肉酒場 三村」

「大衆馬肉酒場 三村」では、絶品の本格馬肉料理を色々といただけます。

馬肉酒場「三村」 #新宿名店横丁

焼肉もあれば

馬肉酒場「三村」 #新宿名店横丁

刺し身や、肉寿司。

馬肉酒場「三村」 #新宿名店横丁

この「桜肉すき焼き」が1人前で1,280円というリーズナブルさにビックリ。どれも馬かった、ですよ。

うまい馬肉をたっぷり味わえる「馬肉酒場 三村」。焼肉、すき焼き、寿司、馬刺し。

新鮮なホルモンがリーズナブルな「やるきホルモン」

炭火焼き極旨ホルモン「やるきホルモン」は、新鮮なホルモンがリーズナブルに食べられる、大衆酒場。

やるきホルモン #新宿名店横丁

群馬の畜産業者さんから直接仕入れており、鮮度には自信があるというホルモン。

やるきホルモン #新宿名店横丁

ホルモン以外にも名物の煮込み(350円)なんかも美味しかったです。

やるきホルモン #新宿名店横丁

さっぱりした酢醤油大根(100円)がとてもよい箸休めで、いくらでもホルモンを食べられそう。

新鮮なホルモンがリーズナブルに食べられる、炭火焼き極旨ホルモン「やるきホルモン」

あみやきジンギスカン「悟大」

ジンギスカンというと真ん中が盛り上がったいわゆる「ジンギスカン鍋」を思い浮かべる人も多そうですが、「悟大」ではあみやきで羊肉を食べるジンギスカンです。

あみやきジンギスカン「悟大」 #新宿名店横丁

羊肉は「Lカルニチン」が多くダイエットにも良いらしい。

あみやきジンギスカン「悟大」 #新宿名店横丁

壺漬け特上肩ロース(950円)。

あみやきジンギスカン「悟大」 #新宿名店横丁

迫力あるラムチョップ。網焼きで脂をしっかり落としているためか、おいしいからかモリモリ食べることができました。羊は別腹!?

羊は別腹!?あみやきジンギスカン「悟大」でたらふくジンギスカン。

宮崎産の新鮮な若鶏料理が楽しめる「とり家 ゑび寿」

「とり家 ゑび寿」では宮崎産のおいしい鶏料理を食べることができます。宮崎から、加工後1日以内に空輸した若鶏のお肉は、新鮮さがウリ。

とり家 ゑび寿 #新宿名店横丁

さっぱりした「特製むね肉のタタキ 土佐風」(480円)。

とり家 ゑび寿 #新宿名店横丁

カリッと焼かれた皮に、ジューシーな鶏肉が人気の「辰ちゃん焼き」(580円)。

とり家 ゑび寿 #新宿名店横丁

とろっとした親子丼(380円)に

とり家 ゑび寿 #新宿名店横丁

優しい味わいの「鶏スープラーメン」(450円)。ごはんものも安くて充実していて、晩御飯にひとりでちょっと寄って帰る、なんてのも良さそうでした。

【半額クーポンあり】宮崎産の新鮮な若鶏料理がたのしめる!大衆酒場「とり家 ゑび寿」(とりやえびす)

「新宿名店横丁」の場所

新宿西口に駅直結の「新宿パレットビル」っていうのがあるんですね、ユニクロとか入ってるビル。

こちらの地下3Fです。場所がわからない場合は、とりあえずユニクロを目指してユニクロに入店、エスカレーター、エレベーターで下ると良いです。

所在地: 〒160-0023 東京都新宿区 新宿1-1-1 新宿パレットビル地下3階

新宿名店横丁

新宿駅西口から直結している建物なので、雨の日なんかにも便利だと思います。ランチなんかもやってるみたいなので、気になるお店があったら、ぜひ立ち寄ってみてください。