「ガルパン」の「シネマティックコンサート大宮」で生オーケストラを初体験。

ガールズ&パンツァー

スポンサーリンク

「ガールズ&パンツァー」というアニメはご存知でしょうか。女子高校生たちが戦車に乗って戦う「戦車道」という武道をテーマにした世界での青春?学園もののアニメーションで「ガルパン」の略称で愛される人気アニメです。

ガルパンの男性ファンのことを差す「ガルパンおじさん」なんて言葉もあったりするくらいです。

ぼくはリアルタイムでは観てなくて、一時期Amazonビデオで配信されてたのを通しで一度観ただけ、というレベルの「にわかガルパンおじさん」なのですが、「劇場版、100回以上は観た」という筋金入りの「ガルパンおじさん」の友だちから「チケットとってあるから、行かない?」と誘われて、行ってきました。

大宮ソニックシティホールで開催された「ガールズ&パンツァー 劇場版 シネマティック・コンサート 大宮公演」です。

「劇場版ガルパン」の映像にオーケストラの演奏が!

ガールズ&パンツァー 劇場版 (特装限定版) [Blu-ray]

「ガルパン」はTVシリーズ、OVAに加えて、劇場版の映画があるんですが、その劇場版の映像に合わせ、オーケストラが生演奏でコンサートを行うという贅沢なイベントです。

指揮者は松元宏康さんで、演奏は、東京フィルGuPオーケストラのみなさん。

ぼくは劇場版は観たことが無かったので、ちょうどいい機会でした。

また、オーケストラの演奏も、これまで生で聞いたことなかったので初体験。

音の素晴らしさもさることながら、演奏者や指揮者の方のパフォーマンスや雰囲気なども感じとれ、とても良いですね。生の迫力に感動しました。間近で体験することができて、とてもよかったです。

あと、「ガルパン」って本当に男性ファンがめちゃめちゃ多いんですね。
客席の9割以上は男性のお客さんで、しかもアラフォーのぼくよりもまだ上の年代の男性もたくさんいらっしゃって、男性人気を肌で実感しました。

戦車や船、飛行機などの設定・描写がめちゃめちゃ細かく、しかもリアリティが追求されているところや、小ネタがたくさん織り込まれていて何回も観る楽しみがある、というのを詳しい「ガルパンおじさん」に教えてもらいました。なるほどねー。

佐咲紗花‏さんが頑張ってた

今回、シリーズの主題歌を歌っていてイベントにも出演予定だった「ChouCho」さんが、残念なことに緊急入院で出演できなくなったそうです。(数日前に発表されたらしい)。

で、ガルパンの作品中で「あんこう音頭」という曲を歌っている「佐咲紗花」さんが急遽代役を務めることになったそうで、ピンチヒッターで登場しました。

「ChouChoさんの想いが皆さんに届くようにうたわせてもらいます」と、歌とMCをバッチリこなしてました。少ない準備時間でたいへんだったでしょうね。おつかれさまでした!

7月9日には横浜公演があって、まだチケットが買えるそうなので、興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

ガールズ&パンツァー 劇場版 シネマティック・コンサート|チケット情報・販売 ローチケHMV[ローソンチケット]

スポンサーリンク

twitterもやっています

更新情報などをつぶやいています。フォローしていただくと、フォロー返しに行きます。

ガールズ&パンツァー