[3Q-LEVO]MacBook Pro向けUSB Type-C 対応 6ポート搭載ハブ。HDMI、SDカードリーダーも搭載して便利![レビュー]

3Q-REVO USBハブ

スポンサーリンク

先日、新しいMacBookPro(13-inch 2017)を購入しました。

これまで自宅では、MacBook Proに液晶ディスプレイを接続して利用していました。しかし、新しいMacBook Proは、HDMI接続できるコネクタがないため、そのままでは接続できません。

3Q-REVO

また、SDカードのスロットもなくなってしまったため、写真データをコピーするためには、別途カードリーダーが必要になります。

さらに、Type-AのUSBで接続していた外付けのハードディスクもケーブルを買い直さなきゃいけないなあ、なんて思っていました。

そんなぼくに、ピッタリの製品がありました。

3Q-REVO

3Q-LEVO「Type-C USBハブ」です。今回、販売元の3Q-LEVO JAPANさんより、レビュー用に製品をご提供いただきました。

3Q-REVO

こんな感じのコンパクトなUSBハブです。Macとは本体から伸びるUSB(Type-C)のケーブルで接続します。

3Q-REVO

この狭い方の側面にはType-AのUSBコネクタが1個。

3Q-REVO

こちら側にはType-AとType-CのUSBコネクタが1個ずつ。HDMIもあります。

3Q-REVO

反対の面にはUSB Type-Aが1個。さらに、SDHCカードリーダー機能もついています。試して見たところ、SDXCカードでも問題なく読み取ることができました。

全部で6ポート搭載!

まとめると、

USB Type-A × 3

USB Type-C x 1

HDMI × 1(4K:3840X2160、30Hzに対応)

SDHCカードスロット × 1

の全部で6ポートがついてきます。

ハブ1個でこれだけ拡張できるのは、うれしいですね。

さっそく、新しいMacBook Proにつなげて外付けハードディスク、DVDドライブ、液晶ディスプレイなどを接続して使っています。快適です。

3Q-REVO

なお、底面にはゴム足がついていて、滑りにくい工夫がされています。また、厚み約8mmと薄く、重量も67.6gと軽く、カバンに入れての持ち運びもしやすそうです。

実際に6ポート全部使ってみる

3Q-REVO

全6ポートを使ってみるとこんな感じです。ちょっとすごい光景になりましたがちゃんと使えます。

MacBook Pro、バッテリーの充電もUSB Type-Cで行うのですが、今回のハブを経由して充電できるか試してみました。

3Q-REVO

結果、ちゃんと給電・充電されています。

「MacBook Pro」と色は一緒?

この製品、Gold(ゴールド)、Silver(シルバー)、Grey Silver(グレイシルバー)という3色のカラーバリエーションがあります。

今回、ぼくがご提供いただいたのはグレイシルバー。

MacBook Proの色と合わせて選ぶ方もいると思うので、スペースグレイのMacBook Proと並べてみました。

3Q-REVO

撮影時のホワイトバランスや光の当たり具合で色が違って見えますが、スペースグレイのMacBook Proとグレイシルバーのハブは、けっこう近い色です。

3Q-REVO

こちらの写真の方が、目で見た印象に近いかな。こんな感じで、まったく一緒の色ではないですが、けっこう近いです。アリだと思います。

純正品を買うよりオトク?

HDMケーブルでディスプレイを接続するために、Apple純正品を買うとなると、約8,000円くらいします。

Apple USB-C Digital AV Multiport アダプタ MJ1K2AM/A
Apple USB-C Digital AV Multiport アダプタ MJ1K2AM/A

こちらの純正品だと全3ポートなので、ちょっとぼくの環境にはポート数が足りないかな。もちろん、純正品ならではの安心感はありますけどね。

ということで

「MacBook Pro」で使える「Type-C 4K USB ハブ」のレビューでした。

コンパクトだけど、1台で6ポート使えるし、実売価格も6,000円以下とお手頃なのでオススメです。

スポンサーリンク

twitterもやっています

更新情報などをつぶやいています。フォローしていただくと、フォロー返しに行きます。

3Q-REVO USBハブ