【オムライス研究所】たくさんあって迷っちゃう!10種以上から選べる高田馬場「オムライスLABO」。 #オムライス部

高田馬場「オムライス研究所 オムライスLABO」
スポンサーリンク

先日、このブログにも書いたのですが、逆流性食道炎ぎみでしばらく活動できていませんでした。オムライス部。

が、友だちから、LINEで「しってる?ここやばくなーい?」と、おもしろそうな情報が送られてきたんですよ。

「オムライス研究所」って名前、たしかにオムライス好きにはヤバイですね。

ということで、高田馬場「オムライスLABO」。JR、東西線高田馬場駅から徒歩3~4分くらいです。

高田馬場「オムライス研究所 オムライスLABO」

この写真、お店の左がわがけっこうすごい感じなんですが、昨年10月4日にオープンした「オムライスLABO」、オープン4日目にして近所のもらい火事をこうむったそうで、現場はまだ火事の後を感じさせる雰囲気でした。

でもでも現在「オムライスLABO」は元気に営業中。

高田馬場「オムライス研究所 オムライスLABO」

この入口の看板のメニューの豊富さに驚きます。ここに載ってるだけで12種類、他にも季節限定のメニューなんかもあるようです。

これはもうどれにしようか迷っちゃいますね。ハンバーグがのったテキサスオムライスに、蟹クリームオムライスでしょ。明太子オムライスもいいな・・・。

値段は750円(税抜)からで、全品スープパスタ、ポテトがつくらしく、わりとリーズナブルな印象です。

高田馬場「オムライス研究所 オムライスLABO」

店内入り口には券売機。ひとつ注意が必要なのは、750円、とか800円、とキリよく書いてあるのは税抜価格。下に小さく書いてある税込価格がちょっとわかりづらかったので、券売機には税込価格だけ表示してほしいかなー。表示価格を投入してもボタンのランプが付かなくて買えないぞ、とおもったら、投入額が税込価格に足りてなかった・・・。

高田馬場「オムライス研究所 オムライスLABO」

カウンター9席に奥に4人がけボックス席が2つ。タイミングよく空いていたので、今回はボックス席へ着席。

高田馬場「オムライス研究所 オムライスLABO」

席についたらこれが置いてあったんですが、一番人気は「おろしステーキオムライス」なんですね。気になる。

高田馬場「オムライス研究所 オムライスLABO」

黒糖クリームブリュレなんかも出しているそうです。店内はとても清潔感ある感じのキレイな気持ち良いお店です。

食券を店員さんに渡して10分くらいでしょうか。オーダーしたオムライスが到着しました!

高田馬場「オムライス研究所 オムライスLABO」

手前はぼくが頼んだ「うにクリームオムライス」税抜1,150円。奥はともだちが頼んだ「黒トリュフのホワイトクリーム」(税抜950円)です。

うひょー、どちらもおいしそう。でも、ふたりしてクリームかぶりしちゃったな笑。

高田馬場「オムライス研究所 オムライスLABO」

トマトのスープパスタに、生野菜、ポテトが付け合せ。1プレートでの提供ですが、オムライス大きいし、けっこうなボリュームがあります。

高田馬場「オムライス研究所 オムライスLABO」

タマゴはフワトロ系、中のご飯は香り強めのバターライス。具材は、ハムに、ネギ。タマネギじゃなくて青いネギでした。

クリームソースはけっこう甘めで、上にたっぷりのったウニ。

ふわっとした卵とごはんとクリームと。一緒に食べると予想通り、おいしい!

が、クリームの甘さがウニの甘さに勝ってしまい、見た目ほどの存在感を感じられず、ちょっと残念でした。もう少し塩気が欲しかったところ。

高田馬場「オムライス研究所 オムライスLABO」

友だちが頼んだ「黒トリュフのホワイトソース」の方が味のバランスが好みでした。彼女も「家の近所にオムライスLABOできないかなー」なんて言うくらいお気に召したようです。

「オムライスLABO」というだけあって、他にも気になるメニューがたくさんあったので、また別のオムライスを食べに訪問したいと思います。場所は高田馬場の飲み屋街の中ですが、若い女性でも気軽に入れるメニューと雰囲気でしたよ。

おいしかったです、ごちそうさまでした!

「オムライスLABO」店舗情報

オムライスLABO | SKY & Corporation.

関連ランキング:オムライス | 高田馬場駅下落合駅目白駅

スポンサーリンク

twitterもやっています

更新情報などをつぶやいています。フォローしていただくと、フォロー返しに行きます。