年齢認証できない格安SIMでも、離れた友だちとLINEで友だちになる方法。

年齢認証できなくても離れたともだちをLINEに追加する方法
スポンサーリンク

ぼくはいわゆる格安SIMと呼ばれる「DMMモバイル」をメインの電話回線として使っているのですが、そのため、LINEを使う際の「年齢認証」がクリアできていません。

使っているLINEのID自体は過去にSoftBank回線で取得したものなので、当時は年齢認証できていたんですが、機種変更すると新しい端末で再度「年齢認証」が必要になるんですよね。

で、ちょうど今日、facebookのメッセンジャーで友達と話してたんですが、「LINEの方が気づきやすいから」とLINE IDが送られてきました。そういえば、まだLINEつながってなかった。

でも、LINEで相手のIDを検索して登録するのには、契約キャリアまたはLINEモバイルの回線で年齢認証を済ませることが必須です。DMMモバイルなどの格安SIM回線だと、年齢認証ができないため、ID検索できないんですね。相手からも検索できません。

なので、次に会ったときに「ふるふる」とかで登録しようかな、と思ったんですが、別の方法がありました。

QRコードを保存して送信すればいい

別の方法とは、QRコードを使う方法です。

LINEのともだち追加方法には、「マイQRコード」という自分のQRコードを表示して、それを相手のLINEで読み取ってもらって登録する方法があります。

これ、お互いに一緒にいるときに画面を表示して見せて登録してもらうのに使ったんですが、画像を送信する、という手段もとれたんですね。

まずは、LINEのアプリからプロフィールへ進んで「マイQRコード」を表示。

マイQRコード

表示された画面の右上のボタンをタップすると、

「ライブラリに保存」できます。「メールで送信」とか「共有」でもいいかな。

今回はライブラリに保存した画像をfacebookメッセンジャーでともだちに送りました。

QRコードの画像を読み込む

受け取った相手は「友だち追加」から「QRコードリーダー」を起動すればOK。

LINE QRコード追加

カメラでQRコードを読み取るだけでなく、「ライブラリ」を選べば保存したQRコードの画像から、LINE IDを読み取って、ともだち追加することができるんです。

てっきり、一緒にいるときにQRコードを表示して、スマホのカメラで読み取ることしかできないと思っていました。

LINEを良く使われる方はご存知なのかもしれませんが、ぼくは知らなくて、今日の大きな発見でした。

LINE IDは、QRコードの画像を保存してメールやSNS等で送信すれば、年齢認証ができない格安SIMでも「友だち追加」が可能です。

機会があれば、お試しください。

スポンサーリンク

twitterもやっています

更新情報などをつぶやいています。フォローしていただくと、フォロー返しに行きます。

年齢認証できなくても離れたともだちをLINEに追加する方法