北欧のオシャレな高音質ワイヤレスヘッドフォン。Sudio(スーディオ) 「Regent」

Sudio(スーディオ) ワイヤレスヘッドフォン Regent

スウェーデン・ストックホルム発のオーディオブランド「Sudio(スーディオ)」から、11月にワイヤレスヘッドフォンの「Regent」が発売されました。

ぼくはSudioはイヤフォンも使っているのですが音質が良くて気に入っているんですよね。

今回、ブログでのレビュー用にワイヤレスヘッドフォン「Regent」を1台ご提供いただきましたので、レビューとして紹介したいと思います。

スポンサードリンク

sudio_regent_back-black-site
sudio_regent_back-white-site

カラーラインナップはブラックとホワイトの二種類。

今回、ぼくの手元に届いたのはブラックのモデルです。

Sudio(スーディオ) ワイヤレスヘッドフォン Regent

Bluetooth 4.1に対応した、オンイヤー型のワイヤレスヘッドフォン。
(対応プロファイルはA2DP、HFP、HSP、AVRC。)

本体重量は177グラムとオンイヤー型のヘッドフォンとしては普通でしょうか。

フル充電で、24時間の連続使用が可能だというバッテリーの持ちがうれしいです。

Sudio(スーディオ) ワイヤレスヘッドフォン Regent

こんな感じで折りたたんでコンパクトに持ち運ぶことができます。

Sudio(スーディオ) ワイヤレスヘッドフォン Regent

ワイヤレスではなく、有線でも利用することが可能です。左のイヤーパッドにヘッドフォンジャックがあります。

有線時に使用する付属のケーブルはきしめん状のフラットなケーブルで絡まりにくい。以前にレビューしたイヤフォンもそうなので、Sudioのイヤフォン、ヘッドフォンはすべてこの形状のようですね。

Sudio(スーディオ) ワイヤレスヘッドフォン Regent

操作は右のイヤーカップにあるボタンで行います。パワーボタンに音量ボタンがあります。通話などに使えるマイクも右側についています。

Sudio(スーディオ) ワイヤレスヘッドフォン Regent

イヤーパッドはこんな感じのソフトレザー。使い始めだからか、まだちょっと固めに感じます。遮音性は良さそうです。

Sudio(スーディオ) ワイヤレスヘッドフォン Regent

特徴的なのが、両側のイヤーカップについているキャップが取り外せて、着せ替えられる点です。

Sudio(スーディオ) ワイヤレスヘッドフォン Regent

オプション品で4種類、専用のキャップが販売されています。2,359円とちょっと高いかな、という気がしますが、記事執筆時点(2016.12.19)はクリスマスキャンペーン中でヘッドフォン本体を購入すると1個好きなキャップをもらえるようです。

Sudio(スーディオ) ワイヤレスヘッドフォン Regent

ブラックにホワイトマーブルを取り付けたところ。

ワイヤレスだけど高音質。

実際にスマートフォンと無線でペアリングして使ってみましたが、楽器の細かいディテールまできちんと表現されるクリアなサウンドに満足。低音よりも中高音域が得意っぽくて、特に抜けるような高音の感じが最高です。

装着感については、イヤーパッドの付け心地は良いものの、若干、ヘッドフォンの側圧が強い気がしました。長時間の使用は耳が痛くなってしまう人もいるかもしれませんので、その点はご注意を。

クーポンコードでいつでも15%オフ

今回、Sudioさんより、ブログを読んでくださった方向けにディスカウントコードもご提供いただきました。

Sudio公式サイトで注文時にコード「nenzablog」を入力すると、15%オフで購入することができます。

今回紹介した「Regent」は、商品ページには「17,599円」の表示があるのですが、日本への発送はタックスフリーで、かつ15%オフのコードを適用すれば、11,967円とかなりお得な価格での購入が可能です。表示価格より5,000円以上も安く買えてしまいます。

このクーポン、「Regent」以外の商品にも使えますので、公式サイトからSudio製品を購入しようとおもっている方は、ぜひご利用ください。

オシャレで高音質なイヤフォン、ヘッドフォンをお探しの方、購入候補の1つとしてSudio、検討してみてはいかがでしょうか。

イヤホン 一覧 | Sudio(スーディオ)公式サイト