スポーツ観戦に最適。DLP方式のフルHDホームプロジェクター『HT1070』【AD】

BenQ HT1070 DLPプロジェクター

スポンサーリンク

BenQさんからこの冬登場するホームプロジェクターの新製品『HT1070』を発売に先駆けて、お借りし、使わせていただいています。2.5m先に約100インチの大画面映像をフルHDの解像度で映し出すことができる「DLP方式」のプロジェクターです。

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

スポーツに強い「DLP方式」のプロジェクター!

HT1070

画像はBenq公式サイトより

BenQさんによればこの『HT1070』、スポーツを楽しむのにとっても適しているんだとか。それは「DLP方式」のプロジェクターだからなんだそうです。

で、そもそも「DLP」方式って何って話なんですが、ホームプロジェクターは、大きく分けると「液晶方式」と「DLP方式」の2種類があるんだそうです。

「液晶方式」は、明るくきれいな映像を投影できて、価格も安価ですが、反応速度が速くないため、残像感が出やすく、動きのあるものには弱いというデメリットがあるそうです。

もう一つの「DLP方式」は、反応が早く残像感が少ないため、速い動きのあるスポーツやゲームで強みを発揮でき、また、暗い部分(黒の表現)に強い、というメリットがあるんだそうです。

ということで、今回お借りしている『HT1070』、DLP方式のプロジェクターなので、スポーツやゲームに強いプロジェクター、というわけです。

まずは開封

BenQ HT1070 DLPプロジェクター

こちらが手元に届いた『HT1070』。思っていたよりコンパクトな箱でした。

BenQ HT1070 DLPプロジェクター

箱の中身はシンプルで、プロジェクター本体に、電源ケーブル、マニュアル類、リモコンと電池。

『HT1070』の外観

BenQ HT1070 DLPプロジェクター

本体はオフホワイトを基調としたカラー。棚に設置したり、天井から吊り下げてても、部屋に違和感なく溶け込みそうです。

BenQ HT1070 DLPプロジェクター

正面はこのような感じで、大きなレンズが印象的。レンズキャップはついてきませんでした。

BenQ HT1070 DLPプロジェクター

レンズの天井面にピント合わせをするダイヤル、ズームのつまみがあります。ズームは約1.3倍まで拡大可能。

BenQ HT1070 DLPプロジェクター

基本操作は上部のボタン類および、付属のリモコンで。

BenQ HT1070 DLPプロジェクター
BenQ HT1070 DLPプロジェクター

リモコンは各ボタンを押すと光るので、暗い部屋でも操作しやすいです。

BenQ HT1070 DLPプロジェクター

背面の映像入力端子は、HDMIが2系統(うち1つはMHL対応)。黄色のコンポジット入力が1つ、パソコンなどと接続できるD-sub入力が1つ。
給電用のUSBポートもあるので「ChromeCast」や「Fire TV Stick」などをHDMIにさしてプロジェクター本体のUSBポートから給電しながら使うことが可能です。

『HT1070』を使ってみた

さっそく、自室に設置して使ってみました。

BenQ HT1070 DLPプロジェクター

壁に映すと、照明をつけた明るい部屋でもこのような感じ。最大輝度は、2000ルーメン。室内の照明をつけたままでもテレビ番組などは普通に楽しめました。

BenQ HT1070 DLPプロジェクター

照明を消した状態だとこのようにくっきりとした映像を写すことができました。

細部まではっきり投影されるので、やっぱり思いっきり映像を楽しむときはこっちですねー。

この『HT1070』で投影している様子を、デジカメで動画を撮影してみました。

撮影に使用した動画はフリー動画素材の「Mazwai」より
1本目:VIDEO BY RAMÓN RULLAN
2本目:VIDEO BY PHIL FRIED

細かい部分まで、壁にキレイに投影できているのが伝わりますでしょうか。残像感もほとんどなく快適に動画を観ることができましたよ!

「スポーツ」モードで臨場感アップ

BenQ HT1070

さすが、スポーツに強いと謳うだけあります。バスケットボールのような激しい動きでも、まったく残像感なく楽しむことができました。

※映像の写真はぼかしを入れています。
BenQ HT1070

サッカー中継もたくさんの選手の動きも問題なく把握できる。ボールを見失うこともありません。スピーカーの重低音が効いていて、スタジアムの熱気がズンズンと伝わってきますねー。

BenQ HT1070

緊張した空気からの、一気にトップスピードで肉体がぶつかりあう大相撲の立ち会い。これも迫力あります。細かい部分まできっちり表現してくれる映像は、関取の額の汗の様子なんかもばっちり確認できました。

BenQ HT1070

「シネマ」、「ゲーム」、「スポーツ」などの映像モードを切り替えることができるんですが、特に「スポーツ」モードは推しだけあって優秀。
選手の肌の色や、芝の感じがより現実っぽく見える調整になっているそうで、生で観ているような大迫力です。

BenQ HT1070

サウンドモードにも「スポーツ」モードが用意されていて、映像と音声の両面で迫力あるスポーツの臨場感を味わえますよ。

ということで

数週間の間、『HT1070』を試用させていただきましたが、手軽に迫力のある映像が自宅で楽しめるBenQのプロジェクター、やっぱり良いですね。
ぼくはプロ野球でひいきのチームがあるんですが、来シーズンは自宅にプロジェクターを用意して、ファンの友だちと応援できたら良いなー、なんて思いました。
絶対盛り上がるでしょ。いまからコツコツと予算を準備しておきたいと思います。

DLPプロジェクター『HT1070』、気になった方は、ぜひ以下の製品サイトをチェックしてみてくださいね。

アンバサダープログラムも!

「BenQ」の新製品に関する情報や、アンバサダー限定のイベントやモニター企画などの情報をいち早く受け取れる「BenQアンバサダープログラム」というのがはじまっていますよ。

我こそは、という方は、ぜひ以下より登録してみてください!

スポンサーリンク

twitterもやっています

更新情報などをつぶやいています。フォローしていただくと、フォロー返しに行きます。

BenQ HT1070 DLPプロジェクター