黒板をカミソリで引っ掻いたら「キィーーーーーー」って・・・ならない?【AD】

ジレットプロシールド 体験

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

突然ですが、みなさん、黒板を引っかいた時の「キーッ」ていう音、アレ、嫌ですよね。

あまりアレが好きな人はいないですよね・・・。

さて、男性用カミソリのブランド「ジレット」が、なんだかおもしろい動画を公開しています。

スポンサードリンク

ジレットプロシールド 体験

カミソリに水をつけて黒板を引っかいたら・・・・

ジレットプロシールド 体験

黒板をカミソリでこすってみよう

うわーやめてくれーーーー

ってなりますよね。

つづけて、もう一回。

ジレットプロシールド 体験

今度は別のカミソリで黒板を引っかいてみると・・・・

ジレットプロシールド 体験

あれ、、あの嫌な音がしないぞ・・・・

ジレットプロシールド 体験

グッーーーーーーーーード。ってどういうこと?なんでキーーーーっていう嫌な音がしないの???

動画を最初から見たい方は以下よりどーぞ。

この動画に出てきたのは新製品「ジレット プロシールド」。
ジレット史上最高に肌にやさしい」そうですよ!だから黒板を引っかいても嫌な音がしないんですね。なるほど、すごいなー!

さて、本題。

ジレットプロシールド 体験

今回、この新製品「プロシールド」の先行体験会に参加して、その特徴などを色々と聞いてきましたよ。肌に優しいカミソリをお探しの方、けっこう長いですが、お付き合いください。

常に最高の商品を生み出し続ける「ジレット」

ジレットプロシールド 体験

実際の製品の説明に入る前に「ジレット」というブランドについての説明を受けました。

ジレットプロシールド 体験

ジレットは1901年に「キング・ジレット」によってボストンで創業されました。今年で創業115年ですよ、超老舗!

かつてのカミソリは棒に縦に刃のついただけのもので、切れ味がすぐ悪くなって頻繁に研ぐ必要があったり、怪我しやすかったんだそうです。「キング・ジレット」は、不器用な人でも常に最高の剃り味を体感できるように、刃の交換が可能な安全なカミソリを開発、考案し、そこからジレットの歴史が始まったそうです。

「私たちは、より良い物を作ることができなくなったとき、カミソリを作ることを止める」

という精神で、常に製品を進化させ続けているんだそうです。

ジレットプロシールド 体験

過去10年のジレットの進化

最近の10年間のジレット製品の進化でいうと、2004年に「フュージョン」シリーズが登場。いち早く5枚刃を搭載したことで、圧力が分散しよりやさしい剃り心地を実現。

2010年には、医療用のメスよりも薄い極薄の刃を採用することで、肌の上を滑らせるだけで良い最高の剃り味「プログライド」が登場。

さらに、ヘッドが前後だけでなく左右にも動き、刃が肌に密着して剃り残しをおさえる「フレックスボール」が搭載されたりと、常により良い物を作り続ける精神が脈々と受け継がれているんだとか。

そして、

さらによい製品を作るには?

と、実際のユーザーに対して「顔のひげを剃る際に困っていることは何か」と調査を行ったところ、

ジレットプロシールド 体験

「カミソリ負けをする、肌がヒリヒリする」「剃り残しがでてしまう」という悩みが多く見られたそうです。

このうち「剃り残し」に関しては、同社の「フレックスボール」でかなり改善できているが「カミソリ負けをする、肌がヒリヒリする」、この課題には改善の余地がある、ということで4年をかけて新製品の開発を進めたんだそうです。

同じ所を何回も何回も剃ってる!?

開発にあたり、消費者動向を探るべく、実際にひげそりユーザーに集まってもらってシェービングしてもらうというモニター調査を実行。

ジレットプロシールド 体験

そこでわかったのは、髭剃りをする男性は何回も何回も同じ場所を剃ってるということ。

ジレットプロシールド 体験

1回の髭剃りで、平均170回のストロークが行われているそうですが、そのうち120回は、2度以上同じ所を剃っているんだそうです。

ジレットプロシールド 体験

2度以上、同じ所を剃るとどうなるか。

肌を保護するためにシェービング剤をつけていても、一回目のストロークで剥がれちゃいますよね。にも関わらず、同じ箇所を二度、三度も剃ってしまう、つまりシェービング剤がついてないのに剃っていることになりますね。これじゃあ、肌を痛めてしまうのも当然です。

理由はわかった、でも習慣は変えられない

調査によって、多くの男性がシェービング剤が剥がれているところを何度も剃るために肌を痛めがち、というのはわかりました。でも、同じ所を二度剃らないようにする、というのはカミソリの性能が進化したとしてもなかなか難しいですよね。

ジレットプロシールド 体験

そこで、シェービング中に肌を守る新しいシェーバーが必要だ、と開発されたのが今回の「ジレット プロシールド」です。

「ジレット プロシールド」は刃の前後に搭載された「ジェルスムーサー」という機構で、潤滑成分で刃を滑らせ肌を守ります。

ジレットプロシールド 体験

水で濡れると潤滑成分が溶け出て刃が肌をなめらかに滑る

既存の製品でも刃の後ろに「ジェルスムーサー」が搭載されていたそうですが、これだと潤滑成分より先に刃が肌にあたってしまうのです。今回の「プロシールド」では刃の前にも「ジェルスムーサー」を搭載することで、肌を守る効果が格段にアップしたそうです。

でも、だったら最初から刃の前に「ジェルスムーサー」つけておけばいいのに、と思ってしまいますよね。実は、シェーバーの刃の前には「マイクロフィン」という肌を引っ張ってヒゲを起こしやすくする機構がついています。この「マイクロフィン」と「ジェルスムーサー」の効果を両立させることが技術的に非常に難しくてこれまでは実現できなかったんだとか。今回、4年の歳月をかけて開発し、ジレットがはじめて実現したそうですよ。

ジレットプロシールド 体験

今回の新製品のラインナップは通常の「ジレット プロシールド」に加え、すこしひんやりする成分を配合した「ジレット プロシールド クール」という2種類。これに、それぞれ別売りの4枚入り、8枚入りの替刃が準備されているとのこと。暑い時期にはスっとする「ジレット プロシールド クール」が良いかもしれませんね。

たしかにやさしい剃り心地!

ジレットプロシールド 体験

今回、開場には蒸しタオルや鏡も用意され、いち早く「ジレット プロシールド」を体験することができました。

ジレットプロシールド 体験

顔じゃなくて、腕を剃ってみたのですが、ジェルスムーサーの効果か肌の上をヌルヌル刃が滑る。なめらかでやさしい剃り心地にはちょっとびっくりしました。「ジレット史上最高にやさしい」は伊達じゃないですね。

7月より販売中!

ジレットプロシールド 体験

「ジレット プロシールド」、この7月より販売中で、替刃2個付き本体の想定価格は1,600円くらいみたいです。カミソリ負けに困ってる、という方は試してみてはいかがでしょうか。

また

モニターキャンペーン実施中!

現在、合計1,000名の方に「ジレット プロシールド」or「ジレット プロシールド クール」が当たるモニターキャンペーンが実施中です。興味がある方は、応募してみるといいかもしれませんね。(応募期間:2016年7月31日まで)

ジレットプロシールド モニターキャンペーン