iPhone4回充電できるモバイルバッテリー、卵3個の軽さってホント?計ってみた

ANKER PowerCore 10000

スポンサーリンク

Amazonプライム会員向けの大セール「Amazon PrimeDay 2016」で、モバイルバッテリーを新しく買いました。

Anker PowerCore 10000

購入したのはモバイルバッテリーに定評のあるANKER社の「Anker PowerCore 10000」という製品。
10,000mAhの大容量だけど、サイズがちっちゃいのでこれにしました。ちなみに10,000mAhという容量は、「iPhone 6s」だと4回分フル充電できる計算になります。

Anker PowerCore 10000

箱の中には、本体以外に、ポーチと充電用のmicroUSBケーブルが1本入っていました。充電ケーブルがついてくるのはありがたいですね。

大容量でコンパクト

Anker PowerCore 10000

左から、microSD,SDHC,Anker PowerCore 10000。

今年の頭に発売開始されたそうですが、2016年1月末時点で「10,000mAh以上のモバイルバッテリーでは、世界最小&最軽量」とうたわれています。サイズは、約92×60×22mmと、たしかにコンパクト。

これまでは、「cheero Energy Plus 12000mAh」という他社の製品を使っていました。

Anker PowerCore 10000

サイズを比較してみると、Anker PowerCore 10000は、「cheero Energy Plus 12000mAh」の6割くらいの大きさに見えます。

Anker PowerCore 10000 レビュー

厚さについては、「cheero Energy Plus 12000mAh」のほうが薄いですね。

縦横のサイズがギュッと圧縮できて、鞄の中の場所をとらなくなったので、買ってよかったな、と思っています。

Anker PowerCore 10000 レビュー

男性が手に持つとこんなサイズ感です。

急速充電可能なUSBポートが1箇所

Anker PowerCore 10000 レビュー

Anker独自のフルスピード充電技術で、最大2.4Aで急速充電が可能なんだそうですよ。

Anker PowerCore 10000 レビュー

充電用のUSBポートは1個だけしかありませんが、こちらのケーブルを持ち歩いているので、普段から1個のUSBポートで足りています。

「卵3個分の軽さ」という売り文句は本当?

Anker PowerCore 10000 レビュー

ホントかどうか、気になったので、実際に自分でも計ってみることにしました。

Anker PowerCore 10000 レビュー

まずは、「Anker PowerCore 10000」。重さは180gでした。

そして卵。

冷蔵庫にあった卵3つを計ってみたら・・・

Anker PowerCore 10000 レビュー

なんとピッタリ180g。偶然にしてもすごい、本当に卵3つ分の重さでした。

この本体の中の電池も日本製(パナソニック製)なのがうれしいし、購入から18ヶ月保証(1年半)もついているのもありがたいですね。

コンパクトでなおかつ大容量のモバイルバッテリーをお探しの方には、「Anker PowerCore 10000」、購入の候補としてオススメですよ。

※希望小売価格(税込):5,499円ですが、記事執筆時点(2016.07.14 23:00)でAmazonでは2,299円(税込)で販売中、モバイルバッテリーの売上1位となっています。

充電ポートが2ポート必要な人は、こちらがいいかも。

スポンサーリンク

twitterもやっています

更新情報などをつぶやいています。フォローしていただくと、フォロー返しに行きます。