古いアルバムをiPhoneでカンタンにデジタル化。「Omoidori」が超便利そう! #Omoidori

  • ブックマーク
  • Feedly

みなさんの実家には、古いアルバムが眠っていませんか?

アルバムの写真は、保存状態によってはだんだんと劣化してしまうし、容易に複製できるものではありません。

いっそ、パソコンに取り込んでデジタルデータ化してしまおう、と思ってもなかなかハードルが高くて、実行できてない方も多いんじゃないでしょうか。

今回、「ScanSnap」等のスキャナーを販売する株式会社PFUさんから招待いただきまして、「Omoidori(おもいどり)」という新製品のブロガーイベントに参加してきました。

いやー、これ、めちゃくちゃ気に入ってしまいした。動画を観られる環境の人は、このあとのぼくの記事は読まくていいので、このプロモーション動画をご覧ください。ぼくはちょっと泣きそうなくらいに心揺さぶられました。

スポンサーリンク

iPhoneで古いアルバムを取り込もう!

Omoidori

「Omoidori(おもいどり)」は、iPhoneをアナログ写真のアルバムのスキャナーにしてしまう装置です。

Omoidori

こんな感じで、iPhoneをハメてつかいます。専用のiPhoneアプリをインストールして、デジタル化したい写真の上に「Omoidori」をのせます。
でアプリのシャッターをボタンを押すだけ。

Omoidori

するとあらまあ、写真がきれいにデジタルデータに早変わり。iPhoneのカメラロールに保存されます。

位置合わせがちょっとずれたとしても、さすがスキャナメーカーのPFUさんの技術力、補正処理されたキレイなデジタル写真が仕上がります。

赤目補正

よくある赤目写真でも、自動で補正してくれる優れもの。

サイズは、基本的にL版サイズの写真が対象ですが、載せる位置をずらして2回に分けて撮影することで2L版までの写真に対応可能。

Omoidori

今回のイベント会場で、アルバムを持ち込んでいろいろと試しているわんぱくな方がいましたが、横から見ていると、いろんなサイズの写真や、写真ではなく、何か遊びに行った時の記念のチケットなんかも見事にデジタルデータになってました。こりゃ便利そうだ!

カンタン、そして、テカらない。

そもそもアルバムをデジタルデータ化しよう、と試みたことのない方じゃもしかしたら、「Omoidori」じゃなくても、スキャナで取り込んだり、デジカメで真上から撮ったりすればいいんじゃないの、と思うかもしれません。

でも、それってかなりたいへんですよ。

アルバムの場合は、保護しているフイルムをめくって、写真を取り出さないと一枚ずつスキャンできないし、高価なカメラで真上から撮影するのも、反射で写真がテカってしまうことが多いんですよ。

そこを「Omoidori」は独自の技術でクリアしたそうです。iPhoneアプリで撮影ボタンを押すと、実は1枚の写真を2回撮影します。

Omoidori Wスキャン

「Omoidori」の内部には、左右2対のLEDライトがついていて、最初に写真の片側半分だけ照らして撮影、次に写真の反対の面を照らして撮影。この2枚のデータをアプリで合成処理して、1枚のテカリのない見事な写真ができあがるというわけです。

また、とってもカンタンに使えるというのもポイント。専用アプリをインストールしたiPhoneを「Omoidori」 にハメこんで、左右に開くとセット完了。あとはアルバムの写真の上に載せて撮影ボタンを押すだけ。カンタンですよね。

よくiPhoneと連携する商品だと、Wi-Fi接続したりBluetoothの設定をしたりと若干のハードルがありますが「Omoidori」はそういうのも一切不要。アプリインストール、ハメる、アプリで撮る、これだけ。

じゃあ、どうやって中のLEDと連携しているんだ、と気になったのでPFUの方に聞いてみたところ、アプリで撮影するとiPhoneのカメラが強制的にフラッシュを発光、それに反応して内部のLEDが点灯するようになっているそうですよ。なるほどねー!

ちなみに、古い写真なんかで、くるりんと丸まっちゃうようなものには、別売りのフォトプレッサーなるオプションを使えばいいみたいです。

アルバムも製本できちゃう

また、アプリ上では撮影したデータから、カンタンにアルバムを作成することができるようです。そして、そのまま注文すると、製本されたアルバムが手元に届いちゃうというわけです。

Omoidori

007

撮影データはiPhoneのカメラロールに残るので、「Omoidori」のアプリを使わずに他のアルバム作成サービスを使うこともできそうですが、1つのアプリで撮影から製本までできちゃうのはわかりやすくて良いですね。

ここが残念、「Omoidori」!

Omoidori

「Omoidori」、iPhoneをセットするところは、iPhone6、iPhone6s がぴったりハマるサイズになっています。iPhone5、5sやiPhoneSEなどは、付属のゲタをアダプタを使って利用することができます。

ただし、iPhone6 Plus、iPhone6s Plusについては、物理的にハマらないので、会場から不満の声が多く上がってました。また、Androidにも対応していないので、この辺りは今後の製品開発に期待したいですね。カメラ自体を内蔵した製品とかだと、多くのスマホで使えていいですよね。

「Omoidori」

発売は、2016年6月下旬を予定。価格はオープン価格だそうですが、PFUさんが運営する、「PFUダイレクト」では、税込12,800円で予約を受け付けているそうです。

12800円くらいで販売されてるみたい。

ほんとに1,000個しか作ってないというキャリングケース。バード電子製、だとか。
ほんとに1,000個しか作ってないというキャリングケース。バード電子製、だとか。

先着1,000個限定で、「Omoidori」ロゴ入りのオリジナルキャリングケースが付いてくるそうなので、気になった方はお早めに!

ぼくは、正直、イベントの案内をいただいたときはピンときていなかったんですが、今日の「Omoidori」の発表、特に動画に激しく心を揺さぶられました。ぼく自身や父母兄弟、そして亡くなった祖父の写真が実家にたくさんアルバムとして残っているんですよね。

アルバムって同じものは基本1個しかないじゃないですか。これをおそらくウチの母でも操作がカンタンにデジタルデータ化できたり製本できたりってとてもいいな、と思ったんですよ。

「もうね、これは、さっそく予約だ!!!」と思ってたら、なんとイベント参加者全員に、「Omoidori」が提供されるというサプライズが。

Omoidori
「Omoidori」とフォトプレッサー。パパブブレのキャンディもかわいい!

なので、後日、実際に使ってみたレポートなどを書いてみたいと思います。

もう、ほんと次に実家に帰るときは、「Omoidori」を持っていくこと間違いなしです!

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

ねんざB

ねんざB

「ねんざブログ」で家電のレビューやグルメ、旅行、ライフスタイルについて、自分が体験した情報を発信しています。きになる記事があれば、フォローやコメントなど、お気軽にどうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

関連コンテンツ