充電不要・防水だから三日坊主でも続いてます。睡眠・活動量モニターの「Misfit」 #misfitjp

Misfit Shine、Misfit Shine 2

スポンサーリンク

自動で消費カロリーや歩数などの活動量や、睡眠を計測してくれるアイテムがあると、便利だと思いませんか?

ぼくは活動量にはそれほど興味はないのですが、睡眠の方はわりと気になっていて、前々から、睡眠記録をとっておきたいなあ、と思っていました。

そんな時、昨年の11月に参加したイベントで「MISFIT SHINE(ミスフィット シャイン)」という活動量計をモニターで提供していただき、それからずっと身に付けて生活してきました。

さらに、今年の1月末に「MISFIT SHINE 2」という新製品が発売になり、こちらもご提供いただいたので「MISFIT SHINE」から乗り換えて使い続けています。

約3ヶ月以上にわたり、「MISFIT」を使っていることになるんですが、これメッチャいいですよ。

そもそも「MISFIT」って?

Misfit Shine 2

こんな感じで腕時計のように装着可能

「MISFIT」は、腕時計のようにつけたり、足に巻いたり、ネックレスのように首から下げたりしておくだけで、活動量・睡眠時間などを測ってくれて、スマホで記録、データを確認できるコイン型の装置です。

計測したデータをスマホで確認

「MISFIT」が計測した情報は、あらかじめ連携したスマートフォンに送信され、データをアプリで確認することができます。

活動量

このような感じで日々の運動・活動量が記録されていきます。

友達同士で競い合うことも

misfit

misfitをつかっている知り合い同士で登録しておけば、毎日お互いの活動量のスコアを競い合って励みにすることもできます。まあ、最初に登録しただけでぼくはそんなに気にしていないんですけどね。「ああ、あの人ちゃんと今日もMISFITつけてるな」、とわかるのは面白いですよ。

日々の睡眠記録がとれる

misfit で分かる睡眠時間

また、「MISFIT」をつけて寝るだけで、睡眠の記録も自動でつけられます。何時に寝て、何時に起きた、というのは、ぼくが3ヶ月使ってみた感じでは、かなり正確です。どうやって記録しているのか、しくみはよくわかりませんが「浅い睡眠」が何時間で、「深い睡眠」が何時間、みたいなのが記録されているのもおもしろいです。

misfit で計測する睡眠時間
グラフ中、睡眠時間が0になっている日は、計測できなかったんじゃなくて徹夜の日という悲しい状況

データを眺めていると、睡眠時間が短い日だと「深い睡眠」が長くて、8時間以上とか長く眠った日だと浅い睡眠の割合が高くなるとか、自分の睡眠に気づきが出てきます。

これまでは続かなかったのに「MISFIT」だと続いている!

ぼくはこれまで、Apple Watch‎やSONYのSmartWatch 3、HuaweiのTalkBand B2などのスマートウォッチを使ってみて、活動量・睡眠の記録をつけていたことがあったのですが、どれも続きませんでした。

どのスマートウォッチも、使っていると1日〜3日くらいで電池が切れてしまい、その度に腕からはずして充電する必要があったからです。

「充電が必要だから続かない」、というのは変な話かもしれません。しかし、充電のためにいちど腕からはずしてしまい、ふたたび腕に装着するのを忘れて出かけてしまったりすると、やる気が下がり、そのうち装着しなくなってしまった、という事態に陥ったのです。

その点で「MISFIT」は大丈夫です。ボタン電池で動作して、充電は不要、というかできません。ただし、「MISFIT SHINE」は4ヶ月、「MISFIT SHINE 2」は6ヶ月もバッテリーが持つのです。

これはすごくないですか?充電の煩わしさから、開放されるんですよ。

バッテリー残量はアプリから確認できるので、バッテリーが切れる前のタイミングで交換すればよいでしょう。

この充電不要、というの点がとにかく大きくて、仕事をするときも寝る時も、お風呂にはいる時も、この3ヶ月、ずっと「MISFIT」つけてます。防水っていうのもけっこうデカイですね。シャワーでも湯船につかる時でもつけっぱなしでいい。

だから、続いてるんです。

正直なところ、自分の関心事にも波があって、睡眠ログのことを忘れている期間もあります。でも「MISFIT」はつけてる。というか、はずすのすら面倒くさくて、つけたままだったりするんですけどね。

しばらく睡眠記録のこと忘れてても、また思い出したかのようにアプリでデータを見たりします。で、これまでのスマートウォッチのたぐいだと付け忘れで記録されてなかったりしたんですけど、「MISFIT」にしてからはずっと記録が残っているんです。これがいい。

スマートウォッチ、だって便利だけど

前述の、「Apple Watch」等のいわゆる「スマートウォッチ」はもちろん便利なんですよ。液晶画面があったり、スマホと連動してあれこれできたりするのは便利だとは思います。でも実際に使ってみて、ぼくには要らないかもな、と思いました。というか、高機能で便利なのは間違いないんだけど、

「充電めんどくさい」 > 「いろんな便利機能」

といった具合で充電のめんどくささが、便利さを超えちゃっているのですよね。ぼくにとっては。

ということで

ぼくのように充電をとても面倒くさがる性格なんだけど、それでも活動量・睡眠記録に興味があるひとには「MISFIT」シリーズ、オススメしておきます。

ぼくはモニターで提供していただいた「MISFIT SHINE」、「MISFIT SHINE 2」を使っていますが、機能十分なのにリーズナブルな「MISFIT FLASH」から入るといいかもしれませんね。4,000円くらいから手に入ります。

スポンサーリンク

twitterもやっています

更新情報などをつぶやいています。フォローしていただくと、フォロー返しに行きます。

Misfit Shine、Misfit Shine 2