充電不要。6ヶ月ずっと身に付けたままでいられる活動量・睡眠モニター「MISFIT SHINE2」がスゴそうだ #プレカン

先日、アジャイルメディア・ネットワーク株式会社が主宰する「オープンプレスカンファレンス vol.7」、というイベントに参加してきました。

MISFIT 新商品発表会

テーマは「MISFIT 新製品発表会」。

身体に装着して利用するウェアラブルデバイス「MISFIT」の新製品が発売になるそうで、その発表会形式のイベントです。

スポンサードリンク

「MISFIT」って?

MISFIT 新商品発表会

「Misfit」 Wearables(ミスフィット・ウェアラブル)は、サンフランシスコに本社を置く、ハードウェアメーカーです。研究開発はベトナム、ソフトウェアは中国、商品製造は韓国でおこなっているとか。

本イベントでは、日本での営業・販売を統括する田中大祐さんが登壇してお話くださいました。

で、「MISFIT」ってなに?という話ですが、腕などに身につけて、活動量や睡眠の記録をとってくれる装置です。一日のうちに、どれだけ歩いたか(活動したか)、何時間眠ったか、睡眠の質がどうだったか、みたいなデータを、腕につけているだけで記録してくれます。

すでに日本でも「MISFIT SHINE」や「MISFIT FLASH」といった製品が販売されています。

「MISFIT SHINE」

MISFIT 新商品発表会

「MISFIT SHINE」はMISFIT社ができてから、最初に発売された製品。

MISFIT 新商品発表会

活動量、睡眠ログがとれます。そして、50m防水です。

そして、ここがとっても大きな特徴ですが、ボタン電池で駆動し、バッテリーが約4ヶ月持つのです。

ウェアラブルデバイスって、身体からとりはずして充電をするのが地味に面倒だったりします。一度はずしたら、そのあと二度とつけなくなってしまったり、という話もよく聞くので24時間×120日つけっぱなしでよい、というのは素晴らしいです。

「MISFIT」創業者のひとりであるソニー・ウー氏は、このMISFITを創りだすにあたり、既存のウェアラブルデバイスの製品について自分の読める限りのありとあらゆる言語で書かれた製品レビューを読み尽くして研究したそうです。

そこから利用者は

・製品がダサい、カッコ悪い
・充電が面倒くさい
・防水じゃない

といった不満点をもっていることに注目し、それを解消するために生み出した製品が「MISFIT」なんだとか。

MISFIT 新商品発表会

「SHINE」はカラーバリエーションも9種類と豊富で、オシャレに身に付けられそうです。

MISFIT 新商品発表会

腕時計のように腕につけるだけでなく、アクセサリーパーツでクリップのように服につけたり、ネックレスのように首から下げたりもできます。

MISFIT 新商品発表会

「MISFIT SHINE」の盤面には、時計のように12等分されたライトがついています。盤面を2回ちょんちょんとタップすると、ライトが光り、ざっくりとした時刻が分
かるようにもなっています。正確な時刻はスマホだったりその他の家電だったりとどこにでも時計がある現代なので、これで十分な気はしますね。

MISFIT 新商品発表会

実際の活動量や睡眠記録はどうやってチェックするかというと、スマホアプリです。iPhone、Android、Windows対応。最初にBluetoothで「MISFIT」とスマホを連携して使います。

MISFIT FLASH

MISFIT 新商品発表会

「MISFIT SHINE」の後、今年の7月末に発売された「MISFIT FLASH」。

MISFIT FLASH

「SHINE」よりも軽い素材とカラーで、スポーティな印象。4ヶ月のバッテリーはSHINEと同じ、防水性能は30mと若干劣りますが、4980円(税別)とリーズナブル。

「FLASH」が「SHINE」と大きく異なるのは、Bluetooth機器のボタンとして機能する点。

MISFIT 新商品発表会

スマホのカメラシャッター代わりになったり。

MISFIT 新商品発表会

音楽の再生したり。プレゼンでスライドを送るのに使ったり、IFTTTというサービスと連携して、「MISFIT FLASH」をボタン代わりにメッセージ送信したりとか色々とできるそうです。

そして今回新発表の「MISFIT SHINE2」。

MISFIT 新商品発表会

今回のイベントの主役は新製品の「SHINE2」。「SHINE」の後継です。

MISFIT 新商品発表会

バッテリーはなんと、6ヶ月持ちます。すごい!

そもそも開発のコンセプトから「6ヶ月電池がもたない製品はつくらない、出せない」ということだとか。

MISFIT 新商品発表会

「SHINE」と同じく50n防水対応。

MISFIT 新商品発表会

発光のカラーが1600万色とパワーアップ。

MISFIT 新商品発表会

MISFIT 新商品発表会

タッチセンサーの感度や、Bluetoothの性能がアップ。アンテナの構造を大きく変え、Bluetoothの同期については速度が4倍、通信距離も4倍と大きくパワーアップしたそうです。

MISFIT 新商品発表会

そして、大きな変更。これまでの「MISFIT」になかったバイブレーション機能が搭載されました。いわゆるスマホと使うスマートウォッチみたいなものには通知にバイブを使うのであって当然のように思えますが、バッテリーの持ちを優先させるため、MISFITにはなかったのですね。

しかし今回の「SHINE 2」ではバイブレーションも搭載しつつ半年のバッテリー持ちも実現させた点はスゴイですね。これによって、バイブをつかったアラーム機能なんかも使えます。

この「SHINE 2」、2016年の1月末発売が予定されているそうです。

「MISFIT SHINE」をモニターします

MISFIT 新商品発表会

本当にありがたいことに、今回のイベントの参加者には、「MISFIT SHINE」がモニターとして配られました。さらに、「MISFIT SHINE 2」が発売になる前にはそちらの製品もモニターで提供していただけるそうです。

しばらく「MISFIT SHINE」を使ってみつつ、「SHINE 2」が届いたら、比較などのレビューもしてみたいと思います。